プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


ハロウイン?

10/31日今日は、ハロウイン。
勤務先のケヤキもだいぶ色付き、落ち葉の数も増えています。
BGMは、ルドルフ・ゼルキンが弾くベートーベン3大ピアノソナタ、月光、悲壮、熱情がセットになったもの。特に月光が凄すぎる演奏。
もちろんレコード。
明日から石油製品の大幅値上げとの事、セルフのガソリンスタンドは、道路脇まで給油待ちの車列が続く有様。庶民のささやかな抵抗のようです。今夜は、新しいVistaマシンでこのブログに投稿。いつもIBMの業務用のジャンクボードを使用しているためか、この付属キーボードは、ストロークが浅くしかもピッチが狭い印象を受けます。その上スタンドを使用しても傾斜が緩やかなせいか使いにくいようです。
そのうち何とかなるでしょう。アダプテック2940の性能確認のため通常同2920でPC98に接続しているICMの230MOドライブを接続したところ、認識できるばかりで無く、非常に速いようです。全マシンがLANで接続されている訳なので、わざわざSCSIを使う必要もないのですが、せっかく今でも信頼性抜群の上、業界標準なので使います。でも、今までのXPや2000等全てのOSに標準搭載されていたドライバーがvistaには、搭載されていません。アダプテックのサイトよりダウンロードして使用しています。今やSCSIは、落ち目の一途です。でもUSBより信頼が持てると思うのは私だけでしょうか。
BGMがアートファーマーカルテットのモダンジャズに替わりました。
トランペットとベースがいい味を出しています。
唯、新しいvistaマシンとMOドライブの音が大きくて音楽鑑賞になりません????。
スポンサーサイト

パソコンの設定

昨夜パーティションも約250Gと50Gに切ることができ、Vistaも先頭シリンダーにインストールできました。現在、MS Office professionalをインストール中です。と思ったら、もう終了?Vista本体のインストールの際も感じたことですが、処理がとても早いようです。
おそらく近いうちにvistaマシンがメインマシンの栄誉を受ける事になるのでしょう。唯、私はひねくれもの故、未だPC-98も使用しております。
スキャナ関係は、こちらの方が使いやすいためです。
通常作業では、どちらにしても同じ事ですが、新しいパソコンの方がRAMが大量に入っているので使いやすいようです。因みにPC-98には、128MのSIMMが積んでありますのでWindows2000も動きます。このXPマシンは726MのDIMMが積んであります。vista関係は、ノートディスクトップいずれも2GのMEMORYを積んでいます。贅沢言わなければこれでしばらく充分でしょう。
良い時代になったものです。1GのUSBメモリーが2000円以下で買えるのですから、昔に比べベラボーに安くなりました。
昨日の県産材普及のイベントで、一番物欲を刺激されたのは、ソーラークッカーだった。取り扱いを安易に考えると相当危ない調理器具なのだが、庭先アウトドアには、うってつけだと思います。誰かオプションでオーブンを考えてくれませんか??じっくりと容器の外側全体からじっくり加熱できるのは魅力的です。コーヒー豆の焙煎に使うのも一興ですが、サングラス越しでは、豆の色が判断できないのが難点(笑)
本当のサバイバルが必要な事態では、最強のアイテムでしょう。
今夜のBGMは、シューベルト作曲交響曲第8番未完成、ブルーノ・ワルター指揮New York philharmonic一応ステレオ録音ですが、相当の年代物。
おそらく、1960年頃の録音でしょうか??未完成

