FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


今日も喫茶きまぐれは、珈琲豆の焙煎作業に追われています。
グアテマラアンティグアカペウ、一爆ぜチョイで焙煎を止めたので、ミディアムロースト程に仕上がり、香り酸味そしてふくよかな風味が快い珈琲となりました。
昨日帰宅途中で、珈琲ブレイクしたお店でモカイルガチェフG1コチャレが安価だったので、100gだけ一爆ぜが終わった処で、焙煎を止めて欲しいと申しましたら、ミディアム+12秒で仕上げたとの事?。
一日経って、飲んでみましたら、私好みの爽やかな味と柑橘系を想わせるような香りです。
いずれにしても心細い豆の量なので、今日も朝から焙煎作業を続けます。
来週前半に使うメインの煎り豆は、タンザニアエーデルワイスです。
IMG_6579.jpg
ジェネカフェを例によって235℃20分に仮設定し、焙煎開始。
立冬が過ぎたと云うのに気温が高めなので、温度の上がり方が少し早いようです。
開始9分後に焙煎温度付近に達し、13分後には一爆ぜが始まりました。
15分辺りで一爆ぜが止み、後は聞き耳を立てて二爆ぜの音を待ちます。
二爆ぜの音が景気よくなる手前でヒーターを切り冷却を始めたのは16分過ぎ辺りでした。
これでシティローストに仕上がった筈なのですが、テースティングは明日以降になりましょう。
IMG_6580.jpg
使う珈琲豆によって、焙煎度合をいろいろ変えて好みの味を見つけます。
これも自家焙煎珈琲の楽しみの一つです。
四半世紀前に比べ、私のように家庭で珈琲豆の自家焙煎をする方も多くなったそうです。
今はネット通販で、簡単に珈琲生豆を手に入る事ができますからね。
スポンサーサイト
雨模様でも暖かな一日。
この季節最高気温が15℃以上あれば大丈夫。
これ以上冷えると手先まで血流が届かず、掌が白く指の感覚が乏しくなる事があります。
αβ遮断薬を服用しているためだと、思われます。
この雨が上がると冬が近づく様な気がする、明日は立冬だそうです。
そんな季節感とは全く関係ありませんが、朝から喫茶きまぐれのオシゴトを進めましょう。
マンデリンG1の残りをサンアウグスティンスプレモに混ぜて淹れた、朝の珈琲、意外にも美味しい。
今朝焙煎する豆は、グアテマラ・アンティグア・カペウです。
グアテマラと云うと、今朝のニュースで邦人女性二人が、家の中で強盗に遭って死亡したとの事。
かの地は治安が相当悪いそうです。
トランプ閣下が、目下中間選挙の遊説先でも目の敵にしている、ホンジュラスの移民キャラバンが通過して、さらも膨れあがり新たな移民キャラバンが発生したグアテマラ。
治安の悪化や困窮から逃れるため、アメリカを目指し移動しているそうです。
喫茶きまぐれで使っている、アンティグアカペウは、APCA(アンティグア生産者組合)の正規認証を受けた豆を使っています。
少しでもグアテマラの経済発展に役立ってほしいですね。
さて、ジェネカフェの温度を235℃、タイマーを20分に仮設定して焙煎開始。
規定の焙煎温度に達するまで10分程。
IMG_6568.jpg
開始12分後頃に一爆ぜが始まり、13分30秒後に音が消えました。
チャフの剥げ具合と豆の色を見ながら14分後頃、ヒーターを切って冷却開始。
これでおそらくミディアムロースト辺りに仕上がった筈。
この豆独特なフルーティさを味わうため、この辺りで様子をみます。
IMG_6569.jpg
テースティングは明日のお楽しみと云う事で。
上記でも述べましたように珈琲豆の主要産地の多くは、貧困による治安の悪化と情勢不安の問題を抱えています。
正規ルートで輸入された珈琲豆を使用する事で、多少負担が多くても主要産地の方々の生活が豊かになる事を願ってやみません。
幾ら正規と云えど、中間搾取があるかもしれません、でも少しは貧困の解消に役立つ筈です。
お寒うございます。
韮崎アメダスもとうとう最低気温が1.6℃まで下がったそうですし、甲府気象台では初霜を観測したとの事。
氷点下の気温や初氷を観測するのも時間の問題ですね。
さて、今日も喫茶きまぐれは、珈琲豆の焙煎がオシゴト。
月曜日に煎豆屋さんから届いたコロンビア・サンアウグスティン・スプレモをシティローストに仕上げる予定です。
ジェネカフェを235℃タイマーを20分に設定するのはいつものこと。
チャンバーに生豆を200g計り入れ、焙煎開始。
開始10分程で設定温度に達し、13分頃一爆ぜが始まりました。
14分後頃一爆ぜが終わり、ここからが重要。
耳を澄ませて二爆ぜの音を待ちます。
豆の色が僅かに輝き、二爆ぜが連続してきた処でヒーターを切り冷却開始。
近くの窓を開け放ち、冷気を取り込み一気に冷却すると、見る見る温度が下がるのが分かります。
60℃以下まで下がると自動的に停止。
IMG_6554.jpg

