FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


今週後半の我喫茶きまぐれのお薦め珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
南米コロンビアには、缶コーヒーでも有名なエメラルドマウンテンやナリーニョ等の有名銘柄がありますが、このサンアウグスティンも高級な部類に属します。
産地指定がない一般のコロンビアのグレードもあり、深煎りすると美味しいですね。
今日のサンアウグスティンスプレモ、焙煎度合はシティーロースト辺りを目論んでいます。
ジェネカフェをいつものように235℃に設定し、焙煎開始後15分程で先ず一爆ぜとなりました。
16分経過前に一爆ぜが終わり、17分前に二爆ぜがはじまりました。
二爆ぜの音が大きくなる前にヒーターを切って冷却工程に入ります。
ジェネカフェの修理が完了し、温度管理が楽になりましたが結局頼りになるのは、豆が爆ぜる音を聞き分ける事が重要ですし、豆の色と油の滲み具合も重要な情報源。
IMG_6432.jpg
テイスティングは明日以降の予定、さて、復活したジェネカフェの実力発揮を望みたい処です。
韮崎アメダス、朝の最低気温18.3℃、最高気温25.8℃。
もうアイス珈琲は店じまい(笑)。
午後の珈琲は、マキネッタでタンザニアエーデルワイスを淹れましょう。
スポンサーサイト
昨夜まで時折強い雨も降っておりましたが、今朝は台風一過の晴天です。
放射冷却で、19.2℃まで冷えました。
もちろん日中は最高気温軽く31.6℃と真夏日です。
それでも風も有り乾いた空気で心地よい初秋と云った拙宅付近。
県内でも、強風で学校の屋根が飛んだり、出荷間地かの農産物に被害が及んだ処もあったようです。
焙煎豆も少なくなったので、修理完了後初のジェネカフェ再起動となりました。
タンザニアエーデルワイスの生豆を200gチャンバーに入れ、235℃に設定。
タイマーを一応20分として焙煎開始。
先日交換したブレードスプリングも正常に機能しています。
ブレードに空いたスプリング取付穴付近が擦り減っていますが、もう暫く持つでしょう。
焙煎温度も9分後辺りまでで、設定した235℃まで上昇し一旦ヒーターが切れ230℃で再度上昇と、焙煎温度も安定しています。
修理担当者の方のお話では、次に壊れるのはヒーターだそうですが、焙煎を繰り返す場合、機械の温度が30℃まで冷えてから行う事で寿命は延びるとの事。
まあ、壊れたら直すだけですから特に問題ありませんなぁ。
一爆ぜが終わり、音が静かになってから、シティローストにしようと二爆ぜを目指しましたが、結局その手前、焙煎開始16分経過後でハイロースト程度から冷却開始。
IMG_6422.jpg
仕上がりはこんな具合の焙煎度合。
テースティングは明日以降にする予定です。
一昨日イマイチ調子が悪い珈琲焙煎機ジェネカフェを代理店に持ち込み再修理を依頼。
翌日修理担当者に更に詳しく状況を説明し、前回交換したCPUには問題なく、メイン基板を交換して再度テスト焙煎を行うと言う話。
その後、どうも電源関係のトラブルらしいとの事で、パワーPCBと云うパーツがお亡くなりになっていたことが判明。
基盤も元の物に戻し、件のパワーPCBを交換してテストは良好だそうです。
今朝、代理店へ持ち込み後、48時間でマシンが戻り拙宅でもテスト焙煎。
IMG_6409.jpg