このブログ記事を入力中に新しいデスクトップマシンのOSを再度パーティーションを切り直し、インストール中ですが、極めてその処理の速さに驚きます。
土曜日にもセットアップを試みたのですが、余り良い状況ではなかったため、もう一度トライ中です。
今回も、試行錯誤で行いましたが、ほぼ目論みどおりの結果が得られそうです。しばらくの間調整を繰り返し、真っ当な私の分身となることを期待しています。BGMは、グレングールドのBACHイギリス組曲に替わりました。現在、2台のデスクトップを使って作業中のため、相当ファンの音がうるさいですね。勿論地球環境にも悪いのは明白の事実ですが、ご勘弁願います(笑)。
昨日櫛形山から白根三山に掛けての稜線には、三段染めの景観が楽しめましたが、まもなく11月を向かえ、街路樹の色も次第に変わりつつあります。明日も又寒い一日になるのでしょうか??(泣)
今日は、一日環境カウンセラー協会の会員として、県産材フェアーの協賛事業に出展しておりました。環境カウンセラーに関しては、環境省のホームページをご覧ください。
山梨県の約70%は、森林で覆われていますが。森林の保全活動を進めるためには、その更新が大切です。又、間伐や枝打ち等の作業も必要です。しかし、県内産の木材需要は、外国産の安価な木材に圧され、瀕死の状態です。我郷土の水資源と温暖化防止活動には森林の管理更新が不可欠の要素となっています。そのために県内産の木材の良さと、その環境保全効果を理解していただきたく、私たち環境カウンセラー協会も協力しています。
雪を頂いた富士

冠雪の南アルプス

八ヶ岳遠望

冠雪の金峰

盆地を取り巻く富士、南ア、八、金峰、等各高峰は、昨日の台風による降雪のため、山頂付近に雪を頂いています。特に富士山の雪化粧は、見事です。台風による冬化粧も乙なものです(笑)
私たちの今日の活動は、森林資源をはぐくむ水資源の保全活動です。
現在、家庭での雨水利用を呼びかける活動をしていますが、その啓発用に開発した、山梨県産材100%を使用した「雨水利用モデルミニハウス」です。
20071028221022.jpg

20071028221038.jpg

このミニハウスに勤務先等ワイン業界から調達した廃棄ポリドラムを利用した雨水利用タンクキットを取り付け、雨樋から雨水を取水するシステムを紹介しています。本邦最大の天然資源である、雨水の有効活用を家庭でも推進できるキットの提案をしております。
昨日は、台風の接近と言う文字どおりの天候に恵まれ???雨水利用タンクは、雨水で一杯になった事でしょう(笑)
しかし本日は、快晴のため、ポンプを利用してモデルの屋根から水を流しデモ活動を行いました。全体的にご見学のお客様は、少なかったのですが中には足を止めて、私たちの説明をお聞きになる方もいらっしゃいました。又、このキットは来月11/25に開催される、甲府市主催の環境フェアーで頒布実演活動を行う旨も説明いたしました。
他のブースでも県内の環境活動家??達が、色々な企画をしていましたので紹介いたします。

20071028221107.jpg

20071028221120.jpg

これらは、私たち環境カウンセラー協会とも深いつながりがある、緑の学校さんが推進している、太陽エネルギー利用の促進を訴えるソーラークッカーの展示です。その威力はすさまじく、鏡面の焦点では可燃物にすぐに着火するほどとの事。お湯など簡単に沸いてしまいます。
コーヒーや調理したソーセージ、ゆで卵などを食べましたが、美味く調理できていました。
唯、必須の調理器具としてこれら、サングラスが必要なのが笑えます。
20071028221132.jpg

こちらは、間伐材をチップにした燃料や薪を使えるストーブの紹介コーナーです。昨日は、雨天により寒かったため、お客様ではなく、他のブースのスタッフばかりが集まり大変好評だったとの事(笑)
暖房用に欲しいのですが、我家では使いにくいのが難点です。

