プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


今日は雨

朝から雨がしとしとと、降っています。
そのため、最低気温も5℃と高い朝でしたが結局9.5℃までしか上がらない肌寒い一日。
一日中ストーブから離れられませんでした。
昨日アズマイチゲを観に行って大正解、今日彼女達は首を垂れて花弁を固く閉じていることでしょう。
画像からですと、大きく見えますが、実際は草丈数センチ程度、花を花茎の一番上に一輪だけ戴く小さな植物です。
カタクリも自生する「谷戸」と呼ばれる地形に咲いています。
谷戸と云うのは、丘陵地が浸食され谷状になった地形で、その奥には湧水やそれにより、湿っている事もあります。
特に谷の北向き斜面では陽が余り差さず農業に適さなかったためか、塵等が投棄される事も在ったようです。
また、ここのようにカタクリが咲くような場所には、鎮守様を祭る社が建立されている事もあります。
近年、こういった地域も開発が進みアパートが建設されたり、農地の圃場整備事業により谷戸の環境が変わってきました。
水脈が断たれ乾燥化が進んだり、周りの杜が伐採され陽が入るようになると、植物相にも変化が見られ、半日陰を好むカタクリやアズマイチゲも消滅に向かいます。
私のアルバイト先の企業の裏手にも小さな谷戸があり、カタクリやアズマイチゲ、イチリンソウなどが咲いていましたが、先ずイチリンソウが30年程前に消滅し数年前にカタクリとアズマイチゲも消滅してしまいました。
私のように偏狭な野草マニア(笑)でないと、新たにアズマイチゲの自生地を探しだすのは容易ではないでしょう。
おそらく、人知れず残っている自生地もいずれ消えゆく運命なのかもしれません。

春の雨に因み、Youtubeから小椋佳さんの『少しは私に愛をください』を貼っておきます。
スポンサーサイト
ここは、韮崎アメダス観測地点に近い氏神様の付近。
久しぶりに最低気温は、2.3℃とプラスの気温で、最高気温も17℃まで上ったようです。
陽が少し傾きかけた頃、当地に咲くスプリングエフェメラル(春の妖精)達を訪ねました。
春一番に花を付け、実を結び、他の旺盛な植物達が繁茂する前に役目を終え、消えて行く可憐な植物達。
まだ蕾は堅そうです    アズマイチゲが咲いています
夫々のサムネイル画像をクリックしていただくと、可憐な姿をご覧いただけます。
左カタクリは未だ蕾が固く、桜が咲く頃まで待たねばなりません。
右側のアズマイチゲですが、陽が陰ったので、花弁を閉じ始めてしまいました。
陽が当たると、再び花弁を開きますが、明日は雨の予報ですからダメですねぇ。
カタクリはユリの仲間、そしてアズマイチゲは、キンポウゲ科イチリンソウ属の植物。
イチリンソウ属の学名には、anemoneが付き、アネモネの仲間であることがわかります。
特にアズマイチゲは、東京都では絶滅、そして山梨県や千葉県、埼玉県他でも絶滅危惧植物に指定されているそうです。
ここは谷戸の奥なので、陽があたる時間はごくわずかな時間。
カタクリが咲く頃再び彼女達に会いに来たいと思います。
以前も投稿したように在宅ワークでは、書類のプリントアウトや回覧、そして現場担当者達との意思疎通が図れません。
昨日メールを送ってもらっても何か手違いがあって、届いて来ないこともありました。
今日から3月、中旬にはISO9001 2015年版への更新審査が控えています。
比較的暖かな今日の陽気、宵からの雨も温かな春雨???。
明日は、南岸低気圧が近づいてくるそうですが、寒気が弱いそうで、たとえ雪でも融けちゃいそう。
次の出勤は、いつものように明後日金曜日を予定。
今日回覧したマニュアル付表が承認されると良いのですが・・・・・。
嵐のような3月中旬の仕事が終わったら、いよいよスプリングエフェメラルを愛でに行かねばなりません。
既に勤務先近くには、県指定自然記念物ザゼンソウが見ごろを迎えたそうで、立て看板が立っております。
畑熊のミスミソウも丁度良い塩梅なのでしょうが、足に不安があるので残念ながらパスします。
粗、ドライブスルーを可能にしてくれるのは、韮崎アメダス近くに咲いている大好きなアズマイチゲ。
アズマイチゲ02
こちらに昨年咲いたアズマイチゲの画像を張っておきます。
昨年3月21韮崎の自生地まで出掛けた時の画像です。
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
蛇足になりますがアズマイチゲは、学名Anemone raddeanaとあるように、この花はアネモネの仲間。
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草植物。
イチリンソウ属には、イチリンソウ、キクザキイチゲ、ニリンソウなどがあります。
東京都では絶滅、我山梨県でも絶滅危惧植物に指定されています。
スプリングエフェメラル、春の妖精と云う比喩が一番似合う花。
今からこの麗しい彼女の事を想うと・・・・・・。
日本全国の県の内、ほぼ半分の地域で絶滅が危惧されている彼女。
勤務先の近くにも咲いていたのですが、10年程前から姿を見せなくなりました。
韮崎市の里山には、まだ残っていますから、大切に見守ってゆこうと思います。

