プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


結局今日も雨。
最高気温も23℃に届かず、長袖が活躍する寒い一日。
明日は、多少晴れ間もあるそうですが、どうなりますか。
フィリピン東方沖には台風17号メーギーさんが虎視眈々と台湾方面を狙っておりますが、10号のように反転攻撃を掛けてきた例もありますから、大陸に行っちまう迄安心できません。
さて、家人達、そして孫の母親達にしてもテレビが点いていないと、寂しくて安心できないと言います。
二男に至っては、スマホからYoutubeからお気に入りのお笑い番組を絶えず流している始末。
静かな環境を求める私にとっては、あまり愉快ではありません。
省エネルギーの観点からも無駄だと思うのですが、人それぞれなのかもしれません。
IMG_5081.jpg
家人達の白い眼をよそに、久しぶりににターンテーブルに載せたレコードは、エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮レニングラードフィルの演奏で、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー作曲交響曲第4番ヘ短調作品36。
このレコード、有名なグラムフォンの録音ではなく、ソビエト時代の新世界レーベルで録音されていたモノ―ラル盤。
ムラビンスキーが1973年の初来日記念に前年発売された1,000円の廉価盤。
2,000円以上したグラムフォン盤は買えませんでしたから私のコレクションは、このモノ―ラル盤なのです。
しかし、演奏は素晴らしいですよ。

Youtubeから、ムラビンスキー・レニングラードフィルによる同曲の演奏を貼っておきます。
もちろん後年のグラムフォン盤のステレオ録音です。
スポンサーサイト
きょう金曜日は、いつものようにリアルなお仕事から、何とか解放され、やっと今寛いでおります。
今朝のトップニュース、米国を本拠とする検索サイト大手(本邦の出店は、某ケータイ屋がらみ)がハッキングされて、個人情報が大量に流出したそうな。
氏名、電話場号その他いろいろらしいのですが、幸いキャッシュカード番号は大丈夫だったとか????。
巧妙に仕込まれた、さもオシゴト絡みのメールを装い、スパイウエアやマルウエア、ウイルスソフト等が私達のパソコンを狙っているのだそうです。
中には踏み石的に使われ、どこぞのサーバーにアタックを掛けるための中継点として使われることも多いとか。
先日投稿いたしましたように拙宅に於いても新規のセキュリティソフトを導入いたしました。
以前使っていたソフトも時折、不審なメールを見つけ、鬼の首を取ったような顔をしておりました。
今までも不審なメールは開かず、手動でそのまま消しておりましたが、新しく導入したソフトも値段の割に毎日頑張ってくれているようです。
先程も届いたメールに添付されたトロイの木馬を見つけたと仰っていました。
Windows10に付属している、オマケのセキュリティソフト『Windowsディフェンダー』でも大丈夫という話も聞くのですが、やはり心配なわけですよね。
株屋のネーチャン(証券レディと云わないとダメなんだそうです)とは、直接電話で話しますし、ネットバンキングなんて凄い事やっていませんが、何が起こるかわからない世の中。
しっかり用心するに越したことはありません。
娘の話では、婿殿のノートに付いてきたセキュリティソフトの更新をしなかったとかいう話、冗談じゃなく結構多いようです。
高級なセキュリティソフトを使うと、年額1台あたり1万円近く掛かりますから、皆さん更新を躊躇うこともあるそうです。
もちろん、このブログを読んでいらっしゃるお客様は、しっかりとしたセキュリティソフトを導入されている事と存じますが、いかがでしょう。

時代遅れ??

今日は昼間の気温が高くなると云った予報でしたが、韮崎アメダスは20℃に届きません。
小雨が降ったり止んだりの肌寒い天気。
来週は、秋晴れが戻ってくるのでしょうか。
私のケータイは、昔ながらのフツーの機種で、スマホじゃありません。
IBM配列のキーボードならブラインドタッチで何でもできるのですが、ケータイの10キー操作での文章入力なんて不可能に近いワケ。
もちろん携帯メールなんて、難しい事はできませんし、ウェブを閲覧するのも難しそう。
余り外出もしませんし、電話も殆ど掛かってきませんし、こちらから掛ける事も余りありません。
家人からケータイを無理やり持たされているので、いつもショルダーバックの中に入れっぱなし。
従って、電池切れもしばしば。
最近はやりのテレ東関係アニメが主人公を勉めるスマホゲームも我嫁は嵌っているようですが、私には関係ありません。
何とかホウダイと云うウエブサービスにも一応入っておりますが、今の処無縁の長物。
おかげさまで、翌月繰り越しも全て余り、ケータイ料金も難病患者を対象とするハーティー割引も適用されて、月額〆て、1,748円程。
そろそろ電池が切れる頃なので充電氏とかないと嫁に叱られますなぁ。
デスクトップマシンは、OSはWindows10の64bit、CPU:Corei.7、メインドライブはSSD、ストレージは内蔵1T.RAM:8G.BideoRAM:2G.のショップモデルで、今や古典となりつつあるMicrosoftフライトシュミレーターを楽しむ程度。
傍らには、Windows10.64bit、Corei5、Mainedrive:SSD、RAM16G.と云う現在こうして使っているノートPCがあるので、スマホは無用なのですよ。
IMG_5080.jpg
今聴いているのは、ヴァレリー・アファナシェフが弾くブラームス作曲の4つのバラード作品10他が収録されている作品集。

