プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


韮崎アメダス、最低気温は21.2℃と、相変わらず毛布に包まっていた朝、久しぶりの晴れ間が朝か覗いていました。
15:00過ぎには30.6℃の最高気温、湿度が低いためか、それ程暑く感じません(私だけ??)。
一番下の孫が風邪を引いて、熱を出し保育園に登園できないので、拙宅で保育中。
エアコンを入れ、暑さを凌ぐのは、もちろん孫のため。
明日は週一のリアルなオシゴトの出勤日。
アルバイト先は、11日から15日が盆休みで、昨日から通常営業。
そのため私も昨日から親会社からレンタルされているラップトップを使い、メールチェックに余念がありません。
今の処、急ぎの仕事もなさそうで、明日ラボのデスクの上がお楽しみ(泣)。
お昼寝から覚めて
こちら下の孫、お昼寝からの寝起きと、赤外線距離測定の光で、ご機嫌斜め。
見た目元気なのですが、咳と熱があり、食欲も余りありません。
小児科を受診し、風邪との診断。
まあ、良く遊ぶのでだいじょうぶでしょう。
明日も熱が下がらねば、登園できませんから拙宅で保育でしょうねぇ。
私は上記リアルなオシゴトで、留守にしますが、嫁が居れば大丈夫。
却って足手まといが一人いない方が良い?と、思っていることでしょう。
スポンサーサイト
今朝は、寒くて目が覚めました。
さすがの嫁も窓を閉めて昨夜は就寝。
何とかウォームと云う冬用毛布でも寒い・・・こりゃ羽毛布団の出番なんてね。
送り盆の朝、小雨が降る肌寒くて、とても「残暑厳しき折」なんて常套句が嘘のよう。
おかげで、アイス珈琲なんて飲み物の存在をわすれそうです。
今朝の韮崎アメダス最低気温は、21.1℃。
以降余り気温は上がらず、一瞬だけ23℃代になりましたが、殆ど22℃代と肌寒い。
昨年も暑い夏は短く、秋の訪れが早かったような気がしますが、今年は、更に早すぎる?。
この後、再び残暑が盛り返すと云われていますが、大丈夫でしょうか。
昨日焙煎した、タンザニア・エーデルワイス・AAですが、シティローストで程よい苦味と僅かな甘みの余韻が残る芳醇なコクが楽しめます。
エージングが更に進むと、なお一層美味しくなるのですが、その頃は底を付くのが通例。
我喫茶きまぐれの珈琲豆焙煎は、ジェネカフェと云う昨日も掲載したこちらの画像のように、ご商売なさっている自家焙煎のお店用じゃない、あくまでも家庭用の装置。
IMG_5593.jpg
一度に焙煎できる豆の量は、最大250gだそうですが、私は適量の200gずつ行っています。
まあ、200gあれば、十数杯の珈琲を淹れる事ができるので数日は持ちます。
ところで、昨日焙煎した、タンザニア・エーデルワイス・AAについて、どのような豆かと申しますと、アフリカ大陸の赤道南側の国タンザニア連合共和国にあるキリマンジャロ山山麓の北部都市、アルーシャの西170kmに位置するオルディアニ地区内、標高1,700mの高地にある、エーデルワイス農園で収穫された最高ランクの珈琲豆だそうです。
タンザニア産の珈琲と云うと通常キリマンジャロと云うブランドが脳裏を横切りますよね。
本来キリマンジャロ付近で栽培された珈琲豆の筈ですが、広義だと、タンザニア産すべての水洗式アラビカ種コーヒー豆全てがキリマンジャロの名称を利用することができるため、
他と差別化を図るため、あえて栽培されている農園の名前を付けて販売しているとか。
こちらの農園、土壌は赤土で非常に肥沃な上に、年間降水量はおよそ900ミリと豊富でコーヒーの栽培には最も適した条件だそうです。
今朝は小雨、気温は低いが、湿度が高いためか、蒸し暑く感じます。
秋雨前線が伸びて来たそうで、残暑も終わりかと思わせる天候。
17081518.png
今日18:00の天気図を気象庁からお借りしました。
韮崎アメダス、最高気温は何とか25.2℃の夏日ぎりぎり。
もちろんこの後、再度小笠原高気圧が盛り返し、残暑が再登場??。
午前中、今週後半用のお薦め珈琲、タンザニア・エーデルワイスを焙煎しました。