いつも同じだけど

ケチとエコの違い。
せっかく取り付けた温水洗浄便座の電源コードを引っこ抜くのはケチ。
体を守るために取り付けたのに温水洗浄便座を使わないのは絶対ケチ。
エアコンのスイッチをこまめにオンオフするのもケチ。
エアコンは起動時に大きな電力を消費するのでエコにならず、結局電気代も多くなるので結局大損。
車のバッテリー、充電効率が落ちたバッテリーをひやひやしながら使うのはケチ。
そんなバッテリーを使っているとプラグからの火花も弱く安定せず、結局効率よく燃料を燃焼出来ずガソリンの無駄。
おまけに踏切や交差点でエンストしたらどうすんの。
安いガソリンスタンドを探して、おまけに行列しながら給油するのはケチなだけ。
無駄な走行でガソリンを余計使い、給油順番待ちの間アイドリングするから更に悪い。
結局ガソリンを余計使うから二酸化炭素も多く発生するだけ。
その分ガソリン代に跳ね返るから、少しもガソリン代の節約にならなかったりする。
第一、時間の無駄。
あなたの時給はそんなに安いの?。
その時間でいろいろな事ができますよ。
スーパーの安売り商品、そんなに買ってどうするの。
冷蔵庫の中に消費期限切れ食品が多くなって、全て食品ロス。
食べ物を無駄にするのは、一番環境にもお財布にも悪いこと。
あなたが捨てた食品があったら、他の国の人々の大切な食料になっていたかもしれません。
もしかすると、食料の奪い合いで紛争が起こっているかもしれません。
昔からこの国には、「湯水のように使う」という言葉があります。
水道の蛇口を開けると、飲料水としてそのまま飲める安全な国。
そんな国は、世界中も極わずかな地域だけ。
飲料水が、ワインより高い国もたくさんありますよ。
お湯を沸かすにも燃料が必要、ですしね。
水や燃料をめぐって、今日も地球のどこかで争いごとが起きています。
テレビにお子さんのお守りをさせていませんか。
テレビを時計代わりに使っていませんか。
なんだか寂しいからって、視てもいないテレビを点けっ放しにしていませんか。
思い返してみると、いつも同じ事を投稿しているような気もしますが、大事な事ですよ。

家電リサイクル法正しくは「特定家庭用機器再商品化法」と云いますが、テレビ、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫、エアーコンディショナーの4品目(特定家庭用機器廃棄物)から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。
今の処これら以外の家電製品は、燃えないゴミ或は燃えない粗大ごみとして、ごみ収集の対象となります(地域によっていろいろあるようですが)。
また、上記特定家庭用機器廃棄物は、分解して燃えるゴミとして廃棄すると法律違反になりますので、分解せず各々の家電販売店にリサイクル費用を払って、引き取ってもらいます。
軽トラック等で、地域を巡回してこれら家電製品を回収する業者さんがおられるようですが、この方達に引き渡すのも本来違法です。
家電販売店にリサイクルを依頼すると、それを証明する伝票が発行され、正しい処理がお子合われた事を証明してもらえます。
これら家電のリサイクル費用をケチるため、不法投棄も横行しているようですが、もちろんこれも廃棄物処理法違反になり、厳罰が科せられます。
もう一つ、パソコンリサイクル法もありまして、不要なパソコンを廃棄する場合、専門業者さんへ、きちんとリサイクル費用を支払って処理してもらう必要があります。
このような業者さんは、HDD等からの情報漏洩等に関しても責任を持って作業されますので安心です。
この場合、対象となるのは、ノートパソコン、デスクトップパソコン並びにモニターであり、プリンター、スキャナ、外付けHDD等各種周辺機器等は対象となりません。
何となく????な法律ですが、正しく守らないとダメですよ。

Powered by FC2 Blog