プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ


5R ??

廃棄物の削減:つまりゴミを減らすにはどうしたら良いでしょう?
最近だと、「ゴミを分別してリサイクルする。」と言う答えが多い。
でも、又エネルギーや手間隙を掛けてリサイクルしてもナー
と言う意見も多い。
本来、リサイクルは最後の手段。ゴミを燃やして熱源にするのも『サーマルリサイクル』と言います。
まず
REFUSE(リフューズ) :使わない(本当に必要なものだけを購入)
REDUCE(リデュース) :減らす(長く使えそうな製品を必要なだけ購入)
REUSE (リユース)  :再使用(缶ビールをやめて壜ビールを飲もう)
REPAIR(リペア)   :修理する(何でも修理して長く使う)
そして最後に 
RECYCL(リサイクル) :別の用途に利用する(缶ビールの空き缶を有価物として分別する)   
これを5Rと言います。
マスコミでは、3R「リユース・リデュース・リサイクル」を訴えていますがこれからは5Rで生活しませんか 
スポンサーサイト

バイオ燃料??

ぶどう糖等を扱う営業マンと立ち話。
現在、ぶどう糖や果糖などの食品に使用する糖類の原料は、とうもろこしを使っています。
これがバイオエタノール原料でもあるわけで、価格の高騰がひどいらしい。
又、家畜の飼料でもあるため、こちらへもしわ寄せが多いとの事。
勿論、元々食べ物でもあるわけで、それぞれの思惑が絡んで大変なことになっているそうです。
しかもバイオエタノール増産の思惑からか、穀物ファンドが値段を吊りあげ、価格高騰に拍車を掛ける始末だそうです。
本邦等富める国??は兎も角、貧しい国々は困惑している事でしょう。
確かに植物由来のエネルギーは、名目上炭酸ガスの排出が無いと見なされるので魅力的ですが、何か腑に落ちない物を感じます。
やはりクリーンなエネルギーは、太陽電池でしょうか?

昨日は、所属している環境カウンセラー協会の会員として、ボランティアセンターの「子供の広場」というイベントに出席しました。
雨水利用の促進を図るため、作成した家の模型??を使って実際に水をかけて雨水回収を実演しました。作成したプレゼン用スライドショーも好評で、雨水利用タンクも注文が数件ありました。地球温暖化防止を訴えるための活動ですが、引率のご父兄に興味深く関心を示していただきましたが、はたして肝心の子供たちの理解を得られたのか疑問が残りました。

眼科検診

昨年の人間ドックで、眼底出血が見つかり、それ以来眼科の通院も月一となりました。
元々私の家系は、網膜が弱く剥離しやすいため、眼科検診は欠かせません。
母、長男、二男も発病しており、私の網膜も危ないとの事です。
幸い眼底出血は、一過性のようで、現在はその痕跡もないとのこと。
今日は、眼底検査のため、瞳孔が完全オープンになってしまい、ピーカンの天気は最悪でした。

熊との共生?

昨夜は、熊との共生を考えるシンポジュウムに出席しました。
私は、フィールドで今まで一度も熊に出会ったことがありません。
もっともいつでも熊避けの鈴を大きな音で鳴らしていますが?
「熊を保護しよう」という志は、理解できますが、果たして奇麗事だけですむ問題ではありません。
最終的には、熊の頭数制限を行う必要に迫られるのは、明白でしょう。
まもなく熊さんたちが冬眠から覚める頃、何事も無ければいいのですが。

通院

今日は、月一の通院日。
一昨日の予定だったのだが、姪の結婚式のため変更。
会社を休んで自転車で通う、特に異常は、無いのだが、
PT-INR値が上がらないので、ワーファリンの処方が0.5ミリグラム
増えて、計4ミリグラムになりました。
食生活は、相変わらず減塩、納豆厳禁を継続中なのですが??
昨日は、娘をROCKに送った後、大泉で行われた「八ヶ岳の森シンポジュウム」に出席。
観光と環境保護の両立、そのキャパシティーとオーバーユースの問題等が問題提起されました。
でも、明確な結論は出ませんでした。
一概に片付けられない問題であり、仲間内では理解できても広く一般の地元の方々に受け入れていただくには、まだ無理だと思います。
現在、雨水利用プロジェクトに向けたプレゼンテーション用ファイルの作成中です。天然の蒸留水である雨水を利用して、地球温暖化を少しでも食い止めようと活動中。昨日、Z氏よりのメールで雨水利用のスゴイ模型の設計図が届きました。さすが、環境配慮のプロが設計しただけあって立派な図面です。私も資料をそろえてがんばりましょう!

Powered by FC2 Blog