プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


今週中に当喫茶きまぐれへ、ご来店いただいたお客様が、開店以来21万名さまに上る事になりそうです。
今年で12年目になりますが、昨日いただいたコメントの内、当時のものを読み返してみました。
アドレスが記されたお客様の処を久しぶりにお訪ねしましたが、半数以上が更新されなかったり、閉鎖されてしまっていました。
こんな了見が狭い上に半病人以下の私ですが、ありがたいことに未だ更新が続いています。
この間、ありがたいことに孫を4人授かり、秋には更にもう1人の予定。
こちらがその内孫3人。
IMG_6291.jpg
その後、外孫もチョット娘夫婦と顔をみせました。
時折小雨が舞いますが、玄関先に咲くホタルブクロ(アルビノ)は、真っ盛りの状況。
嫁が除草を諦めた結果、今年もこんな状況です。
IMG_6280.jpg
駐車スペースの陰に咲くピンクの方は、嫁に虐げられたのか、この一株だけが咲いています。
どういうわけか数年前からこの場所に咲く野生種。
IMG_6284.jpg
来年は嫁の除草攻撃に負けるなよ。
IMG_6288.jpg
昨日は狂犬病のワクチン接種、今日はマダニとフィラリアの予防薬を服用しても元気な駄犬のカイ君。
彼は、嫁が居る時だけ精を出して番犬のオシゴトに励みます(笑)。
スポンサーサイト
韮崎アメダス、最低気温は18.6℃ながらも昼過ぎには30℃を超えて真夏日を記録。
長男一家がやって来たので、孫達のために本格的にエアコンは冷房モード。
おかげさまで私は上に一枚羽織らねばならぬ始末。
遡ること3時間程、今日の一番の大仕事は、拙宅の駄犬カイ君の狂犬病ワクチンの予防注射接種です。
天候も晴れて予防接種日和になりました???。
通常は、地域毎に行われる集団予防接種に参加すればよいのですg、一応彼には掛かり付けのペットクリニックで接種を受ける事にしています。
先ず、ペットクリニックに電話を入れて予約した後、彼を二男がAZオフロードのパッセンジャーシートに抱き抱え、私の運転で坂を下った所にあるペットクリニックへ連れてゆくのが大騒ぎ。
元々テンションが高い犬ですが、車に押し込むと更に恐ろしがって興奮しています。
少し長めのお散歩ついでに通院も可能なのですが、体温や脈拍の上昇も予防接種に悪影響があるようなので、車で連れてゆかねばなりません。
それでも何とか一大イベントが終わり一安心。
至って健康な犬ですが、ドッグフードもそのクリニックで販売されている贅沢なモノを与えています。
毎月の蚤とフィラリア予防の投薬とペットフードで、諭吉さんⅠ枚弱がクリニックにながれます。
そして、この時期の狂犬病、そして年末には各種混合ワクチンの接種があります。
おかげさまで、7歳と一番上の孫と同じ年齢の駄犬のカイ君は、体重も管理され、毛並みも上々。
嫁が居ないと、手抜きをしてサボりますが、一応番犬のオシゴトをしています。
母親はコーギー、父親は何処ぞの甲斐犬崩れらしいのですが、生まれてすぐ拙宅に家族の一員としてやってきました。
そろそろ犬としては、初老の域に達しますが、できるだけ長く一緒に暮らしたいと思う次第です。
唯、贅沢にもテレビCMでも流れてている一番美味しいと云われる蚤とフィラリア予防薬すら、不味いと言うつもりか、給餌トレーの中に残します。
これを誤魔化して食べさせるのも一苦労(笑)。
昨日当地を含む関東甲信地域が梅雨入りしたそうですね。
しかし、今日は梅雨の晴れ間と云うのか、雨も上り晴れて、気温も上がっています。
長男の田圃も無事日曜日には田植が終わったそうです。
そんな長男から依頼され、仲間が関係する環境計量会社に農業用水分析の見積もりを依頼しました。
水質検査項目
クリックすると大きな表になります。
農業用水の検査項目には、pH、COD、SS、DO、他ヒ素、亜鉛、銅などの金属イオンも含まれるようです。
これらの要素を数値化した検査結果を見せられても、一般の方にはご理解いただけないですよねぇ。
先日も投稿したように指標生物の生息状況から、田圃に供給する水質を判定して、その結果広くアピールした方が、CODの値よりサワガニが遊びにやって来るほうが説得力があると思いますよ。
