プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


当地今日は、梅雨寒の一日。
月初めにご近所のゲンジボタルを観ていた頃とは大違いの気候。
そう言えば、この季節各地で行われるホタル祭りですが、自然保護と正反対であることをご存じですか。
山梨県内でも多くの地域でホタル祭りを開催しています。
昭和初期まで、各地の用水路や小川では、多くのホタルが舞い、大型のゲンジボタルが多くみられたため天然記念物に指定された事もありました。
当時山梨県西部では「地方病」と呼ばれていた「日本住血吸虫病」と云う風土病が蔓延しておりました。
研究が進み、寄生虫病である日本住血吸虫を撲滅するため、その中間宿主「宮入貝」を殺貝すれば良い事が実証され、各用水路に薬剤を散布したり、水路の三面コンクリート化がすすんだため、ホタルの生息が困難となり、激減しました。
1996年、地方病終息宣言があり、以後殺貝剤の散布はおこなわれていません。
また、住宅の増加とそれに伴う生活排水の増加による河川の汚染も進み、次第にホタルが棲みにくくなりました。
そんな経緯もあり、昨今ホタルが乱舞した頃を思い出そうと、ホタルの餌となるカワニナを養殖したり、他県からホタルの幼虫を導入して、再度ホタルを復活させている地域も多くなりました。
そして、毎夏「〇〇のホタル祭り」と銘打って、観察会をしたりホタル音頭??にカラオケ大会・・・なんて云う催しが幾つかあります。
亡き嫁の父(私の義父)は、この日本住血吸虫の中間宿主、宮入貝撲滅の先頭に立ち、駆除を行っていた経歴があります。
そんな事もあり、農業を営む義兄に拙宅付近では今も土着のホタルが生息している事を伝えると、「なんだぁ、おまんとこじゃ、まだホタルがいるだか。そりゃ地方病がいるかもしれんど。」と言われる始末でした。
現在、山梨県以外でも農地の圃場整備事業により用水路の三面コンクリート化や生活環境の変化もあり、やはり土着のホタルが減少したり、いなくなっています。
そのため、やはり昔を偲んで養殖ホタルを専用水路で飼い、同じく養殖したカワニナを与えて育てている地域が多く存在します。
これを自然保護と云う美名の下に「〇〇のホタルを守る会」が各地で活動しています。
まあ、水路にゴミを流さない、生活排水を汚さない、なんていう効果もありますが・・・・。
結局ホタルを飼って、生態系に影響を与えているだけの自然破壊ですね。
また、各地域土着のホタルには特定の明滅時間があり、養殖ホタルとの交雑があると、その子孫への影響があると云った説もあります。
スポンサーサイト
土曜日に飲む珈琲が切れてしまい、急遽金曜日のリアルなオシゴトからの帰り道、焙煎豆を
道すがらの某大手珈琲豆屋さんで購入しました。
アフリカウガンダ産の「ウガンダ・アフリカン・ムーン」と云う豆。
100gミディアムロースで焙煎を依頼し、昨日昼頃から使い始めました。
ナッツ系とフルーツ系双方の香りとコクを供えたような私好みの味と香りです。
IMG_6292.jpg
御多分に漏れず、こちらウガンダも1990年から2002年まで断続的に続いた内戦の影他により本来ならば、コンゴとの国境付近ルウェンゾリ山脈の麓一帯は、高い標高による冷涼な気候と火山灰性土壌の肥沃な耕地に恵まれ、高品質コーヒーの生産に適した条件をもちながらも、品質的に良い珈琲豆産地から除外されていたとか。
そんな内戦が治まり、新たな珈琲生産プロジェクトが始まって以来、品質は安定・向上し、品質も向上安定したそうです。
そして、今朝今週用に私が焙煎したのはグアテマラ・アンティグア・カペウです。
ジェネカフェをいつものように235℃に設定し、200gの生豆を計り入れました。
一爆ぜが終わり静かになった辺りで、ヒーターを切り冷却しをはじめました。
これで大体ミディアムローストに仕上がった筈。
前述のアフリカン・ムーンが終わった処で味を見ようとおもいましたが、明日以降までエージングのため、お預け。
前回ハイローストで試したので、今回の仕上がりが気になります。
一応ブログ上は、自家焙煎喫茶を気取っていてもプロじゃないので毎回試行錯誤の連続。
まあ、それが珈琲道楽のわけでして楽しい処ですね。
先日も投稿しましたように一刻も早く、グアテマラの噴火が沈静化して欲しいものです。
今日テレビを視ていましたら、某半国営放送局のニュースで、九州電力の玄海原発4号機(佐賀県玄海町、出力118万キロワット)が今日の午前に再稼働したそうです。
2011年12月に定期検査のため停止してから、稼働するのは約6年半ぶり。
東日本大震災後につくられた新規制基準のもとで九電が再稼働をめざした原発4基が、すべて稼働したことになるそうです。
昨日は、東電福島第二原発の廃炉が決まったと言う話題もありましたね。
どうして、原発を稼働させたいかというと、燃料コストの問題でしょう。
原発も火力発電も高温高圧の水蒸気を作り、蒸気タービンを回しその先っぽにある発電機により回転エネルギーを電力に変換する仕組みは変わりません。