20071028221150.jpg

今日は、新規に購入したデスクトップにWindows Vistaをインストールしています。当該パソコンにはフロッピードライブが付いておりません。
私は古い人間ですのでフロッピードライブとSCSI接続は必須です。
SCSIは、#2940 ULTRA WIDE、をPCIバスに取り付け、フロッピードライブをノ○マにて1,280円で購入しましたが、肝心のフロッピーケーブルを取り扱っていないとの事。家のジャンクボックスのケーブルは短すぎるので、絶対に必要なのですが、やむなくZ○Aまで出向き300円也で購入、ついでに安物のDVD-メディアも購入。台風が近づき、雨が時折強く降っている。帰宅後食事を摂りフロッピードライブの取り付ける、ジャンクを漁り、ビスを探すケース蓋もターレットネジに取替て内部へのアクセスを楽にする。パーティーションを切るためディスクのフォーマットを行うが、どうも勝手が違う。領域削除等をしているうちに大容量ドライブ用のドライバーを探せなどとおっしゃる?DVDに入っているだろうに、そんな御無体なと、叫んだところでらちが開かない。
ディスクをWindows2000でフォーマットして仮のドライブを作り2000をインストールする。これは後で消しちまう予定。さすがにATHLON64×2 6000だけの事があり、早い!今の所調整中のため、サブ扱いであるが、近いうちに全てを移行したいものです。
しかし、新しいデバイスの内2940は、すんなり認識したのだが、肝心のフロッピードライブを認識しない。接続を確認したが、問題なし。
何をしても駄目、最後にBIOSを確認するとフロッピードライブの設定を外してあった。1.44に設定し無事認識。やれやれ、もうフロッピーディスクはゴミ扱いですかね。2000のディスク管理で残りを確認し、フォーマットしようとしたが、合計120Gぐらいまでしか認識できないようだ。
もう一度Vistaのインストールを試みると、残りの領域が150G程あるのが確認できたため、同領域にインストールを試みる。
とりあえず、起動音が鳴った所まで行ったので、めでたしめでたし(笑)
Windowsアップデートを掛けて、後はドライバーを入れたいのですが、どうしましょう?
明日から南アルプス市の「木の国サイト」で、県産材フェア「県産材住宅出会いの広場」と称して、木材の地産地消を訴えるイベントが開催されます。私達も雨水利用の促進を目的とした、ブースを出展いたします。わたしも2日目、28日日曜日に朝から手伝いに入ります。この催しは、林業の活性化を推進し、地球温暖化抑制に寄与したいという目的で、外国産材を使わずに環境負荷の低減を計る目的で、エネルギー効率の高い山梨県産の木材を使用して住宅を作りましょうと、訴えるイベントです。私たち環境カウンセラー協会の他、生協、みどりの学校等、県内の環境活動団体も出展いたします。天気が気になるところ、大丈夫でしょうか?私たち環境カウンセラー協会が雨水利用のキャンペーンを行うと決まって雨が降ります。雨水利用なのでそのものズバリなのですが、お客様がいらっしゃらない事には始まりませんからね。雨の上がるのを期待して、がんばりましょう。
勤務先で本日より新酒ワインの発売が開始されました。
私は病気のため舐めた程度ですが本当に美味しいですよ。
先日から、爪に火を燈すように少ない小遣いを貯めた金を全額持ち歩いていた。そうなるとデスクトップがどうしても欲しくなりました。
物欲は限りない、そしてとうとう今夜デスクトップを買ってしまいました。さて、何に使おうかと考える。勿論『In○el入ってない!』が持論のため、中央演算素子(古い言葉)は、『A○HLON』です。未だOSも入れていないため使えませんが、休みの日にセットアップの予定。

 さて、モーツアルトさんのピアノソナタ連続鑑賞会、その4夜めは、
K475の幻想曲ハ短調からです。割と好きな部類に入る曲のため、他にもワルタークリーンさん等のレコードを所有していますが、それらに比べ宮沢さんは幾分線が太い演奏に思えます。
ショスタコービチさんやヒンデミットさんのピアノソナタを聞き続けていた、生意気な耳には、このモーツアルトさんのピアノソナタがとても新鮮に感じるから不思議ですね。この企画も後一夜ぐらいで終わる予定。その後は、ベートーベンさんのピアノソナタか弦楽四重奏曲にしようかと思案中です。こういう企画を考えないと、いつまでも好きな曲ばかり聴いてしまい、進歩が無いように思えるからです。しかし、本来音楽は、音が楽、そう、楽しくなければいけないのではないでしょうか。音楽鑑賞などとほざいたところで、好きでなければ始まりません。
好きな曲のフレーズを思い浮かべ、それが懐かしかったり、悲しかったり、元気が出たり、落ち込んだり。人それぞれの想いが詰まっています。誰にも強要されずに思うまま聞き流して居たいと思うモーツアルトです。けっして、最近流行の『癒し』を求めたりしません。
サンリンで購入後30年以上経過し、ナイロンのカバーは破れ、布張りのケースも色あせていますが、大事なレコードです。
思い出が一杯詰まった私のモーツアルト。

