プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ


今日は、循環器科クリニックで拡張型心筋症の月例定期検診日でした。
駐車場も一杯でしたが、身障者用が空いていたので助かりました。
どうも心臓エコー検査が行われている事も要因のようですが、どうも風邪を引かれて受診される方がおおいようですねぇ。
問題は、その中にインフルエンザを罹患されていらっしゃる方が・・・・・・。
私も一応ワクチン接種をうけていますが、毎年のように罹患しているので、チョット心配。
血圧142/88と少し高めですが、冬なのでこんな処でしょうか。
ワーファリンの効果を示すPTINR値は、2.8と前回の3.0より少し低いですが管理値に納まっています。
主治医には暮れの26日に強い心房細動に襲われた事も報告しました。
鼓動、他問題ないそうで、次回2月19日に心臓エコー検査を受けるようにと云う指示が有りました。
午後からモカイルガチェフG1コチャレを200g焙煎しました。
ジェネカフェを235℃に設定し、焙煎開始14分経過後の一爆ぜが終わる寸前に冷却を開始し、ミディアムローストの少し手前辺りの少し浅煎りにしあげました。
IMG_5937.jpg
一杯いただきましたが、この豆特有の柑橘系とナッツ系の香りが漂う雰囲気に仕上がり満足。
これが喫茶きまぐれ、今週のスペシャリティ珈琲になります。
もちろん当店は、店主も常連客も私が二役を務める仮想喫茶店ですよ。
スポンサーサイト
今日1月13日は特別な日。
それまで、厳冬期八ヶ岳川俣川東沢に滑落して膝蓋骨他数か所骨折、自転車で車と衝突して右手首複雑骨折、その他重傷を負っても都度復活を遂げていたにも拘らず、2005年1月13日心不全を起こし、甲府の総合病院で国指定難病の「拡張型心筋症」の疑いでCCUに緊急入院した日。
当時から心移植以外助かる筈が無いと云われている重篤な心臓病ですが、幸いにもαβ遮断薬剤のカルベジロール、抗血栓薬ワーファリン、別な意味で悪名高き降圧剤ディオバン、他の内用薬を処方され、それらが功を奏したため、以来12年間生き延びております。
運動制限、水分制限、塩分制限、もちろんアルコール類のドクターストップもありますが、仕事も定年まで勤め上げ、現在も不自由ながらアルバイトも続けているわけです。
運動不足も祟り、前述の関節部骨折も影響してか、錆び付いた体となってしまいました。
それでもライフワークの環境保護活動も続けております。
そして毎年聴く曲は、ベートーベン作曲弦楽四重奏曲第15番イ短調作品132に決めております。
第3楽章に「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」と云う病から回復したベートーベンが神に感謝すると云った曲想が描かれているからです。
IMG_5935.jpg
アルバンベルク弦楽四重奏団の演奏をCDで聴く事にします。
途中孫達がやってきたりして、第3楽章は夕食後になりました。
夜も遅くなり、このラップトップにステレオイヤホンを繋いで聴いています。
ベートーベンのSQで、好きなのは、ラズモフスキーそして、やはりこの15番ですね。
IMG_5930.jpg
こんな可愛い孫達を授かりましたもの、また来年もこの曲を聴く事ができるように生きていなきゃね。
いつもレコードで聴いているブダペストSQの演奏がYoutubeにありましたので、張っておきます。

