プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


今週後半の珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
100g毎の焙煎だと、下手すると毎日焙煎する必要がある上、豆によっては、焙煎後のエージングが間に合わない事もありました。
そこで、旧来どおり200gずつ焙煎するように変更。
少しだけ深煎りを味わえるようにシティーローストを目指しましょう。
一爆ぜが終わり、二爆ぜが始まる頃ヒータを切りました。
この辺りが結構難しい処。
10秒の違いで油でテカテカに光るようなり、フルシティーを軽くオーバーし、まるでフレンチローストに近くなりますからね。
個人的な嗜好として、余り深煎りの豆は好みません。
皆同じ煙たい味わいになってしまい、折角のスペシャルティ珈琲が個性の欠片もないようになります。
ス〇バの紙コップコーヒ、皆同じように煙いだけの珈琲。
こんな煙たいのは、ミルクとお砂糖を足して珈琲牛乳にしちゃいましょ。
あくまでも、私の好みなので悪しからず。
フツウの皆さんは、珈琲の酸味を嫌うそうですが、私は酸味を好みます。
一爆ぜが終わり切らない程度のモカイルガチェフG1、大好きです。

Youtubeから、J・S・バッハ作曲の世俗カンタータ、「お静かにお喋りめさるな」BWV.211。
そう、珈琲カンタータと呼ばれている名曲。
その中から、一番好きな3重唱を貼っておきます。
この曲こそ、我喫茶気まぐれのテーマソングです。
スポンサーサイト
昨日梅雨入りした当地、夏日予報の筈が、梅雨寒で21.8℃がやっとの韮崎アメダス。
朝から作業標準の対応に追われ、気が付いたら既に昼前。
午後は、今週末から必要になるタンザニア・エーデルワイスを100gジェネカフェで焙煎。
240℃の設定で、シティローストを目指す。
14分18秒、丁度二爆ぜが始まる処で、冷却開始。
焙煎豆の表面が、ほんの僅かに油分で滲む程度の焙煎度合。
詳細は明日以降に飲んでみてからのお楽しみ。
通常、タンザニア産すべての水洗式アラビカ種コーヒー豆をキリマンジャロと呼称する事ができるそうですが、当喫茶きまぐれで使うタンザニア産の珈琲豆は以前も投稿したように標高1,700mにある、エーデルワイス農園で収穫されたもの。
在庫がある間はこの豆を使いますが、無くなり次第、タンザニア・AA・キボーに切り替える予定です。
キボーとは、キリマンジャロ山中で最も標高が高い峰だそうです。
その名のとおり、タンザニア産の豆の中でも最上級グレードの豆に使う呼称だそうです。
明日は金曜日、週一のリアルなオシゴトで出勤ですよ。
私のように体に多くの不調を抱える人間にも、仕事があるのはありがたい話と思わねばなりません(ハローワークで以前言われちゃいました)。
薄給のアルバイトですが、厚生年金の報酬比例部分だけが支給される我身にとっては、多少なりとも助かる金額(本音は、もっと欲しい)。
明日は、遅れている各部署の品質目標の作成を考えなくてはなりません。
アルバイトの身分で、そんな大それた事をしなければならないとは、トホホの極み。
好きな音楽と好きな珈琲豆を挽いて、1杯淹れて楽しむ優雅な時間。
明日はそれができません。
朝忙しく食前のモーニング珈琲、そして通勤途中一休みの7時11時で100円の珈琲。
職場での10分休憩はインスタントでカフェイン補給。

明日の代わりに気分だけでも好きなヒンデミットのヴィオラとピアノのためのソナタ作品11-4なんて、どうでしょうか。
とても珈琲に合いそうな音楽だと思うのですが・・・・・・。
ここ2ラウンド程珈琲豆の焙煎を従来の200gずつ行っていたものを100gに変更し、できるだけ焙煎後の鮮度を落とさないようにと、試行錯誤の日々。
まあ、昨日お邪魔した商売敵?ご近所CAFE-TRETARさんの美味しい珈琲(向こうはプロフェショナル)に圧倒されたと云うわけでもありませんが、頑張ろうと云った処です。
豆の量が少ないと、加熱を止めた後もジェネカフェ・チャンバーの余熱による焙煎度合の進み方も多いようで、そこを調整しなければならない処。
前回は、コロンビア・サンアウグスティンでしたが、今回はタンザニア・エーデルワイスを焙煎。
今日で焙煎後2日経過し、だいぶ味もコナレたように思います。
難点は、長くても数日サイクルで焙煎しなければならない事。
簡易的な焙煎機であるジェネカフェでありますが、当日の気温に寄って、焙煎の進み具合、冷却の時間も変わっているため、いつも同じ味を保つのは至難の技。
焙煎度を見極めるのは、豆の色、排気の香り、一爆後の時間経過、豆の温度、焙煎時間。
明日は、モカイルガチェフG1コチャレを焙煎する予定。
こうやって好きな珈琲豆を選び、自家焙煎で珈琲を味わうのは、分不相応な贅沢。
お金はありませんが、時間は充分ありますから、楽しみながら珈琲豆を焙煎しております。
焙煎が上手に行かず、珈琲の味が変わってしまっても私一人がお客様ですから我慢しますよ。