原発は濃縮ウランを核融合させて膨大な熱をつくります。
火力は、化石燃料(石炭、石油類)を燃やして熱をつくります。
唯し、化石燃料と核燃料とでは、半端じゃないくらい核燃料が少なくて済みます。
それに伴い輸送費も保管費用も大幅に違うわけですね。
この辺りが、原発を推進されるみなさんにとって追い風になるようですね。
今までは福一のような事故は、滅多に起こらないことを前提としていましたが、一度起こると、いつ何時地震や噴火による最悪の事態さえ想定されます。
そのための補償費用を含めてもペイするらしい???。
それは、やっぱり必ず事故が起こるからじゃなく、滅多に起こらない事にしているだけ。
更に新設後40年で寿命が尽きた時、それを廃炉にする方法が未だ確立されていませんね。
使用済み核燃料や高濃度核廃棄物の処理方法も同様。
上記所謂核のゴミの最終処分方法として、地層処分が検討されていますが、その方法も現在の国内では、チョッと無理っぽい。
その辺りのコストは、今後予想より遥かに多額になる事が充分に考えられますねぇ。
特に廃炉費用がどのくらいになるか、全く予想が付かないのが深刻です。
そして、もう一つ。
原発の泣き所は、出力調整が難しいため、いつでも最大出力で運転しなきゃなりません。
そのため、揚力発電所を作って夜間電力を蓄えたり、同じく夜間電力を使うエコキュートを推進してる。
つまりエコキュートは、原発推進を後押ししてるのかなぁ。
電気料をやすくするなら、環境悪化に拍車を掛けてる再生可能エネルギーへの補填を廃止する方が手っ取り早いでしょ。
特に太陽光発電なんて、家庭用の5キロワット程度を屋根に取り付けるのは良しとして、メガソーラーなんて施設は、完全な環境破壊ですもの。
そうそう、忘れてた。
原発が発する熱ですが、お湯を沸かして蒸気を作るだけじゃ、相当余っちゃう。
そこで、日本の場合海水により更に冷却する必要があるわけで、そのため海沿いに原発が建設されています。
所説ありますが、原発冷却後の海水温度の上昇が、地球温暖化の要因の一部になっていると云う説もあります。
暖められた海水によって、クラゲが大発生している事は有名ですよね。
エコ税制などと云う悪法により、軽自動車税が昨年度の7,200円から一気に1,290円と5,200円も増税されました。
我足代わりのAZオフロードは、今年車齢14年目。
今夏噂だと、スズキ自動車より兄弟車新型ジムニーが登場するそうですが、それまでは現行車種です。
16万キロ近く走っていますが、マツダディーラーで半年毎に定期点検整備を行って全く支障なく使っています。
自家用車は、不動産同様購入時には、印鑑証明書と実印が必要になります。
そんな資産的価値のあるものを僅か「13年使ったら捨てろ」と、御上は仰るわけですなぁ。
古くなると壊れやすいから買い替えろ?ですって?。
壊れたら直せば良いだけです。
新しい車に買い替えるより、遥かに少ない出費で済みますよ。
新しい車を作るために多くのエネルギーや資源が費やされます。
おまけに古い車のリサイクルや廃棄に掛るエネルギーたるや、想像をこえます。
古い車は、使い慣れた道具です。
手入れをすれば、幾らでも長く使えます。
この方が遥かに環境負荷も少ない筈。
御上は、大企業と結託して、環境負荷増加と経済効果を優先しているとしか思えません。
2007年の営業開始以来、早くも11年が経過した我稚拙なる喫茶きまぐれも昨夜ご来店いただいたお客様のカウント数が310,000名さまを突破いたしました。
一度消えた分もある様なので、実際はもう少しおおいのかもしれませんが、これも偏に皆さまのお蔭と感謝申し上げます。
ありがとうございました。
さて、昨日掛かり付け眼科クリニックで記載していただいた眼鏡処方箋を二年前に新しく眼鏡を作った店に持ち込み、レンズを交換しました。
セット価格なので、レンズ単体交換となると割高なようですが、それでも安い方がよいのでレンズだけを20分程で交換していただきました。
また二年も経つと、更に視力も衰えそうですが、そんときゃそのとき、苦にしない。
いずれにせよ、三年後の運転免許証更新の際には、レンズ交換が必須の筈です。
もしかすると、更新せず返納も在り得ますなぁ。
その頃は完全リタイアして霞を喰らう生活を本格的にはじめているか、或は既にこの世とオサラバしている事もありましょう。
その頃このブログのカウンターの数値は、どのくらいなんでしょう。
明日はいつものように金曜日のリアルなオシゴト。
この一週間で職場もいろいろな事があったと思われます。
忙しくない事を祈るのみです(笑)。
某半国営放送局のネットラジオ、ラジルラジルで、グールドさんの特集をやっています。
モーツァルトのピアノソナタK.545とバッハのゴールドベルクの新録音の方です。
いずれもレコードやCDで所有していますが、いずれも好きな音源。
あえて、張りませんがYoutubeには、彼の演奏も数多くアップされています。
毛嫌いしないで聴いていただくと、グールドさんの凄さが判ると思います。

Powered by FC2 Blog