プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日は、金曜日なので、定年退職した元の勤務先でのリアルなオシゴトは、もちろんアルバイト。
書類トレーに溜まった作業標準や手順書の改訂案件に目をとおし、記録書類が溜まり過ぎ、保管する場所が無くなった???。
とか、その他いろいろ。
朝の曇り空から、やがて小雨が降り始め、蒸し暑い一日。
夕方陽がさして、今度はホントに暑くなりました。
15:00を廻り、ISOの手順書をPCで編集して、何気なくタイムスタンプを確認したら何と今日は、8月18日じゃありませんか。
何を忘れてもこれだけは、忘れるとエライ事になる嫁の誕生日。
朝から、出勤の支度やら何やらで、すっかり忘れておりました。
止むを得ず、嫁にメールで「お誕生日おめでとう、夕食は何か食べに行きませんか」と送りました。
そんなわけで、夕食は、嫁の好きな回転ずしに二男を伴い出掛けた次第。
私は、ひかり物専門なので、鰯を美味しくいただきました。
嫁もラーメンまでオーダーして、それなりに満足したようです。
誕生日を忘れていた事も誤魔化せました。
めでたしめでたし。
因みに私と嫁との年齢差は約半年。
来年春まで、2人とも同じ年齢です。
スポンサーサイト
韮崎アメダス、最低気温は21.2℃と、相変わらず毛布に包まっていた朝、久しぶりの晴れ間が朝か覗いていました。
15:00過ぎには30.6℃の最高気温、湿度が低いためか、それ程暑く感じません(私だけ??)。
一番下の孫が風邪を引いて、熱を出し保育園に登園できないので、拙宅で保育中。
エアコンを入れ、暑さを凌ぐのは、もちろん孫のため。
明日は週一のリアルなオシゴトの出勤日。
アルバイト先は、11日から15日が盆休みで、昨日から通常営業。
そのため私も昨日から親会社からレンタルされているラップトップを使い、メールチェックに余念がありません。
今の処、急ぎの仕事もなさそうで、明日ラボのデスクの上がお楽しみ(泣)。
お昼寝から覚めて
こちら下の孫、お昼寝からの寝起きと、赤外線距離測定の光で、ご機嫌斜め。
見た目元気なのですが、咳と熱があり、食欲も余りありません。
小児科を受診し、風邪との診断。
まあ、良く遊ぶのでだいじょうぶでしょう。
明日も熱が下がらねば、登園できませんから拙宅で保育でしょうねぇ。
私は上記リアルなオシゴトで、留守にしますが、嫁が居れば大丈夫。
却って足手まといが一人いない方が良い?と、思っていることでしょう。

盆帰り

8月13日、今日から当地も旧盆に入ります。
何の前触れも無しに長男一族がやって来て、久しぶりに賑やかな孫達の声。
午前中曇りがちで、小雨が時折パラパラまってきたりして、洗濯物が心配。
韮崎アメダスも30℃を下回り、風も出て湿度も低く過ごしやすい午後。
私にはエアコンの風は冷たく、暖かな自室に避難しました。
孫達、特に一番下の髪の毛は汗びっしょ(標準語だと汗びっしょり)。
そりゃ居間の中を走り回ってるもんね。
孫3人を迎えると、タイヘンな騒ぎですが、皆可愛い男の子。
今月末辺り、もう一人初の外孫を授かる予定ですが、やっぱり男の子らしい。
来年は更に楽しくなると思うと、私と嫁二人の爺婆は、唯嬉しいだけ。
上の孫

中と下の孫
お昼ご飯、いっぱい食べたね。
きっと、ご先祖様も楽しそう。
小椋佳 道草
こちら小椋佳さんの「盆がえり」がB面1曲目に収録された、1976年のレコード「道草」です。