大好きだよ!
yuming season colours

前回発売の春夏バージョンとセットでディスプレイできるようなジャケットデザイン。昨夜のケース片面は、『ミスリム』の様なイメージ、こちらは『アラームアラモード』風?を思わせます。
と言いつつ今夜のBGMは、宮沢明子さんのモーツアルトピアノソナタ連続鑑賞会の続き(笑)です。ピアノソナタ第12番K332からはじめましょう。
とても粒立ちが良い凄い演奏。かと言って少しも硬い感じがしないきれいな響きです。CDで廉価版として発売もされていますが、わざわざ買い換えずともこれだけの再生ができれは問題ないでしょう。かと言ってズスケカルテットのベートーベン中期の弦楽四重奏曲はカップリングの関係でCDとレコード両方そろっています。確かハイドンの太陽セットもウルブリヒカルテットで両方ありましたっけ。
CDの方が面倒ないので楽ですけどネ。
yumingさんのアルバムは、最近のベストCDに比べるとレコードの方がいいものとCDが良いもの両方あります。
殆ど気持ちの問題なのかも知れません。
yuming

シーズンカラーの秋冬バージョンが今日発売。
サンリンから購入。今夜は、公民館で下水道敷設工事に関する説明会が有ったので、とても忙しい夜だった。説明会が終了したのが21:00過ぎ
コーヒーを淹れながら明日車の中で聴くコピーの作成やら自治会のお金の計算やらでてんやわんや。結局コーヒーカップをひっくり返しカーペットに染みを付けた。乾けば判らないという事にしよう?。
選曲もまあまあかな??。
昨日の続きで今夜のBGMも宮沢さんのモーツアルトピアノソナタ全集、レコードの3枚目、第7番から聴いている。
昼間勤務先から投稿したように、今日は寒い一日だった。
勤務先の昼食後、昼休み頃が一番寒かった。
他の人にとって20℃位はとても過しやすいのでしょうが、私にとってはとんでもない事。
30℃位が快適なんて言うと誰も信じませんが、本当の話。
気温が低下すると四肢特に手の指先が冷えてきて、血流が止まったように感じます。右手の人差し指や小指が先ずダメージを蒙ります。
暖をとるのに、パソコンの廃熱ダクトに指を入れ暖まるのです(笑)。
午後、背中に西日を受け、やっと人心地着きました。これではまるでトカゲですよ。昔のように冬季の雪原を彷徨うのは夢のまた夢でしょうか?。自宅のこの部屋は、日中陽が入る余熱と、アチチのATHLONとハードディスク3台を擁するメインパソコンのお陰で今の所快適に過しております。
私にとってパソコンは暖房機器です。(笑)

寒い!

勤務先の昼休み、寒いです。今キーボードを打っていますが、両手指先の感覚が乏しく、ミスタッチの連続です。事務所の中の室温は20℃ですが、とても寒く感じます。重ね着をしていますがあまり効果がありません。今この様子では、今年の冬はどうしましょう。
来年の真夏が恋しくなります。

秋晴

モーツアルトピアノソナタ全集

BGMは、モーツアルトピアノソナタ全集から宮沢明子さんのピアノ、菅野沖彦さんの録音のレコード。昔は良くこんな7枚組みで16,000円もするレコードを買ったものだと思います。昭和48年の録音ですが、現在でも充分鑑賞できるレコード。当時私はやっと高校を卒業し、今の勤務先に就職した頃です。初任給の約半分で買えるレコードでした。
そんな感慨にふけりながらも1枚目は、1番から3番まで、今日も朝から色々有ったので午後は、静かに過すにはちょうど良い曲かも。
今日は、月一の地域清掃日、私たちの担当は、自治会所有の浄化センター周囲の草取りです。この時期余り草は多くないので楽ですが、あまり植物相が面白くないので個人的にはつまりません。つる朝顔が目に付いた程度です。
AZオフロードも前回のオイル交換から3,000km走行したので、オイル交換を実施。やはり前回同様メガネレンチでドレンプラグを緩める際、指先を挟み出血大サービス(泣)。幸い右手人差し指の先を少し傷つけただけだったため、すぐに血が止まり安心。前回はなかなか止血できず困りましたから。
オイルレベルの最終点検とバッテリー液の補充も終わり、ボンネットを閉めようとしたとき、シルビアを修理していた長男がボンネット裏の雨樋の部分にボルトを発見。緩み止めを塗り使用した痕があるため、急遽ディーラーへ持ち込み点検を要請。前々回の点検(車検)の際ウォーターポンプを交換した際、新しいキットに交換したため、当該ボルトを確実に廃棄すればよかったのを置き忘れていたとのこと。ディーラーのサービスは平身低頭、とりあえず問題が無くて一安心でした。
10:00頃帰宅し、やっといつものコースをポタリング。快晴の秋風は壮快です。富士山や北岳に冠雪が見えます。