アルバンベルグSQも有りましたが、第3楽章は、ブダペストの勝ち。
昨日水曜日は、嫁が加入している生協の商品配達日。
大量の商品カタログと一緒に新規加入宅の紹介依頼、宅配夕食、そして宅配費用の割引等が記載されたチラシも一緒。
ほほえみ割
サムネイル画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
そこで目に付いたのは、通常毎回100円掛かっている宅配費が割り引かれる制度。
「ママ割」、そして「ほほえみ割」と云った配送費が半額の50円になる制度があるとの事。
気になったのは「ほほえみ割」について、65歳以上だけの世帯、ご夫婦世帯で、一方が65歳以上の世帯、障がいをお持ちの方がいらっしゃる世帯、自治体認定の方がいらっしゃる世帯が該当するとの事。
この中、「自治体認定の方」とは???、良く判りませんよね。
そこで、生協に確認したところ、対応された方は調べてから連絡するとの事。
夕刻になって、拙宅の配送を担当されている方から連絡があり、私のような特定疾患医療受給者証を自治体より交付されている者が対象になるとの事。
受給者証のコピーと、「ほほえみ割」の申し込み書を来週の配達の折、注文書と一緒に担当者に渡す事になりました。
これで、配送料が半額になります。
僅かな金額ですが、毎週なので年間2,600円程安くなります。
現在特定疾患受給者証を提示する事で、携帯電話の通話料等が安くなる「ハーティー割引」や「おもいやり駐車区域」、インフルエンザワクチン補助、の利用ができます。
この際、綺麗事は言いません。
年金生活ですから、使える制度は何でも使います。
ブラームスのダブルコンチェルト(ムター、メネセス、カラヤン&ベルリン・フィル)を居間のCDラジオで聴きながら、確定申告用医療費控除の添付書類を作っていますが、嫁と二人、細かいのですが集計すると多額のi医療費を支払っています。
国保税も地方税も全て確定申告が基になるため、書類整理が大変です。

Youtubeから良さげな演奏を貼っておきます。
マリスヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、アンネ・ゾフィー・ムターのバイオリン、マキシミリアン・ホルヌングのチェロの演奏だそうです。


今朝は-7℃まで冷え込んだ韮崎アメダス、最高気温もプラス7.9℃がやっと。
でも考えてみると、日格差約15℃も有るわけで、さすが山梨県ですね。
さてさて、明日は金曜日なので、リアルなオシゴトのアルバイトで出勤します。
アルバイト先も丁度仕事始め、もちろん始業式だけなんて甘い仕事じゃありません。
ISO9001内部監査がだいたい終わって、不適合報告書が山ほど上って来ている筈。
これを処理するのが、アルバイトの仕事なんだろうか?と考える余裕もない程忙しくて憂鬱な仕事始めですなぁ。
そろそろ、確定申告の準備をするため、医療費控除の明細書と睨めっこ。
Excelで医療費を集計して記載するのですが、私だけでも4ヶ所の医療機関に支払いがあり、それだけでも10万円を軽くオーバー。
しかし、インフルエンザワクチン接種などは、医療費控除の対象外。
そして、特定疾患受給者証更新手続きに必要な「臨床調査個人票」記載に拘わる文書料は、医療費か否や。
通常診断書等文書料は、医療費控除から除外されますが、この場合はどうなのか判りません。
あと、嫁の分の医療費も集計して記載する予定。
いずれにせよ所得金額が少ないので、控除申請する意味があるのか無いのか判りませんが、一応用意しようと思います。
昨夜疲れていたためか、久しぶりに少し強めな心房細動に襲われ、風呂で暖まれば回復するかと思いきや、更に悪化。
ハーハーしながら二階の寝室に・・・嫁が心配するが対処法は無いわけで・・・。
眠れるかどうか心配だったが、そのままぐっすり。
しかし、朝になっても心房細動は治まらず、循環器科にメールをいれて予約しようかどうしようかと迷いながら先ず、珈琲。
症状が治まれば、受診しても仕方がないので、そのまま様子見。
恐ろしき珈琲の威力、次第に心臓の動きも正常に戻りましたよ。
コロンビアとブラジルの生豆を半々に混ぜた、平凡な味がすると云う安い豆。
ジェネカフェに200g入れ、235℃で焙煎開始。
二爆ぜが始まる頃冷却に入り、爆ぜる音が佳境に達する遥か前に煎り上りました。
シティローストに仕上がり、贅沢を言わなきゃ充分飲める美味しさ。
使う豆の量を多くして抽出温度も低めにすれば香しく、これこそ珈琲と云う味と香り。
焙煎後二日経過しましたが、全く嫌味もなく上品に仕上がりました。
寒暖の差や精神的ストレス???で起こる心房細動。
心臓が勝手にご機嫌なリズムを刻むのは、苦しくてとても不快なんですよ。
再び夜がやってきましたが、だいたい正常にリズムを刻む我心臓君。
それでも偶に一拍誤魔化したりしています(泣)。

Powered by FC2 Blog