IMG_6410.jpg
焙煎する豆は、昨日発注した豆のサービスとして戴いた、コロンビア・ナリーニョを100g使いました。
いつものように235℃にお設定し、温度の上がり具合を見ておりますと、問題なく235℃まで上がりサーモスタットが切れて230℃で再びヒーターが入り235℃と良い調子。
236℃まで上がりますが、まあ誤差範囲と我慢我慢。
一爆ぜが終わり二爆ぜが始まったらヒーターを切りシティローストを予定したのですが、一瞬音が変わったような気がしてヒーターを切ったため、シティまで引っ張れなかったかもしれません。
唯、問題はその後、チャンバーから聞き覚えのない、金属音がします。
いずれにせよ、チャンバーはまだ高温のため、冷えるまで待たねばならずチョット心配。
一番怖いのは、チャンバーの耐熱ガラスが破損する事。
幸い豆を撹拌するブレードと呼ばれる金属プレート辺りの音のようで、60℃まで温度が下がり停止するのを待って、内部を確認すると、ブレードを吊っているリング状の部品が一つ破損している事が確認できました。
結局テスト焙煎だけで、またもやジェネカフェは、ドック入りとなります。
チャンバーだけの問題なので、それを外して代理店に修理を依頼しますが、パーツ扱いなので、壊れた小さな部品だけ送って来るそうです。
ナントカ掛け合い、代理店の店長さんに取り付けていただく事で一件落着。
恐らく本体の修理より時間が掛かりそうですが、焙煎豆のストックは、リントンミトラとナリーニョが各100gありますので、数日は持つ事でしょう。
まあ、修理担当者の方の話では、7年使いこの状態はとても良いとの事。
しかし高温にさらされるため、経年変化は確実にやって来るようです。
次はヒーターが駄目になるかもしれないとの話。
頑張りましょう(泣)。
陽は射さずとも朝からムシムシと気持ち悪い一日。
湿度が高いと、ツギハギだらけの我、骨から悲鳴が聞こえそう。
一昨日焙煎したアンティグアカペウですが、まあまあの仕上がりとなり、珈琲タイムが楽しいのですが、気掛かりは珈琲豆焙煎機ジェネカフェの調子が悪い状態に戻った事。
堪らず、朝いちばんで本機の取り扱い代理店へ持ち込み再修理を依頼しました。
この間は、持ち込みから拙宅に返却されるまで48時間程でしたが、今回はどうでしょうねぇ。
焙煎できない期間に保険を掛けて、焙煎豆を100g程購入。
インドネシア・リントン・ミトラG1と云う名前の豆、焙煎したてなので明日にならないと味はわからない。
久しぶりに聴くのは、クロード・ドビュッシーのベルガマスク組曲他のピアノ曲を収録したCD。
こんな天気の日、さっぱりと聴きたくなるのがドビュッシーのピアノ曲。
1808281.jpg
いつも聴いているボックスセットからの1枚。
恥かしながら、未だ全18枚の内聴いたのはこのCDを始め数枚だけ。
まあ、焦らずゆっくりと楽しみましょう。

今朝の韮崎アメダス、未明より晴れ渡り放射冷却現象が起きたようで、最低気温 15.9℃と、8月とは思えない低さ。
午後は陽も射さず、少し蒸し暑いが最高気温は29.0℃と真夏日に達しません
180820.jpg
さて、気になるペア台風、19号そーリックさんと20号シマロンさんの行方ですね。
19号は沖縄や奄美諸島方面に向かうようですし、20号は四国地方から九州地方を虎視眈々と狙っているようです。
いずれにせよ、いつどこで竜巻や線条降水帯に襲われるか判らないのが最近の天候。
今週末に掛けて気が抜けませんね。
今日の喫茶気まぐれのお仕事は、午後からベトナムエバーグリーンを200g焙煎しました。
IMG_6397.jpg
初めて焙煎する豆ですが、いつものようにジェネカフェを235℃に設定し、一爆ぜが終わったところで冷却をはじめ、ミディアムローストを目指しましたが、その味は明日のお楽しみといたしましょう。
ベトナムはブラジルに次いで珈琲産出量が多く、3位コロンビアの約2倍もあります。
その割りにあまり知られていないのは、ブレンド用やインスタント用に用いられることが多いためだそうです。
それでもこのベトナムエバーグリーンは、良質で粒揃いの大粒な豆。
明日のテースティングに期待してしまいます。

Powered by FC2 Blog