冠雪した富士

冠雪の北岳

稲刈が終わった用水路脇にノコンギクの白い花が目立つようになり、休耕田のセイタカアワダチソウのクロームイエローと対照的に清楚な雰囲気が楽しめます。

ノコンギク

AZオフロードを駐車場に戻して帰りがけ、駐車場の地主さんから大きな柿をいただきました。こんな大きな柿は初めて見ました。
「太秋」という品種だそうです。ググって見るととても甘い柿だとの事。

そろそろ15:00です、モーツアルトのピアノソナタ鑑賞会を中断し、公民館で行われる自治会主催の「防災ビデオ上映と止血法講習会」に出かけなくてはなりません。

太秋

自転車通院眼科編

眼科検診も甲府市の県立中央病院から我家の近くのクリニックに替わったため、転院の紹介書類を持って9:00頃自転車で出かけました。
眼科クリニックは、歯科と整形外科を一緒に経営していて、駐車場は大混雑。当方は自転車なので平気ですが、駐輪場の手前を車が塞ぎとても邪魔です。
診察の結果、とりあえず問題なく経過を観察すると言う事で又一ヶ月後に診察を受ける事になりました。特に投薬も無いので又、急坂を登って帰宅です。標高差約60メートル位でしょうか、往路は5分、帰路は15分はかかります。瞳孔全開の眼底検査を受けたため、目の前はホワイトアウトの状態です。とても交通量の多い県道を登るわけにゆかず、交通量の少ない裏道を登ります。道幅が狭いので日陰を選んで走れるため比較的楽ですが、途中工事をしている箇所も有り、注意しなくてはなりません。そのため、車は通行止めのため、その点は安心です。
11:30頃には帰宅し、午後の分用にモカの豆を中ぐらいに焙煎した後、軽めの昼食を摂り、気が付いたら、風林火山の再放送が半分終わっていて先週見逃した部分を見ることができませんでした。・・・・・残念午後の中煎りモカ

冷たい雨

今日は仕事を半日で終わりにして、自治会関係の資金繰りをしていました。午後降り出した雨は本降りとなり、疲れた心をいたぶります。
金曜の19日、1日前倒しで五十日なので郵便局は、てんやわんやの人だかり。通常は、それ程混んでもいない田舎の郵便局なのですが、だいぶ待たされました。通帳の切り替えなどに本人確認が必要なのがネックになっているようです。自治会の場合扱う金額が多いので、本人確認は必須です。郵便振替を扱っている貯金センターからこちらの局の口座に送金してもらい、自治会一括で納める共同募金等の寄付金を支払うために結構大きな金額をおろし、市の社協センターへ支払いました。寄付とは名ばかり、各戸あたり1000円と決まっていて、これを一括して納めます。ですから約300戸の私の自治会は30万円弱もの金額を納めるわけです。
自治会としてもこの金額は初めから予算化してあるため、問題は無いのですが、少々納得できない面も少しあります。市の社協センターの隣が市営の温泉施設になっています。雨で寒い上、ついでなので一風呂浴びて昼の部はおしまい。
帰ってから夕食後、振替金額の計算など、結構厄介な仕事が残っています。いくつかのブロックに分けて会計処理を行うため、それぞれに振替手数料を割り振らなければなりません。これが相当メンドーな作業。
扱う金額ごとに係数を掛けて割り振るため、1円合いません。
四捨五入の誤差という事でごまかしましょう(笑)。

エコ贔屓??

