プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


グアテマラ・アンティグア・カペウ、焙煎後二日目にやっと味を見る事ができました。
ミルで引いてみると、ナッツフレーバーが立ち上がり、期待が持てる感触。
挽いた豆を濾紙に移し、ゆっくり蒸らした後、お湯を注ぐと・・・・・・。
如何にも「珈琲を淹れているんだよ」と云う雰囲気が辺りに漂います。
味は、爽やかな酸味と柔らかい苦味の奥に潜む僅かな甘みが楽しめます。
この豆も大当たりですが、今回はサンプル豆を戴いて焙煎したわけで、通年メインメニューに載せるには、無理がありそうです。
この豆、チョット品質的に落ちますが、グアテマラ・アンティグアとして、某大手焙煎チェーン「何とか問屋」で、10月のおすすめ限定豆として、100g税込330円で扱っているようです。
よろしければ、お試しあれ。
さて、昨日気になったベートーベン、ピアノソナタ31番第2楽章のアイス、ご近所の牛乳缶マークのお店で138円也(238円でした)で購入し、冷凍庫に仕舞い、先程食べてみました。
31番第2楽章のアイス
もう少し温めてからの柔らかな方が良かったようですが、固いままでもまあ美味しい。
しかし、コマーシャル費用に相当持ってかれてるようで、コスパはチョッと低そう。
まあ、何とか坂46とか云う可愛いお姉ちゃん達が美味しそうに食べてるコマーシャル。
それに乗せられて私も味見したわけですねぇ。
このコマーシャルは、こちら→ピアノソナタ31番第2楽章冒頭
ごちそうさまでした。
我喫茶きまぐれ、あくまでもウェブ上に私がでっち上げた仮想自家焙煎喫茶店に過ぎませんが、一応ホントに珈琲豆を焙煎して主人と常連客を演じております。
ググると、リアルな「喫茶きまぐれ」も存在しているようですが、そちらとは一切関りがありませんので、念のため。
自家焙煎なんて、それ程面倒じゃありません。
今を去る事四半世紀前、このギョウカイに足を突っ込んだのが運の尽き。
それまでは、焙煎豆を購入し、ドリップして飲んでいたのですが、某生協の陰謀に陥れられたがため、自家焙煎なんぞと云う分不相応な趣味を持つように至りました。
用意するのは、焙煎用の器具。
一番安価なのは、手網焙煎と云う方法。
手網
このような手網(銀杏や胡麻も煎れます)を使い生の珈琲豆を底に重ならないように入れ、コンロ等の上で強火の遠火で、焙煎します。
この間、手網を均一に振り、焙煎むらが無いようにします。
尚、最近流行りの電磁式コンロは、使えません。
直火のガスコンロ或は、炭火等の七輪で焙煎します。
焙煎を始めると、豆表面の皮が剥がれ、辺り一面にまき散らす事になります。
つまり、キッチン等の掃除が大変であることを、前もってご承知おきください。
暫く煎り続けるけ、豆の色が青みがかったグレーから、褐色に変わり始め、パチパチと云う爆ぜる音が聴こえます。
これが一爆ぜです。
なおも焙煎を続けると、爆ぜる音が一時止み、まめの色の褐色が濃くなってゆきます。
この辺りが、ミディアムローストでしょうか。
火から降ろし、急いで平たい皿に豆を移し、団扇で冷まします。
これでミディアムローストの完成。
その後、更に焙煎を続けると、小さく再度爆ぜる音がしますが、これが二爆ぜになります。
二爆ぜが始まる処で、火から降ろし、冷ますと、シティローストでしょうか。
更にこのまま焙煎を続け、二爆ぜが最高潮に達する辺りで火から降ろし、冷ますとフルシティーロースト。
更にすすむと、煙が多く立ち上り、豆の表面に油が大量に浮き始めます。
ここまで焙煎が進むとフレンチロースト、イタリアンローストになります。
これ以上煎り続けると真っ黒な炭と化し、飲用不可ですね。
費用的には、豆煎器(珈琲豆、銀杏、胡麻)が1,000円前後。
珈琲生豆は、ネット販売もありますし、自家焙煎の珈琲豆を販売しているお店と交渉する事もできます。
私は後者のプロの煎豆屋さんから、豆を購入しています。
豆によって価格は、ピンキリ。
先ず、安い豆を少しだけ買って練習あるのみ。
珈琲豆の焙煎は、手網を振り回すので、体力勝負です。
2,000円も予算があれば、充分遊べますよ。
私だって、ジェネカフェなんてエレキテルな装備を導入する前20年近く手網焙煎で、煎っていました。
先ず手網焙煎で、自家焙煎の楽しさを知ってから、機械を使って本格的に遊ぶのも良いと思います。
スポンサーサイト
今週後半の珈琲は、グアテマラSHB・アカテナンゴ・テフヤを使います。
中米グアテマラ共和国の首都グアテマラシティから西へ65キロ程離れた、アカテナンゴ地域にあるテフヤ農園で生産された珈琲豆との事。
SHB(ストリクトリーハードビーン)とは、標高により7等級に分けられた内の、標高1,350m以上の高地で生産された珈琲豆だそうです。
今回使うのは、煎豆屋さんから以前戴いたグアテマラ産のサンプル豆3種類の一つです。
100gあるので、ジェネカフェで焙煎できます。
240℃に設定しシティローストを目標にして焙煎開始。
一爆ぜが終わり暫く経ってから、ようやく二爆ぜが始まり豆の色を視ながら16分後辺りから冷却します。
焙煎前と後の画像は、こちら。
グアテマラアカテナンゴテフヤ生