Youtubeからエミー・ルギレリスが弾く作品10を貼っておきます。
肌寒い秋の宵にチョット嵌り過ぎるピアノタッチ、いかがでしょうか。
台風16号マラカスさん、いつの間にか温帯低気圧になったようで、当地雨がはげしかったのは昨夜の内だけ。
未明には小降り、そして朝には雨も上り心配していた風も吹かず、安堵いたしました。
その代り今朝はこの秋一番の冷え込みとか、韮崎アメダスも16.5℃でした。
少し雲間が明るくなったこともありましたが、相変わらずどんよりとした曇り空が続いています。
南方洋上トラック諸島近くには、新たに熱帯性低気圧が発生し、前の16号のコースを踏襲するかもしれません。
相変わらず日本近海の海水温が引き続き高いようで、台風が発達しやすくなっているようです。
今日も仲良く
上の孫が熱を出したため、保育園に登園できず、一番下と一緒に拙宅で面倒を見ていますが風邪をひいて、3人の孫達が風邪菌をキャッチボール。
熱を出しても元気だから大丈夫だね。
『明日はママのお仕事もお休みだから今日一日我慢しようね。』
ぐずついた天候が続き、洗濯物も部屋干しで湿りがち。
そろそろ冬用の夜具も用意しなくちゃ困るんですが、この天気じゃねぇ。
来週は、再び夏日がやってくるそうですが、間もなく10月、秋風も冷たくなるんでしょうね。
今日は、日銀決定会合とやらで、円安、株高、おまけに原油高まで重なり、冬を控えた貧乏人には冷たい仕打ち。
そろそろ灯油の値段が気になるこの秋から冬、安いと良いけど。

Youtubeから紙ふうせんの『冬が来る前に』を貼っておきます。
赤い鳥のメンバーが、この紙ふうせんとハイファイセットに分かれたのは1974年頃でしたっけ。
台風16号マラカスさん、九州南部に上陸後同地域に風雨とも激しい被害をもたらしているそうです。
遠く離れた当地も同台風の影響でしょうか、秋雨前線が活発化しているためか、この処雨模様の日々が続いています。
くれぐれも皆様、風雨に対し今後もご注意ください。
そんな雨の中、取引銀行にでかけ定期預金の書き換えをしましたが、従来預入期間ごとに金利も長い程高利でしたが、今や一律0.01%だそうです。
これも日銀のマイナス金利の影響だそうです。
長い預入期間を設定しても意味がないので、最短の一ヶ月に設定し、自動更新としました。
担当の女性(おそらくファイナンシャルプランナー??)の方は、執拗に豪ドルによる預金を勧められたのですが、毎日食い入るように金利動向に目くじらを立てるのは勘弁して欲しい旨を伝えて、丁重にお断り。
今使わないお金ですが、体の事も有り生活費の一部として活用する事も在り得るわけで、流動性を第一に考えようと思った次第。
株屋さんのキャンペーンに乗れば、個人国債を買えば、年0.05%の金利以外に購入金額に応じ、現金等によるバックマージンを受け取る事もできますが、上記理由によりそれはダメ。
今日も為替はドル/円:101円後半、日経平均も安値圏で引けようとしています。
WTIも43ドル台の相場、今の状況では何が起こるか判らない国際情勢。
一喜一憂するように相場を張るのは、もうたくさんです。
気長に僅かな年金で余生を送るのが妥当だと考えています。
30年以上前、亡き父母の療養や介護費用を工面するため債券相場で金利を稼ぎ、長期金利の動きを絶えず気にかけていた日々。
投信を上手く廻せば、年十数%の利ザヤを稼ぐこともできました。
JR株上場当時もヤキモキしましたが、それも懐かしい思い出。
翌日には、何とか売り抜ける事で、ある程度利を稼ぎましたが、それが最後の儲け。
1986年末、日経最高値を見て以来株価は下り続け、何度か底値を見た心算の逆張りも功を奏さず、1990年頃は手仕舞いせざるを得ませんでした。
まあ、元手も大した事は無かったため、大損はしたものの負担が少ない父母の落ち着き先も決まり、以降安定志向で生活を送り今に至るわけです。
おかげさまで、リーマンの際も対岸の火事として見ておりました。
月末には、僅かながらのアルバイトの賃金、来月15日は二ヵ月ぶりの厚生年金も支給されます。
今やこれら、僅かな金額で糊口を凌ぐ毎日です。

Powered by FC2 Blog