湯気が立つ水面

朝、溜池の水面から昨日に増して湯気が立つ。烏の鳴き声に混じり、雉の声も聴こえる。稲刈が終わった田圃の方からだろうか、近くから聴こえる様な気がした。桜の葉は次第に色を変え、秋の装いをはじめる。

桜が色付く

昨日は、仕事場の裏庭の手入れとして草取りをしたが、スギナ等は雑草(この言葉は嫌いだ)として処理し、大好きな「カラスビシャク」だけは残しておいた。
カラスビシャクの根を見てみると小さなかたまりになっている。これが
「ヘソクリ」の語源との事。来年も可愛い?鎌首をもたげる事を期待してナイショで残す。(これをエコ贔屓と勝手に呼ぶ)
今夜は甲府市のボランティアセンターで、所属している環境カウンセラー協会の会合に出席した。今年から環境カウンセラーに登録された方の活動事例発表が行われた。皆さんとてもがんばって環境保護活動をなさっている。それに引き換え、私は件のごとく「エコ贔屓」をして悦に入っていいる?(笑)。
朝、6時近くならないと明るくならない。夕方も5時には暗くなる。
つい先日までの陽の長さに比べだいぶ短くなってきた。冬至まであと2ヶ月ほど有るが、その頃はもっと短いはずだ。朝のポタリング開始時間も遅くなる。
今朝溜池の水面から湯気が立っているのがわかった。朝の冷え込みで気温よりも溜池の水温の方が高かったからだろう。そういえば、雑木林の木々の内、早くも色づき始めた物もある。来月にはだいぶ紅葉も進む事だろう。夏はこの暑さが何時までも続く様な気がして、うれしいのだが、やがてこんな風に秋が来て、まもなく寒い冬がやってくる。判っているのだが、やはり寒いのは嫌だから夏が続くように祈っていた。(笑)
手先が白くなり、動かなくなる冬。いくら服を着ても寒くて凍える冬。この病気になってから気温が30度位だと一番過しやすく、25度以下になると寒さを感じるようになった。氷点下の気温など考えたくも無い。
元気な頃、「今日はマイナス15度だから暖かいね」などと軽口を叩き、真冬の雪原をウロコ板で彷徨っていた頃が懐かしい。
そろそろワッチキャップやトレッキングブーツの手入れを始めましょう。昨年は、平地の外出でもモ○ベルのワッチキャップとオーバーミトンが欠かせませんでした。勿論足元はエ○クオリジナルのトレッキングブーツです。(山じゃない平地を歩くのね(笑))手先と足元そして頭を特に防寒しています。
暖冬を祈っていますが、今年の冬は寒いとの事。(泣)
先ほどまで、食後のコーヒーを淹れるためにモカを少し浅めに焙煎。
十数分間休まずに右手でコーヒー焙煎用の小さな網付きフライパンに似た器具を持ち、ガスの炎にかざしながら、手早く動かして焙煎を行います。休むとそこだけ焦げてしまうので、結構早く器具を回したり上下に揺すったりしながら動かすわけです。そのため、焙煎が終わる頃右手は結構疲れるわけです。豆を挽くのには電動ミルを使っています。以前はおなじみの引き出しがついた木製の手動式を使っていましたが、さすがに30年以上使い込んミルは、臼の歯が丸くなってしまい、極細挽きの設定が荒挽きにしかなりません。そのため手入れが面倒ですが、電動ミルを使用しています。その電動ミルも日に何度も使うため、時々落としたりする事もあり、上部のカバーにひびが入っています。とりあえずセロハンテープで補強していますが、何時まで使える事やら(笑)。
ミルを落としてしまうのも焙煎の後の疲れだったかもしれません。
こんな風に唯コーヒーを飲む事だけでも体力が必要なわけです。???
かといって、一度この味?(焙煎からカップで飲むまでの工程も入る?)
を覚えてしまうと中々焙煎済みの豆を買ってくる気も起きないわけで苦しいところです。仕事中はインスタントで充分満足できるのに不思議ですね。仕事中は唯カフェインが補給できれば満足なだけですが。
キリマンジャロ生豆