焙煎後
午前中に焙煎を終え、昼食後一杯試し飲みしましたが、酸味より苦味を強く感じました。
本来の味を試せるのは、明日以降になります。
プロコフィエフ作曲チェロとピアノのためのソナタハ長調作品119を久しぶりに聴きながらのブログ更新。
プロコフィエフ
プロコフィエフ晩年の1947年から1949年に掛けて作曲されたそうですね。
初演は、1949年ロストロポーヴィチのチェロ、リヒテルのピアノで非公開で行われたとの事。
ショスタコ辺りの同作品とくらべ、とても親しみやすいメロディーです。
マイクル・グレバニールのチェロ、ジャネット・グッゲンハイムのピアノ。
このナクソスのCD、プロコのSQ全部と唯一のチェロとピアノのためのソナタが収録されていて、お得感抜群。

Youtubeを漁ったら、1950年公開初演と思われる、ロストロポーヴィチとリヒテルの演奏がありましたので、貼っておきます。
お二人とも若々しい頃のようですね。
今朝の韮崎アメダス、最低気温が20℃代まで下がり、やはり処暑??。
それでも最高気温は33℃オーバーとなり、甲府では、もちろん猛暑日。
嫁に無駄だと云われようと、朝一の理髪店でさっぱり。
長男宅の2番目の孫が風邪を引き、高熱のため保育園に登園できず、拙宅で保育。
39度の熱が有ろうと、さすが4歳児、元気です。
嫁が連れて小児科を受診しても、単なる夏風邪だとの事。
私はその間に今秋後半用の珈琲豆を、ジェネカフェで焙煎。
IMG_5637.jpg
こちら、その焙煎中の画像。
そろそろ豆の色が褐色に替わり始めた頃。
この後、一爆ぜが始まり、音が静かになった処で豆の色と煙の様子でシティ程度に仕上げました。
コロンビアと、ブラジルを半々に混ぜた、安価な豆。
そのため焙煎の調子で、味が決まると云った処でしょうか。
前回二爆ぜで煙が多くなるまで焙煎しましたが、チョット今一だったので、早めに冷却。
タイミング的にもう少し早くヒーターを切った方が良かったかどうか??。
秒単位で味が違っちゃうから、自家焙煎はオモシロイ。
夕方、一杯試し飲み。
酸味、コク、香り、苦味がバランス良く、そして苦味の向こうに僅かな甘みが残るような味。
コスパが高く、贅沢言わなきゃ充分な珈琲。
マジ、今週のスペシャルティ珈琲たる「ウガンダアフリカンムーン」のフルシティより遥かに美味しい。
明日辺りには、結構楽しめる味に仕上がりそうです。
今朝も相変わらず冬の毛布に包まって寝ておりました。
さすがの嫁も昨夜は窓を閉めて・・・・タオルケットなんぞの出番なしの今夏と残暑。
時折雲が遮る事があっても、朝から充分な日差しが久しぶりに差し込みます。
韮崎アメダス、最低気温は、21.6℃、最高気温31.4℃とこの季節にしては、やはり少し低め。
この天候が暫く続くことを・・・・と願いたい処。
先日焙煎した、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモも後一杯でオシマイ。
生豆も在庫が心細いので煎豆屋さんへ、メールで上記生豆を1kg発注。
今夕、届けて頂けることでしょう。
そんなわけで、今日焙煎する珈琲豆は、珈琲豆をストックしている棚に有った「ウガンダ・アフリカン・ムーン」と云う豆。
ジェネカフェを240℃にセットし、200gの豆を入れて焙煎開始。
豆の爆ぜる音と焦げ色、そして香りで、シティローストに挑戦。
一爆ぜが終わり、静かになり、そろそろ二爆ぜか?と云った処で冷却開始。
でき上りの味と香りは明日のお楽しみ。
久しぶりに聴きたくなったハイドンのピアノソナタ。
3つのロンドン・ソナタから2曲目のハ長調Hob.XVI50。
特に第1楽章の冒頭が好きですね。
ワルター・オルベルツの全集を引っ張り出して聴いております。
IMG_5598.jpg
この薄いボックスを探し出すのに一苦労。
レコードの時代ならいざ知らず、ストックしている狭い棚に3列に押し込めていると、欲しいCDを取り出すのも一苦労。
広くて大きなラックがほしいのですが、まあ絶対に無理。

