FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


実は、今年の拡張型心筋症による特定疾患医療費受給者申請の折、10月からの認定が保留になっておりまして、この一月半の間、難病患者じゃなかったのですよ。
それが今日新しい受給者証が郵送されてきまして、10月1日付で再び難病患者と認定されたわけです。
1811131.jpg
安倍首相ご自身が潰瘍性大腸炎と云う難病に罹患されておられたため、難病患者へのご理解が大きく、新たに多くの症例を難病に認定していただきました。
ここまでは良かったのですが、問題はその財源でして、急に多くの難病患者が増えたため、予算が厳しくなったようです。
そこで、難病患者に対する審査を厳しくして、比較的軽い患者を対象から外してしまったようで、主治医の話によると、相当数の難病患者が認定されなくなったとの事。
そんなわけで私も比較的軽症だったようで、今回審査が長引いていたようです。
今日はその拡張型心筋症の定期予約診療日でした。
余りにもタイミング良く、受給者証が届いて、循環器科クリニックや院外薬局での手続きも右往左往。
難病患者の場合、インフルエンザワクチン接種にも自治体からの補助があるので、その申請をして負担金も1,000円で済みました。
それでも今回は、医療費の負担限度額が10,000円に増えたため、支払いは多くなりそうです。
例え一泊でも入院治療を受けるだけでも限度額を超えるでしょうから、特定疾患医療費受給者証が発行されて一安心。
主人である私同様、いい加減な我心臓君、いつ症状が悪化するか判りませんから、ホントに助かります。
スポンサーサイト

