fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ


ネチケット

ブログのお友達がブログを閉鎖されるのだそうです。
別のお友達の話によると、誹謗中傷が酷かったとの事。
ブログやfbの書き込みも、真実をある程度隠して運営しています。
大人として恥ずかしくない程度にね。
講釈を垂れて珈琲の薀蓄を高尚そうに垂れるのだって唯、カフェイン依存症を誤魔化しているだけ。
クラッシック音楽にしても特別に教育を受けたわけじゃなく、ただ好きなだけ。
まあ、一応ライフワークの自然保護活動や環境保護活動に付いては、多くの諸先輩たちの御指導の賜物なんですよ。
ICTにしても小難しい事より、文字どおり長い間、体重が減少するほど寝る間も惜しみ、CONFIG.SYSやAUTOEXEC.BATで遊びまくった結果なんです。
このブログにしても、拡張型心筋症なんぞと云う難病を患ってしまったけど、何とか生きてるぞ!って、ね。
だから、このブログがある日終わっちゃったら(笑)・・・・なんですよ。
幸い私は、拙い仮想喫茶店『喫茶気まぐれ』にご来店いただくお客様から誹謗中傷をいただいた記憶はありません。
勿論わたしが皆様のブログにお邪魔する時も、最低限のネチケットだけは忘れないようにしているつもりです。
もしも、その時私、私が一線を越えてしまったときは、お叱りをいただきたいと思う次第です。
そんな不愉快な事があった夜は、一人の女性の面影を偲んで、クララ・シューマンさんのピアノ協奏曲とピアノ・トリオが収録されたCDが今夜のBGM。
カミさんシューマンのコンチェルト
特にピアノ三重奏曲ト短調作品17の哀愁がこもったメロディが好きなんですよ。

台風一過で晩秋へ

台風が過ぎ去り、一気に寒くなりました。
韮崎のアメダスデータによると、今朝の最低気温は5.4℃ 、そして最高気温は19.7℃と日格差は15℃近くあります。
台風が東方海上に抜けたため、冬型の気圧配置になりました。
いよいよ八ヶ岳颪の季節です。
西寄りの風が吹いていますが、マダマダ序の口。
ひこばえの田圃から望む北部山岳地帯 ひこばえから出穂
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
見事なひこばえが並んだ田圃ですが、出穂した株もありましたよ。
その向こうには、甲府盆地北部の山岳地帯が広がります。
左から茅ヶ岳、観音峠を挟み曲岳、太刀岡山、黒富士、金峰山が並んでいます。
海抜1500メートル付近、各山とも丁度秋の紅葉が盛りを迎え、入山者も多いのではないでしょうか。
セイタカアワダチソウも青空に映えます
この季節一番好きな、セイタカアワダチソウも青空に映えて、クロームイエローの花穂を輝かせています。
センダングサの種 灯油の移動販売車

うっかりして、センダングサの種に気が付かず、ズボンは種でいっぱい(笑)。
灯油の移動販売車も今日から営業を始めました。
もうすぐ11月、陽も傾き紅葉より先に初冬の便りが届きそうな里の風景です。

一族揃って

孫達の母親がピザを食べたいとか。
そんなワケで、一族揃い、出前ピザでお食事会。
お兄ちゃんは、チーズ大好き。
お七夜過ぎて、名前も付いたね
オットット、君はまだママのおっぱいだよね。
我が一族、同じ漢字が頭に付いた名前だからチョッチィ、ややこしいよね。
勿論君も同じ漢字で始まる名前。
早く大きくなって遊ぼうね。
ハイドンの交響曲を聴こうと頑張ってきまして、やっと6枚目に到達です。
相変わらず、今夜もアダム・フィッシャー指揮、アウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団が演奏するハイドンの交響曲全集からです。
第21番イ長調、第22番変ホ長調、第23番ト長調、第24番ニ長調、以上4曲が収録されています。
ハイドン交響曲全集の6枚目表

ハイドン交響曲全集の6枚目裏
こうやってハイドン先生の交響曲を聴き進むにつれ、同じ様に感じる曲が全くないのが凄いです。
夫々個性が強く現れていますが、それが各曲各楽章毎に違い、美しい弦楽5部の演奏と、時折現れる管楽器の音色のアクセント。
特に22番は『哲学者』と呼ばれているそうです。
その他各曲各楽章とも明るく爽やかで、こんな演奏を聴きながら野外パーティー等を行ったら良いでしょうね。
特に23番の第二楽章好きです。
このアダム・フィッシャーの全集は33枚組、まだまだ先は長いですね。
頑張りましょう(笑)。
暑さ寒さも彼岸までって言うけど、今年は寒いですね。
遠く見える南アルプスも今頃が一年で一番雪深い季節です。
太平洋岸を低気圧が通過する度に大量の雪を運んでくるからです。
外界は雨でも、3,000メートル級の山頂は、この季節間違いなく雪。
今朝の南ア遠望
クリックすると大きな画像で御覧いただけます。
日差しは強くなった気がしますが、吹く風はまだ冷たく感じます。
夜になっても風が治まらず吹いています。
こんな夜は、モーツアルトの室内楽はいかがでしょうか。
弦楽五重奏曲第一番、第二番、そして第六番です。
先日Amazonでポチった、六枚組のCDボックスセットです。
ジュリアードSQプラス第二ビオラをジョン・グラハムが担当します。
いずれも1978年頃のアナログ録音だそうですが、良い音ですよ。
弦四に比べ、ビオラが一基追加されただけと思っていましたが、そのために線が太くなったというか、そんな感じ。
モーツアルト弦楽5重奏曲1番、2番、6番
六枚組で、ハイドン・セットと弦五全曲とクラリネット五重奏曲が納められて1,650円ぐらいだったでしょうか、CPがとても高いですね。

Powered by FC2 Blog