嫁宛には、先日届いたような、明らかに詐欺と断言できる法務関係を騙る告訴??葉書が届きました。
内容は、前回と余り変化がないので画像は付けません。
笑ったのは、内容こそ大体依然と似通っていましたが、段々文字フォントが大きくなってきたこと。
明らかに私達のように目が悪くなった年寄りをターゲットのするべく、文字を大きく印刷したものだと推測されました。
003.jpg
そして、何処か変な広告を触ったりしたためかこんな詐欺の表示が現れましたよ。
もちろん嫁の葉書同様電話を掛けたり、クリックしたりすると、相手の詐欺グループさんの思う壺。
気を付けましょう。
山梨県産のミネラルウォーターの生産量が、前年比0.5%増の1,427,005キロリットルに達し、過去最高になったそうです。
これは全国生産量の43.8%にあたり、もちろん全国一位。
因みに二位は静岡県の16.9%、三位h.が鳥取県の10.6%だそうですね。
山梨県は、南アルプス山系と富士山系と云う採水地があり、静岡県も富士や伊豆山系、鳥取県は大山山系を持っているからに他なりません。
東日本大震災以降、備蓄用に常備する事が増えたり炊事用にも多く使われているそうです。
ここまでは、今朝の地元紙からの情報収集ですが、それ以外に結構いろいろ問題があります。
今まで、水源涵養を目的として、生産者に対し県税としてミネラルウォーター税を課すことを検討していますが、ギョウカイからの税の公平性に反するという反発があり、立ち消え状態です。
それでも大手ミネラルウォーター生産会社は、地元自治体に対し多額の寄付をしています。
採水方法は、湧水を汲み上げるのではなく、地下の帯水層へボーリングし、ポンプアップで汲み上げる方法を取っているため、採水地周辺の地盤沈下が深刻な問題になっています。
過去こんな笑い話が本当にありました。
ミネラルウォーターの過度な採水問題を検討する会議でのお話。
今は男女平等社会ですから、「お茶汲み」と云う昔からの会議に付き物の伝統???がすたれ、と云うより「男が淹れたお茶なんぞ不味くて呑めねえや」(この辺りも男女差別かなぁ)というわけで、ペットボトル入りのお茶が各参加者の席に用意されました。
問題はこの用意されたお茶が、多額の寄付をしている地盤沈下に一番関与していそうな会社の製品じゃなかった事。
それに気が付いた会議の担当者、大慌てで寄付金を多くいただいている、地盤沈下元凶企業のお茶を買いに走ったというお話。
そんな事もあって、未だにミネラルウォーターの過度な採水問題はうやむやらしい(笑)。
そして、昨日もお伝えした燕さんとカラスさんとの攻防。
今朝、嫁が燕さんの巣の下に羽毛が落ちているのをみつけました。
巣の中の雛鳥は全てカラスさんの餌食になったようです。
別の燕さん夫婦でしょうか、拙宅の別のシャッター袋の上に作られた古い巣の修繕をはじめ、抱卵の準備に入っています。
私は、立場上傍観者に過ぎないのですが、今度こそ巣立つてほしいものです。
山梨県の天気予報は真夏日予報でしたが、朝から張り積めた雲が晴れず、山瀬のような東寄りの冷たい風が吹きはじめたためか、辛うじて夏日を記録した韮崎アメダス。
週末最終土曜日も内孫達のママは、お仕事です。
パパは、家族のための食糧確保(笑)じゃなく、早朝より小学校の勤労奉仕の後、田植の支度で忙しいようです。
上の小学一年生の孫はママの仕事場へ付いて行き、残る二人を守するのは、爺婆の役目。
パパが育てるお米は、農林48号と云う「幻の米」とも詠われるブランド米。
収獲が終わる頃、もう一人4人目の孫も授かる予定。
パパも当然、農作業を頑張らねばなりません。
昨日襲われた、拙宅軒下に巣を掛けた燕さんの家族に再び試練がおとずれました。
子燕に味をしめたカラスさんが、再び巣を襲う計画を立てているようだと、嫁が私に御注進。
もちろん人である私は燕さん達に軒は貸しても、助太刀はできません。
親燕が命懸けで巣に残る子燕を守り切り、事無きを得たようです。
親にしてみれば、人も鳥も子供は宝。
二人の孫は、現在お昼寝中。
遊び疲れ、昼食後は可愛い寝顔を見せてくれます。

Powered by FC2 Blog