プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


明日22日は、衆議院議員総選挙と、最高裁判所裁判官国民審査。
台風が近づき、全国的に雨脚が強まりそうです。
台風情報
上の台風情報のサムネイル画像をクリックして、大きな画像でご覧ください。
画像は、気象庁からおかりしました。
期日前投票も連日の雨で、出足を心配しておりましたが、前回より投票数が伸びたそうです。
明日は、選挙の投開票日。
投票率が、どの位になるのか心配です。
私達の民意を立法府と行政府、そして司法に反映させるための唯一のチャンスです。
できるだけ雨でも投票に行きましょう。
でもね、台風接近の大雨の中、危険を冒してまで無理をなさり、投票所に向かうのは禁物。
今回ダメでも参議院議員選挙も2年後、衆議院議員総選挙なんぞ、この調子じゃあ参議員議員選挙と同日選挙、或は更に早くなるかもしれません。
ア〇さん、なんか見透かしたように日程を選んだように思えるんですが・・・・・。
確かに北の将軍さま、今の処小康状態ですから、チャンスだったのだと思います。
先ず台風関連で被害が少ない事を祈るばかりです。
投票所が避難所になってる地域も多いそうです。
先ず、生命の維持が最優先されるべきですね。
やはり、この天候では、某巨大カルト宗教団体系や土建屋さん、大手企業労組系など、組織力を持つ集票マシンが活躍する事でしょう。
もちろん私は、投票所に出向き、投票しますとも。
スポンサーサイト

親会社のお話

今日はいつものように週一のリアルなオシゴトの出勤日。
相変わらず作業標準やら手順書の管理で、手一杯。
この、私のアルバイト先である田舎の小さな会社。
一応親会社は、日本人のオトナなら知らない方は居られないと思われるほどの超メジャーな企業で、江戸時代からの長い歴史を誇るそうな。
先日、総務課の偉いさんからメールが入り、各自の端末パソコンの操作方法や、エラーなどについて、「総務のシステム担当者に一々尋ねるな!」と言う内容。
そして、パソコンについて何でも困ったことがあったら、「親会社のシステム担当ヘルプデスクにお伺いをたてろ」と云うことらしい。
このパソコンを含め、すべての端末は親会社からの貸与品。
コンピューターナンバーを告げ、遠隔操作の了承をクリックすると、ポータルサイトから、遠隔操作ができる設定になっています。
ホントは、私が自分でヤル方が効率的なのですが、お達しどおりヘルプデスクに電話して、アチラからリモートで確認して頂きましたよ。
依頼したのは、セキュリティ関係の処理ですが、私がプライベートで使うPCと異なり、何ぞやブラックボックス的なシステム構成になっているらしく、MSからのアップデートプログラムも全て行うわけじゃないらしい。
遠隔操作ほか、そんなブラックボックス的システムが結構重いらしく、このPCが遅いのもこのあたりに原因がありそうです。
今夜は、その親会社が束ねるグループが、近代的会社組織としての創業???年記念パーティと云うことで、全国各地31ヶ所?で開催されるとのこと。
挙句の果ては、東京会場のようすを各地会場にリアル配信。
私なんぞ、すでに退職しているにも拘らず、アルバイトOB社員としてご招待に預かるしだい。
会場は、某リゾートホテル。
フルーツからデザート、中華洋など美味しいモノがいっぱいありましてお腹イッパイ。
唯し、アルコール類を含む飲料を摂取すると、わが命にかかわるわけで・・・・。
ちょっと寂しいですね。
そして一つ気になったのは、食べ残りの量が半端じゃなかった事。
何時も投稿しておりますが、食品廃棄の増加は、一番考えなくてはならない環境破壊。
先だって取り上げた、バーチャルウォーターの輸入にも係り合いがある事なんですが、難しいですね。
「四万十のえっちゃん・みっちゃん」さま、例のアイスの話題で、ベートーベンのピアノソナタフリードリッヒ・グルダの演奏で、31番をお聴きになったそうです。
ベートーベンピアノソナタ
拙宅にも遥か昔、清水モノで買い込んだグルダの全集がありまして、久しぶりに31番へ針を落としました。
CMにも使われた第2楽章ですが、グルダのピアノは1楽章から殆ど切れ目なく、冒頭より速いタッチでの力強い演奏。
来るべき第3楽章前半の嘆きを強調するかのような演奏に聴こえます。
やはりグルダさん、第3楽章のフーガをメインに据えておられるようで、2楽章冒頭は、アイスの方が遥かにインパクトを感じました。
レコードはグルダだけですが、CDには、イヴ・ナット、グレン・グールド、アンネオランドの演奏があります。
って、わけで手持ちの演奏を全て聴いちまおうと云う企画を企ててみました。
一番新しい録音は、アンネ・オランドの全集ですが、31番だけじゃなく、他のソナタにしても何となく、固い音なんですね。
2楽章、緩急をつけたグルダに比べ、明らかに遅めな演奏。
最近一番多い回数を聴いていると思われるグレン・グールドの演奏。
そのせいか、なんとなく普通に聴こえてしまう。
おそらく彼の演奏ですから、それなりの事があるのでしょうが・・・・。
最後に残ったのは、イヴ・ナットのCD。
拙宅にある31番の内、最も古い録音の筈。
恥かしながら、今日初めて聴くCDになっちゃいました。
全集なので1951年から55年頃の録音でモノ―ラルですが、音質的には、全く問題ないレベル。
グルダ同様、1楽章と2楽章が休みなく演奏されます。
特に2楽章冒頭、強烈な何かに立ち向かうような気迫を感じざるを得ない演奏。
グルダの演奏と比べ、とても対照的。
31番を纏めてこれだけ聴いたのは、初めての経験。
演奏家によって、ここまで変るのかと思いました。