小椋佳さんより曲の提供を受けた中村雅俊さんの歌がYoutubeにありましたので貼っておきます。
今日、8月12日は、恒例のペルセウス座流星群の極大日。
ちょうど皆が盆休み、学校も夏休みというわけで、夜間遅くまで観望できると云う利点がある。
私のような年に一度の天体観測だなんて、云う方もおられると思います。
別にペルセウス座から流星が飛んでくるわけじゃなく、この辺りが輻射点になっているため。
じゃあ、輻射点とは。
その天球上のその位置から流星が飛び出して見えるような場所。
天体図に流星の光跡を描き、それらが交差する場所が、輻射点或は(現在は放射点と表記)と呼ばれます。
これら流星の素になるのは、彗星の尾から放射される塵のようなものだそうです。
なぜ毎年決まった日に各流星群が現れるかと申しますと、我地球も各彗星も太陽を公転する起動が決まっていて、その交点を地球が通過する際、彗星からの塵が引き寄せられ、空気との摩擦で燃え、光を発するそうです。
ペルセウス座流星群の素になる塵をまき散らすのは、スイフトタットル彗星と云う、周期彗星で、133年掛けた長楕円軌道を描き太陽を周回しているそうです。
前回地球に一番近づいたのは1992年12月12日、次回は2126年7月12日との事。
問題は、次の2126年7月12日に接近する時、地球に大接近して危険かもしれないと云う説があるそうです。
前々回でしたか、1910年ハレー彗星が大接近した際、彗星の尾の中にはいったそうですが、特に問題なかったとの事ですから、こちらも、あまり心配する必要も無いでしょう。
多くの方が利用されているセルフサービスのガソリンスタンド。
GSスタッフによる作業ではなく、自己責任で車に給油するから安いわけですよね。
そのため、結構笑い話のような事が起きるそうです。
大体レギュラー・ガソリン、プレミアム・ガソリン、軽油と別れていますが、同じ給油機をつかいます。
通常ガソリン系は揮発油税とそれをも含めて二重課税で、消費税が掛かります。
軽油は、軽油引取税とそれを差し引いた購入価格に対する消費税が課税されます。
この場合、元の価格は余り違いませんが、揮発油税の方が高額なため、レギュラー・ガソリンの方がかなり割高になるのは、運転される皆さまなら殆どご存じの筈。
安いからと、初めてセルフスタンドをご利用される方、同じ機械から給油するんじゃ、安い方が得とばかりに、軽自動車だしと、軽油を給油なさった女性がいらっしゃった・・・・?。
さあ大変、その車、エンジンが壊れてしまったとか。
こんな事、有るわけないと、お思いでしょうが、結構あるそうです。
気を付けましょう。
私が経験した更に凄まじい実例を・・・。
現在使っている車は、AZオフロードと云う軽のクロカンタイプ四輪駆動車を14年間。
その前が、やはりマツダのカペラ・カーゴ・ワゴン・プレッシャーウエーブ・スーパーチャージャー・ジーゼル4WDと云う、長い名前の車を14年程。
そして、その前が問題のトヨタ・スプリンター1800ccジーゼル車。
当時は余りセルフスタンドが無かった事もあり、いつも同じスタンドで軽油を給油してもらいました。
前述のように間違われると困る(外見は全くガソリン車)ので、必ず同じスタンドの軽油給油機の前に停車し、スタッフも承知して軽油を給油していただいたわけです。
やはり14年程で180,000キロ走り、カペラ・カーゴに乗り換える、その日に悲劇が発生。
通勤途上、燃料が少し心細くなったので、これが最後と、いつもと違うスタンドでしたが、軽油の給油を2リットル程依頼しましたよ。
請求書を見ると軽油の割に高額・・・・良く見たらガソリンを入れられてしまいました。
こっちが注意を喚起し、給油口にもジーゼル車なので軽油を給油する旨が表示されているのですが・・・・??。
直ぐに気が付き、燃料タンクのドレンプラグを外し、内の燃料を全て抜いたあと、新たに軽油を入れさせました。
次のカペラカーゴもジーゼルエンジンでしたから、この事をいつも頭の隅に置いておき、余程の事がない限り、軽油を給油するスタンドを決めておき、必ずスタッフに軽油を入れるように指示をしていました。
嘘のような話ですが、本当に私が経験した事実です。
皆さまも、気を付けてくださいね。

Youtubeを漁っていたら、シューマンの歌曲集ミルテの花の1曲目「Dedication」(献呈)をリストがピアノ演奏用に編曲したバージョンを「菅 佐知子」さんが演奏しているシーンがありました。
IMG_5582.jpg
この曲、時々聴いている、こちらセカンドアルバムのタイトルにもなっています。

Powered by FC2 Blog