IMG_6555.jpg
あとはコロンビア豆用のキャニスターに入れてオシゴトはおしまい。
1811011.jpg
残った生豆は、1kg保存できるミニチュア麻袋に入れ替えて保存しました。
IMG_6552.jpg
夜になっても朝焙煎したこの豆特有の甘い香りが、まだ家の中に残っています。
明日はリアルなオシゴトの出勤日、テースティングは明後日辺りかなぁ。
今朝は、5.3℃まで冷え込んだ韮崎アメダスですが、日中は21.1℃まで気温が上がり、日格差は15℃以上になりました。
当地では暫く晴天が続くそうで嬉しいですね。
さて、喫茶きまぐれでは、今日もオシゴトいそがしいですねぇ。
今週お薦めの珈琲は、少し深煎りのマンデリンG1です。
IMG_6550.jpg
こちらが焙煎前のマンデリンG1生豆です。
いつものようにジェネカフェのガラスチャンバア-へ200gの生豆を計り入れ、235℃でタイマーを20分に仮設定して準備完了。
焙煎開始9分弱で230℃の焙煎温度に達しました。
開始13分30秒頃先ず一爆ぜが始まり、二爆ぜを目指します。
二爆ぜがの音が比較的小さかったのですが17分50秒でヒーターを切り冷却開始。
近くの窓を開け冷気を引っ張り一気に冷却しました。
IMG_6551.jpg
容器に移すと、煎り豆表面は僅かに光る程度で、見た目は良い塩梅のようですが、エージングが終わらないと味は判りません。
明後日はハロウィン本番。
内孫達のお菓子も揃えて準備万端と云った処です。
雨音で起こされましたが、昨日より更に気温の高い朝です。
そんな雨も朝方に上がり、午前中から陽が射し始め急速に天候が回復。
風も弱く久々に22℃台まで気温が上がる暖かな陽気。
月曜日まで晴れマークが続くようで嬉しい週末です。
一昨日焙煎したタンザニアエーデルワイスAAの豆もだいぶガスが抜けたようで、美味しくなりました。
不思議なのは、特売のブラジルとコロンビアのブレンド豆すら、甘味が増しふくよかに香るようになった事。
これも天候によるものかもしれませんし、私の気分的なことが関係しているかも。
珈琲なんて、所詮そのときの雰囲気で味が変わるわけで、難しい処。
昨日投稿したようにインスタント珈琲と云えど、充分満足できる事もありますしね。
コロンビアサンアウグスティンスプレモの在庫豆が減ってきたので、朝一番に煎豆屋さんへ発注メールを入れました。
上記珈琲豆は、明後日月曜日夕方には届くとの事。
所詮仮想自家焙煎喫茶店ですから、生豆の在庫も精々1kgが精一杯。
しかも豆の種類だって、数種類がいい処ですからね。
なんせ、この店の運営資金は僅かなアルバイトと年金収入だけです。
とてもブルマンとかエメマンなんて高級な珈琲を用意する事はできません。
嗚呼、来年は消費増税だそうです。
たいへんですなぁ。
なんて他人事じゃありませんよ。

Powered by FC2 Blog