折角31番を取り上げて演奏が無いのは寂しいので、Youtubeから、エレーヌ・グリモーさんのピアノ演奏を張っておきます。
次はアパッショナータ辺りが楽しそうですが、きっと疲れちまう。
オマケに私の手元にどの位の枚数のレコードとCDがあるか判らないのが怖い・・・・。
久しぶりに最低気温が一桁まで低下した、韮崎アメダス。
午前中少し晴れ間は見えましたが、やはり午後から雲に覆われ、20℃目前の最高気温。
また雨が降り続くそうです。
喫茶きまぐれ、今週後半のスペシャリティ珈琲は、マンデリンG1を200gシティローストで焙煎しました。
話は替わり、心配なのは、22日日曜日の天候。
衆議院議員総選挙、最高裁判所裁判官国民審査ですもの。
左寄りのお友達からは「今回の国民審査に掛けられる7人の裁判官には、は全員×を付けましょう。」なんてFBで連絡がありましたよ。
たぶん左側の人達が気に入らない判決を下したんでしょうね。
私達日本国民は、三権全てに対し、それを監視する義務と責任を負っています。
だから、選挙、絶対棄権しちゃだめですよ。
さて、天気の話に戻りますと、どうも今度の週末にかけて、台風が接近するんじゃないかと云う予報が出ています。
台風21号予報進路 15時の天気図
こちらが台風21号の予想進路だそうです(どこかからかお借りしました)。
15:00天気図と一緒に貼っておきますから、サムネイル画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
今度の台風、直接的な影響も心配ですが、問題は停滞している秋雨前線を間違いなく刺激し、大雨をもたらす事。
長雨続きで地盤が緩んでいますし、まだ刈り取りが済まない田圃も残っています。
そして、この悪天候が日曜日の選挙の投票率に影響がでる事が予想されるのが一番の問題。
投票率が上がらないと、土建屋さん、大企業労組、某巨大宗教団体、違法公務員労組の皆さん達の組織票が、政治を動かすことになり、私達のような一般の有権者の意見が反映されない恐れがあります。
何とかみんなで投票所に赴き、国民の権利と義務を行使しましょう。
台風のせいで、投票率が上がらないなんて、チョット悲しいですね。