珈琲が大好きで、毎回60粒の豆を数えて珈琲を淹れていた、ベートーべン先生に敬意を表し、大好きなピアノソナタ第24番嬰ヘ短調作品78テレーゼをYoutubeから貼っておきます。
小さなソナタですが、30番と同様好きな曲の一つです。

珈琲と自転車

今朝嫁が美容院に出掛けたのを良い事に、月初お邪魔した拙宅近くの商売敵(笑)のお店で、エチオピアモカシダモAベンサ村の浅煎珈琲をいただきました。
モーニングサービスのトーストは卵サラダをチョイス。
もう、ビンビンなモカフレーバーが漂い、前回いただいた時より数段上を行く感じで恐るべし。
我、喫茶きまぐれの珈琲より絶対美味しいと思います。
これがモーニング付き400円ならコスパ最高。
お替り自由ですし、ここはユックリとモカの馥郁たる香りを堪能したい処。
お店の名前は「CAFE・TRETAR」スウェーデン語で「三杯目の珈琲」と云う意味だそうです。
つまり、3杯ぐらい飲んでってね???って処でしょうか。
ウェブ環境も充実してるようですから、長居したくなりますね。
ウェブアドレスは、「ここ」です。
店内 外観
帰宅後、山梨地方紙の訃報欄に先日も孫達のBMXでお世話になった、BMXプロショップ「sea gull」のご主人の事が載っておりました。
体調を崩され、店を開けない日が多くありましたが、余りに急な事で驚いています。
お店、そして後継の方が居られるのか心配です。
BMXって、普通のスポーツサイクルのセンスじゃ、調整できないと云う微妙な処が有る自転車なのだそうです。
ロードやMTBのように四角四面に調整したら、逆に直ぐ壊れてしまうような不思議な自転車とか。
以前、地球温暖化防止協議会に於いて、自家用車の利用を減らし自転車利用の普及を図る目的で行われたシンポジウム「チャリンコde山梨・マイカーからマイサイクルへ」でもパネラーとして一緒に活動させていただきました。
旧記事「チャリンコde山梨」をご覧ください。
謹んでお悔やみ申し上げます。
未明から雨が降っています。
久しぶりのお湿りです。
我喫茶きまぐれ、先程在庫が底を着き始めたモカ・イルガチェフ・G1・コチャレを煎豆屋さんへメールで発注。
おそらく今夕ご主人が帰宅がてら、お届けいただける事でしょう。
今週お薦めのスペシャリティ―珈琲は、コロンビア・サンアウグスティン・スプレモ。
一昨晩ジェネカフェで200g焙煎しました。
焙煎温度と時間を240℃20分に設定し、チャンバーの温度が100℃に達するまでの時間、豆の色、排気の匂いなどを考慮(笑)しながら、一爆ぜが終わって一呼吸置いた13分48秒でヒーターを切り、以後60℃まで冷却運転。
先程朝餉の後確認した処、ハイロースト程度に仕上がったようです。
先日も投稿したように焙煎後5日目辺りが一番美味しいそうですから、エージングの後が楽しみですが、その頃はだいぶ減っている筈。
いくら珈琲好きでも自家焙煎まで手を染める方はそれ程多くないと思います。
今回は、そんな成り行きを少しお話しようかと考えました。
以前も一部投稿した事がありますが、ご容赦ください。
今から四半世紀近く前、それは某生活協同組合の共同購入からはじまりました。
大手ではない、珈琲会社の各種焙煎豆を取り扱かっておりました。
ある時、本物志向と云う触れ込みで、珈琲豆を自分で焙煎してみませんかと云う案内広告がはいりました。
焙煎用の小さな手網とキリマンジャロ生豆がセットになり、1,000円で充分お釣りがくる程度でしたから、やってみようと即注文。
手網焙煎も初めてみると結構面白く、焙煎直後豆を挽いてドリップすると感慨深い思いもして悦に入ったものでした。
以後暫く同生協から生豆を取り寄せておりましたが、いつしか注文書に珈琲生豆の欄が消え、その小さな珈琲会社の製品の代わりに某大手珈琲会社の焙煎豆に替わっておりました。
もちろん手網があるわけですから、珈琲豆の焙煎をしたいわけですよね。
同生協曰く「注文が少ないから取り扱いを止めた」との事。
私の勤務先であろうと、普通そのような場合、それなりの代替措置を講ずるか、きちんとした説明を消費者にするのは、メーカーとしての最低ルール。
それを一方的に何の前触れも無く反故にした生協に腹が立ち、その後生協と云う業種を信じられませんでした。
最近、私も丸くなったのか、嫁が再び別の生協から食品等を購入したいと云うので、やむなく了承しましたが、心の何処かに生協に対する不信感は残っています。
珈琲豆については、ご近所筋向いに煎豆屋のご主人がお住いだった事を思い出し、お店で焙煎する生豆を分けて欲しいとお願いした処、快諾していただき現在に至るわけです。
その後20年近く手網焙煎を続けておりましたが、キッチンにチャフが大量飛散する事が嫁の逆鱗に触れ、ジェネカフェを用いた機械焙煎に切り替えたわけです。
手網焙煎を続けていたお蔭で、珈琲豆の焙煎についても多少拘りと持つ事ができ、今も試行錯誤ですが、美味しい仮想自家焙煎珈琲店、「喫茶きまぐれ」を目指しております。


Powered by FC2 Blog