Youtubeからも良さげな演奏を貼っておきます。
今朝は、寒くて目が覚めました。
さすがの嫁も窓を閉めて昨夜は就寝。
何とかウォームと云う冬用毛布でも寒い・・・こりゃ羽毛布団の出番なんてね。
送り盆の朝、小雨が降る肌寒くて、とても「残暑厳しき折」なんて常套句が嘘のよう。
おかげで、アイス珈琲なんて飲み物の存在をわすれそうです。
今朝の韮崎アメダス最低気温は、21.1℃。
以降余り気温は上がらず、一瞬だけ23℃代になりましたが、殆ど22℃代と肌寒い。
昨年も暑い夏は短く、秋の訪れが早かったような気がしますが、今年は、更に早すぎる?。
この後、再び残暑が盛り返すと云われていますが、大丈夫でしょうか。
昨日焙煎した、タンザニア・エーデルワイス・AAですが、シティローストで程よい苦味と僅かな甘みの余韻が残る芳醇なコクが楽しめます。
エージングが更に進むと、なお一層美味しくなるのですが、その頃は底を付くのが通例。
我喫茶きまぐれの珈琲豆焙煎は、ジェネカフェと云う昨日も掲載したこちらの画像のように、ご商売なさっている自家焙煎のお店用じゃない、あくまでも家庭用の装置。
IMG_5593.jpg
一度に焙煎できる豆の量は、最大250gだそうですが、私は適量の200gずつ行っています。
まあ、200gあれば、十数杯の珈琲を淹れる事ができるので数日は持ちます。
ところで、昨日焙煎した、タンザニア・エーデルワイス・AAについて、どのような豆かと申しますと、アフリカ大陸の赤道南側の国タンザニア連合共和国にあるキリマンジャロ山山麓の北部都市、アルーシャの西170kmに位置するオルディアニ地区内、標高1,700mの高地にある、エーデルワイス農園で収穫された最高ランクの珈琲豆だそうです。
タンザニア産の珈琲と云うと通常キリマンジャロと云うブランドが脳裏を横切りますよね。
本来キリマンジャロ付近で栽培された珈琲豆の筈ですが、広義だと、タンザニア産すべての水洗式アラビカ種コーヒー豆全てがキリマンジャロの名称を利用することができるため、
他と差別化を図るため、あえて栽培されている農園の名前を付けて販売しているとか。
こちらの農園、土壌は赤土で非常に肥沃な上に、年間降水量はおよそ900ミリと豊富でコーヒーの栽培には最も適した条件だそうです。

Powered by FC2 Blog