もう、開き直っちゃって、あの雨だれも入ってる、ショパンのプレリュード全曲、ユリアンナ・アヴデーエワさんのライブがYoutubeにありましたので、お急ぎじゃなかったら私と一緒に聴きませんか。
選挙にもゆかず、後で幾ら政権批判したところで、負け犬の遠吠え。
あんたが、投票しなかったのが悪いんでしょ!ってね。
グアテマラ・アンティグア・カペウ、焙煎後二日目にやっと味を見る事ができました。
ミルで引いてみると、ナッツフレーバーが立ち上がり、期待が持てる感触。
挽いた豆を濾紙に移し、ゆっくり蒸らした後、お湯を注ぐと・・・・・・。
如何にも「珈琲を淹れているんだよ」と云う雰囲気が辺りに漂います。
味は、爽やかな酸味と柔らかい苦味の奥に潜む僅かな甘みが楽しめます。
この豆も大当たりですが、今回はサンプル豆を戴いて焙煎したわけで、通年メインメニューに載せるには、無理がありそうです。
この豆、チョット品質的に落ちますが、グアテマラ・アンティグアとして、某大手焙煎チェーン「何とか問屋」で、10月のおすすめ限定豆として、100g税込330円で扱っているようです。
よろしければ、お試しあれ。
さて、昨日気になったベートーベン、ピアノソナタ31番第2楽章のアイス、ご近所の牛乳缶マークのお店で138円也(238円でした)で購入し、冷凍庫に仕舞い、先程食べてみました。
31番第2楽章のアイス
もう少し温めてからの柔らかな方が良かったようですが、固いままでもまあ美味しい。
しかし、コマーシャル費用に相当持ってかれてるようで、コスパはチョッと低そう。
まあ、何とか坂46とか云う可愛いお姉ちゃん達が美味しそうに食べてるコマーシャル。
それに乗せられて私も味見したわけですねぇ。
このコマーシャルは、こちら→ピアノソナタ31番第2楽章冒頭
ごちそうさまでした。
我喫茶きまぐれ、あくまでもウェブ上に私がでっち上げた仮想自家焙煎喫茶店に過ぎませんが、一応ホントに珈琲豆を焙煎して主人と常連客を演じております。
ググると、リアルな「喫茶きまぐれ」も存在しているようですが、そちらとは一切関りがありませんので、念のため。
自家焙煎なんて、それ程面倒じゃありません。
今を去る事四半世紀前、このギョウカイに足を突っ込んだのが運の尽き。
それまでは、焙煎豆を購入し、ドリップして飲んでいたのですが、某生協の陰謀に陥れられたがため、自家焙煎なんぞと云う分不相応な趣味を持つように至りました。
用意するのは、焙煎用の器具。
一番安価なのは、手網焙煎と云う方法。
手網
このような手網(銀杏や胡麻も煎れます)を使い生の珈琲豆を底に重ならないように入れ、コンロ等の上で強火の遠火で、焙煎します。
この間、手網を均一に振り、焙煎むらが無いようにします。
尚、最近流行りの電磁式コンロは、使えません。
直火のガスコンロ或は、炭火等の七輪で焙煎します。
焙煎を始めると、豆表面の皮が剥がれ、辺り一面にまき散らす事になります。
つまり、キッチン等の掃除が大変であることを、前もってご承知おきください。
暫く煎り続けるけ、豆の色が青みがかったグレーから、褐色に変わり始め、パチパチと云う爆ぜる音が聴こえます。
これが一爆ぜです。
なおも焙煎を続けると、爆ぜる音が一時止み、まめの色の褐色が濃くなってゆきます。
この辺りが、ミディアムローストでしょうか。
火から降ろし、急いで平たい皿に豆を移し、団扇で冷まします。
これでミディアムローストの完成。
その後、更に焙煎を続けると、小さく再度爆ぜる音がしますが、これが二爆ぜになります。
二爆ぜが始まる処で、火から降ろし、冷ますと、シティローストでしょうか。
更にこのまま焙煎を続け、二爆ぜが最高潮に達する辺りで火から降ろし、冷ますとフルシティーロースト。
更にすすむと、煙が多く立ち上り、豆の表面に油が大量に浮き始めます。
ここまで焙煎が進むとフレンチロースト、イタリアンローストになります。
これ以上煎り続けると真っ黒な炭と化し、飲用不可ですね。
費用的には、豆煎器(珈琲豆、銀杏、胡麻)が1,000円前後。
珈琲生豆は、ネット販売もありますし、自家焙煎の珈琲豆を販売しているお店と交渉する事もできます。
私は後者のプロの煎豆屋さんから、豆を購入しています。
豆によって価格は、ピンキリ。
先ず、安い豆を少しだけ買って練習あるのみ。
珈琲豆の焙煎は、手網を振り回すので、体力勝負です。
2,000円も予算があれば、充分遊べますよ。
私だって、ジェネカフェなんてエレキテルな装備を導入する前20年近く手網焙煎で、煎っていました。
先ず手網焙煎で、自家焙煎の楽しさを知ってから、機械を使って本格的に遊ぶのも良いと思います。

Powered by FC2 Blog