またやっちまった

先日から右手の手首の下に軽い痛みを感じていました。
触ると更に違和感があります。
長袖のシャツを捲って様子を見ると・・・・・・・・。
やっちまった。
風呂場の網戸を上げる際、その下にある桟の角に手を押し付けたのが原因らしい内出血を起こしたと思われるような痣ができています。
IMG_6563.jpg
ヒンジで可動するタイプの網戸の下側をマグネットで留ているのですが、それを外す際に上記箇所を圧迫してしまったのが原因でしょう。
このように内出血を起こし易いのは、常時服用しているワーファリンの影響と思われます。
普通の方ですと、軽い圧迫痕など残らない程度の状況ですが、ワーファリンの抗血栓作用のため、私は出血しやすい体質なんです。
かと言って、ワーファリンを服用してPTINR値を上げておかないと、心房細動により生じた血栓が脳などの毛細血管につまり脳梗塞を起こし易くなるので、それだけは絶対に阻止しなければなりません。
お蔭で、他の病気や怪我の際でも観血治療を受ける事が出来ず、以前も投稿しましたが、勤務先近くの整形外科医がビビり、全く診療もせず門前払いに遭った嘘のようなホントの事例がありました(それでも診察代を請求されました)。
唯、打ち身の湿布薬をお願いしただけだったのですが・・・。
白内障や膝関節の人工関節置換施術、しまいにゃ歯科の治療もしなけらばならないのですが、頭の痛い問題です。
循環器科クリニックの主治医は、紹介状を用意するから何処の医療機関でも観血的治療を受けられるようにすると仰いますが、各担当医は勿論嫌がるわけで・・・・。
そりゃぁ循環器科は内科なので、観血治療は行いませんものねぇ。
今朝の韮崎アメダス、最低気温が10℃を割り込み、いよいよ秋が深まってきました。
朝いちばんに昨日焙煎したコロンビア・ナリーニョ・スプレモをテースティングした処、優しい苦味の中にほのかな甘みを残すような余韻を感じました。
豆の表面が僅かに光沢を放ち、チョット深煎りだったかもしれません。
次回はもう少し焙煎度合を下げても良さそうです。
まあ、先日ご紹介したPanasonicのスマート焙煎機のような全てを心得たようなプロの味はだせませんが、その日の気分で豆を焙煎するのも一興だと勝手に思っています。
午後からは、掛かり付けの循環器科クリニックへ出掛け、拡張型心筋症の定期予約診療です。
血圧120/80、ワーファリンの効き目を示すPTINR値は1・9と下限値の2.0を割り込んでしまいました。
ワーファリンは欠かさず服用していますし納豆だってねぇ、食べるわけない??。
生野菜を欠かさず食べていますが、それ程多くもない。
時々、膝関節の痛み止めに服用しているアセトアミノフェン系薬剤「カロナール」を飲み忘れる程度でしかも頻繁じゃない。
主治医は何も言いませんでしたが、チョット気になる処です。
心音その他異常なしとの事。
人間ドックの結果報告書を見せましたが、指摘された血圧が高い事は、問題ないとの説明。
16:00前には、院外薬局で薬を受け取り、次の受診先は整形外科クリニック。
ここで膝関節のリハビリ処置と湿布薬を処方してもらい17:00過ぎに帰宅しました。
今日は週の真ん中水曜日、天候、気温他様々の条件を加味し、今日の予定を作ります。
なんて、カッコいい事ほざいておりますが、先日の人間ドック受診に対し事後報告として眼科関係の精密検査を受けるようにと云う指摘がありました。
本来先月中に受ける予定だった眼科での眼底精密検査を、上記受診事後報告に合わせるため、スケジュールを組む事にしたわけです。
先ず、掛かり付けの眼科組クリニックが夕方まで受け付けしているかどうかが重要です。
今日は水曜日なので、午後も診療を受けられる週二日の内の一日でした。
眼底精密検査では、網膜を調べるため点眼薬により瞳孔を全開します。
これにより検査が終わった後でも目に入る光の量が調整できないため、とても眩しいのです。
当地田舎ゆえ、幾ら近いと云えどAZオフロードでの通院ですから、瞳孔が開いたままでの運転は眩しくて危険なわけです。
そこで、16:00過ぎに受診して帰宅する際は陽が落ちた薄暮の頃をと考えたわけです。
お陰様で目論見どおり眼科診療を受ける事ができました。
検査の結果、取りあえず前回受診した折の結果と変わらず、次はまた3ヶ月後に受診するようにと云う指示でした。
この眼科受診に先立って行ったのは、今週後半用に使うコロンビア・サンアウグスティン・スプレモの焙煎です。
ジェネカフェをいつものように235℃に設定し、タイマーを20分に設定した後、チャンバーに200gの生豆を入れ本機にセットします。
毎回タイマーを20分にする理由は、長めに設定しておき減算タイマーなので経過時間を20分から逆算して把握するためです。
9分30秒頃設定温度の235℃に達した後、下限230℃の範囲でONOFFを繰り返しながら焙煎が進み14分経過した頃一爆ぜが始まり暫くして音が止みます。
17分近くで二爆ぜが始まり、連続した音になった処でヒーターを切り冷却開始。
これでシティローストに仕上がった筈。
IMG_6460.jpg
こちらが焙煎が終わったコロンビア・サンアウグスティン・スプレモです。
テースティングは明日以降になりますが、ほぼ大丈夫でしょう。
暑くなると云った予報も29℃を上回る事なく、21:00を廻る頃には20℃を割り込みました。
煩い秋虫の声に悩まされている、エセ・ナチュラリスト(笑)。
今日は昨日投稿したように午後から循環器科クリニックで、拡張型心筋症の定期予約診療を受けました。
血圧130/75、ワーファリンの効き目を表すTINR値は2.5と、いずれも管理値の範囲内で問題なし。
時折軽い細動を発症する事を主治医に相談し、もう少し様子を見ようと云う指示を得ました。
循環器科クリニック受診の後は、整形外科で変形性膝関節症の痛み緩和のための低周波治療や湿布薬などを処方してもらい帰宅。
以下チョッとした環境保護関連の取り組みに提出しようと思った駄文の下書きを貼っておきます。

環境を守りつつ地域を発展させる事が可能なのか考えてみます。
本県の場合、都市部やその近郊を除き、多くの地域が定住人口の減少に見舞われているそうです。
それを少しでも緩和しようと、企業誘致を行うための工業団地の整備が進められています。
また、それに付随する道路、用水や電力などのインフラ整備も必要になります。
それらに伴い、山林や農地を用地として確保する事もあるそうです。
その地域に棲んでいた、野生動植物達も棲家を追われるわけです。
新しい道路が増えると当然自動車も増え、排気ガスの増加にも繋がります。
新しい工場の操業に伴い、廃水や排ガスも増加しそうです。
できるだけ環境悪化を防ぐ手立てとして、誘致する企業の選別や廃棄物や廃水、排ガスの制限を強化する事も必要になります。

余り変わり映えしない、ありきたりの文面ですね(笑)。

Powered by FC2 Blog