FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


久しぶりに韮崎アメダスも30.7℃と真夏日を記録。
湿度が高めのせいか少し蒸し暑く感じます。
体調もイマイチとなり、ステレオを立ち上げる元気が湧きません。
我心臓君、時折天候が不服らしく、時折手抜きをしています。
手抜きされちゃあ、親分である私としては不快以外の何ものでもありません。
明日午後は、9月の循環器科(拡張型心筋症)の定期診療日。
先日の人間ドックのデータを看ていただき、今後の治療方針を決めてもらう事になります。
そんなわけで、止む無く某通販サイトから買い込んだMP3ファイルからJ・S・BACHのブランデンブルグ協奏曲を引っ張り出して??聴いております。
一山幾ら?(270円)のデータなので、演奏家は不明。
18091701.jpg
100曲となっていますが、楽章ごと或はアリア等ごとを一曲と数えるため、それ程膨大ではありません。
抜粋ですが、マタイとヨハネのパッションまでも収録されています。
ブランデンブルグ協奏曲は6番が欠け、管弦楽組曲は全曲が収録.
その他BWV1041から1043、10565,1056、有名なオルガン曲が数曲。
贅沢言わなきゃブログ更新用のBGM程度なら充分な内容。
これらをフォルダーごとに並べ替えたりと、少し面倒ですが、解りやすくしています。
この手の一山幾ら的お手軽クラッシクの場合、音楽配信サイトからストリーミング再生するのでは、チョット不便を感じるので、一応ダウンロードして保存しています。
スポンサーサイト
某半国営放送局のテレビ番組で、いらいらするの「イライラ」の語源について語られていました。
やはり思ったとおり、イラクサなど棘のある植物由来だったとか。
スプリングエフェメラルを愛でるため、いつも出掛ける県道脇のイチリンソウの群落。
IMG_61171.jpg
サムネイル画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
ここにイチリンソウの可憐さに隠れ、周りにはイラクサがいっぱい。
カメラを構えるため、草むらに手を付くと、あの鋭iい痛みが・・・・???。
イラクサには毎年酷い目に会っていますが、今年も昨年の痛い学習を忘れ、ウッカリと手を付いた時はすでに手遅れとなり、二日程イライラとした日々を過ごす事になった次第。
来年こそは気を付けようと思ったところで、結局イチリンソウの可憐さに我を忘れる哀しさよ・・・。
秋雨前線の影響か、今日も雨模様が続いています。
気温も上がらず、ふさぎ込みそうになりますが、そんな気持ちを払拭するため、久しぶりに聴こうと思ったのはこんなレコード。
IMG_6433.jpg
さすがに70年代に苦労して買ったレコード、何れもジャケットやボックスが破れ、ガムテープやセロファンテープで補修をしたりして(笑)。
リヒテルのアパッショナータ、そしてグルダのテレーゼ。
性格は全く違うけど、いずれもベートーベン渾身の中期の作品。
雨は止んだけど、気温は日格差たったの3℃。
いつもは開け放つ窓も閉めた切り、それでも一枚上に羽尾って丁度良いくらい。
昨日は二十四節気の一つ白露でした。
確かに日中は真夏日を記録しても朝夕だいぶ涼しくなりました。
処暑が過ぎて秋分になりますが、その半分辺りで草木に朝露が付き始める頃だそうです。
今日も韮崎アメダスは、30.4℃と真夏日でしたが、一日乾いた風が吹き暑さもそれほど感じませんでした。
日暮れもだいぶ早まり、17:〇〇前から車には前照灯を点けて欲しい季節となりました。
そんな夕暮れに掛けるCDは、先日も聴いていた、クロードドビュッシーのボックスセットから室内楽を集めたもの。
180909.jpg
ピアノトリオト長調、チェロとピアノのための夜想曲とスケルツォ、弦楽四重奏曲、フルートのためのシランクス。
中でもアンドレプレビンのピアノ、ジュリー・ローゼンフェルドのバイオリン、ゲイリー・ホフマンのチェロによるピアノトリオが好きです。
弦楽四重奏曲、手持ちのジュリアードSQ盤より、こちらの東京SQの演奏が私好み。
気が付いたら九月も明日で1/3が終わります。
そして、もう来月はハロウィンの季節がやって来るから孫達にお菓子の用意もしなきゃね。
昨年より2人増える筈だから、忘れないようにするからね。
午後から晴れ間が広がり、夏が戻ってきました。
今年発生した中で最も強い台風21号は、明日昼には室戸岬辺りに狙いを定めて上陸するようです。
180903.jpg
この晴れ間は束の間で、当地明日は纏まった雨の予感。
さて、何か聴こうと手に取ったのはクロード・ドビュッシーのボックスセット。
そこから選んだのは、3枚組の管弦楽曲最後のパート、バレー音楽と独奏楽器とオーケストラの作品が収録された一枚です。
1809031.jpg

・バレエ『おもちゃ箱』
 マイケル・ティルソン・トーマス(指揮) ロンドン交響楽団

・ピアノと管弦楽のための幻想曲
 バリー・ダグラス(ピアノ)
 マレク・ヤノフスキ(指揮) フランス放送フィルハーモニー管弦楽団

・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲
 シガード・ラッシャー(Sax)
 レナード・バーンスタイン(指揮) ニューヨーク・フィルハーモニック

・クラリネットとピアノのための小品
 スタンリー・ドラッカー(クラリネット)、レオニード・ハンブロ(ピアノ)

このボックスセット18枚の内、聴いたのは約Ⅰ/3程・・・先は長いですね。
さて、報道各番組でもハザードマップを良く確認するようにと言ってました。
それら番組では、ハザードマップが何処にあるかって言ってなかったようですが、
お住いの自治体のホームページにある防災の項に掲載されている筈。
皆さま、我が家も含め昨今の台風災害は通過ルート上だけに被害が起こるだけじゃなく、秋雨前線も活発化してきますから、全国に渡り思わぬ災害に見舞われるやもしれません。
油断できませんね。

紅雀の頃

韮崎アメダス、今日は気温があまり上がらず、20℃前後で推移しています。
秋雨前線の影響だそうで、未明から早朝雨が少し強く降りましたが、以後は曇り空が続いています。
180902.jpg
南方海上には、台風21号チェービーさんが本土を狙っているらしいです。
勢力が最大級らしく、明日辺りには影響が強まり4日頃には上陸のおそれもありそうです。
今までの教訓からか、某半国営放送局の天気予報やニュースでは、住居周辺のハザードマップを確認して、早めの避難行動を執るよう呼びかけています。
さて、朝から何を聴こうかと迷います。
ブラームスのバイオリンとピアノのためのソナタ第1番なんて月並みですし、太田裕美さんのLP「まごころ」やシングル盤「9月の雨」・・・・うーん・・・チョットなぁ。
結局居間のCDラジオに入れたのは、ジリオラ・チンクエッティさんの雨でした。
そして、本命はユーミンさんの5枚目のLPレコード「紅雀」であり、荒井姓から松任谷姓に代わった初めてのLPレコードでもあります。
そのA面最初の曲が「9月には帰らない」ですね。
20120919212850b7d[1]
あの頃、このレコードがリリースされた頃、まだ私も嫁もそれぞれ独身でした。
街道沿いのレスト喫茶で、仲間たちと一緒にジャブジャブの本物アメリカンで寛いでいた一時を思い出します。
私を始め中にはカップルが生まれ、やがて結婚した仲間もおりました。
もう40年近い歳月が流れ、その店も今はありません。
このレコードを聴くと、あの頃を思い出します。

Powered by FC2 Blog