ジェネカフェを240℃に設定し、豆の色、排気の具合、豆の爆ぜる音を目安にシティローストに挑戦。
この画像は、一爆ぜが始まる前、少し豆の色が茶色を帯び始めた頃です。
IMG_5594.jpg
一爆ぜが終わり、暫く後、二爆ぜが始まる寸前で冷却を始めてみました。
タイマーはあくまで目安に過ぎませんが、加熱時間16分程度だと思います。
焙煎後の詳細は、明日朝1杯飲んでみなければ分かりません。
そう、今日は偶数月の15日。
待ちに待った厚生年金が振り込まれる当日、銀行に行かねばなりません。
基礎年金部分は65歳にならないと支給されませんが、それでも大切な生活の糧。
嫁も短い期間仕事をしていたので、厚生年金が支給されます。
銀行にとって、私達年金受給者はとてもオイシイお客サマらしいのです。
今日は、銀行にとっても「年金の日」だそうで、このような小鉢を窓口で戴けます。
IMG_5595.jpg
大量に用意しているのでしょうが、支給日ごとのデザインが替わります。
某京都の老舗陶器店の物ですが、一応国産品だそうです。
尚、前回6月にはアサガオがデザインされた、同じ形の小鉢でした。
湿度が高いせいか、少しムシムシするお盆の二日目8月14日。
ご近所の新盆のお宅にお線香を手向けに出掛け、午前の部はオシマイ。
我嫁は、長男一家と一緒に横浜のトミカ博に出掛けております。
トミカ博に一番熱心なのは、孫達のママで、完全なオタクだそうです。
当地気温は29℃に届きませんが、やはり湿度が・・・・・。
17081412.png
これと云うのも上記、気象庁よりお借りした天気図にもはっきり表れている、千島からカムチャッカ半島に居座る、オホーツク低気圧です。
ここからやって来る冷たい気流が、北海道、東北地方関東太平洋岸に流れ込み冷夏を齎すのでそうです。
それに夏の主役である小笠原高気圧が弱いようで、とうとう秋雨前線が伸びてきました。
また再び暑くなるとの予報がありますが、温度変化が続く今夏、体調管理が大変ですね。
喫茶きまぐれ、今秋のおすすめ珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモをフルシティローストに仕上げました。
ジェネカフェを240℃に設定し、一爆ぜの後を二爆ぜが始まり、煙が多くなる前に冷却するようにしました。
焙煎2日目辺りまで、ちょっと微妙な味でしたが、今朝になるとエージングが進んだためか、とても美味しくいただいております。
ここまでに半分以上飲んでしまい、一番美味しいのは、あと半分だけ。
焙煎豆の在庫を見ながら早めの焙煎を心掛けていますが、あくまで私の気分次第(笑)。
又やっちまった
さて、上の画像、私の汚い右足ですが、不覚にもコロンビア・サンアウグスティン・スプレモのキャニスターを落としてしまった打撲の痣。
空のキャニスター、精々200g程なので、普通なら大した事もありませんが・・・・・。
これもワーファリンが良く効いている証拠と諦めましょう。
脳梗塞に陥るより、足先に青痣をつくるほうが賢明ですから(泣)。

盆帰り

8月13日、今日から当地も旧盆に入ります。
何の前触れも無しに長男一族がやって来て、久しぶりに賑やかな孫達の声。
午前中曇りがちで、小雨が時折パラパラまってきたりして、洗濯物が心配。
韮崎アメダスも30℃を下回り、風も出て湿度も低く過ごしやすい午後。
私にはエアコンの風は冷たく、暖かな自室に避難しました。
孫達、特に一番下の髪の毛は汗びっしょ(標準語だと汗びっしょり)。
そりゃ居間の中を走り回ってるもんね。
孫3人を迎えると、タイヘンな騒ぎですが、皆可愛い男の子。
今月末辺り、もう一人初の外孫を授かる予定ですが、やっぱり男の子らしい。
来年は更に楽しくなると思うと、私と嫁二人の爺婆は、唯嬉しいだけ。
上の孫

中と下の孫
お昼ご飯、いっぱい食べたね。
きっと、ご先祖様も楽しそう。
小椋佳 道草
こちら小椋佳さんの「盆がえり」がB面1曲目に収録された、1976年のレコード「道草」です。

小椋佳さんより曲の提供を受けた中村雅俊さんの歌がYoutubeにありましたので貼っておきます。

Powered by FC2 Blog