朝、出勤前に煎り豆屋さんにキリマンジャロ生豆を1キログラム発注しておいたので、先ほどご主人に帰宅途中に届けていただいた。
ご主人は我家の筋向いにお住まいなので、こんな無理を聞いていただいています。
煎り豆屋さんのご主人は、自然保護や環境保護に造詣が深いアルピニスト。詳細は、煎り豆屋さんのホームページhttp://www.irimameya.co.jpに載っている「山と空の間に」をごらんください。
当喫茶きまぐれでは、生のコーヒー豆をこんなミニチュア麻袋に入れて保存しています。(以前煎り豆屋さんのご主人にいただいたもの)
ちょうど1kg.の生豆が保存できます。現在私は、このキリマンジャロとモカを交互に焙煎して、コーヒーを淹れています。自家焙煎の「喫茶きまぐれ」、常連客と主人は同一人物?です。ですから全く儲けがありません。コーヒーの味は、日々違います。全て手探りのいい加減な焙煎と、きまぐれな挽き方と淹れ方に加え、お客はもっといい加減。
文句も言わずに黙ってコーヒーを飲むだけ(一人二役なので当たり前)。
今夜のコーヒーは、昨夜焙煎した浅煎りのキリマンジャロ。
苦味が少なく酸味が強い、まあまあの味。多少物足りませんが、文句を言ってもしょうがないです。この1kg.の生豆を約2ヶ月で消費しています。来月はモカを発注する予定です。

PS.
先日9月に書き込んだページが半分以上原因不明で消えた件に絡み、当ブログに訪問された「よよ」さん宛、以下の応答コメントも消えてしまったので、再度掲載いたします。



件名 : GT-8700の分解

①プラスチックケース(ステージ)を止めているビス(後ろ側、電源コードの方)3本、電源スイッチが付いているプラスチック部分(前側裏)2本計5本のビスを外します。
②おそらく、スキャナヘッドの安全装置とスキャナヘッドのブロックが外れないと思います。ビスを外すとステージカバーの後ろ側が少し動きますので、隙間から指を入れ少しずつスキャナヘッドブロックを前方に押し出すようにすると、スキャナブロックを安全装置から外す事ができると思います。但し、その際フレームのエッジで指先等に怪我をしないよう充分にご注意ください。
③慎重にステージ側プラスチックカバーを持ち上げスイッチ側のプラスチックカバーと縁を切ります。
④スイッチとステージカバーを繋いでいるケーブルをはずせばステージだけ自由に清掃できます。
⑤組み立てはスキャナヘッドブロックを元の位置より少し前方、ステージカバーが簡単に閉じられる(邪魔にならない所)位置にあれば問題ありません。
⑥注意するのはロックレバーを開く側にしておく事です(ロック開の状態)。
⑦全ての部品ネジ等を元にもどし電源を入れるとヘッドは定位置に戻ります。
金属製のシャーシがエッジになっていますので怪我をしないようにご注意ください。尚、あくまで、よよ様の自己責任で作業してください。
スキャナヘッドブロックさえ前に動かす事ができればそれ程難しい作業ではありません。
当方はとても不器用です。
キリマンジェロ

結局今日は何もせずに一日が暮れてしまった。
朝6時前から日柄一日コーヒーを飲みながら過していました。
朝焙煎後その全量を挽いたモカが無くなったため、キリマンジェロを焙煎。少し浅めに煎ったので、味はどうでしょうか。
日中飲んでいたモカは、深煎りにしたためとてもヘビーな味でしたが?
浅煎りにしたキリマンジェロは夕食後、ご当地が舞台のドラマ風○○山でも見ながら楽しむ事とします。モカは全量挽いてしまったので消費が早かったようです。今度はいつものように一杯ずつ挽き飲みすぎを抑えるとしましょう。
気温があまり上がらず、甲府でも20℃を下回っていました。風も冷たく凍えています。
もう後2週間するとハローウィンですね。その頃には、各山稜にも雪の便りが届くでしょう。又寒い冬がやってきます。
昨日の通院の際も、主治医からインフルエンザの予防接種を受けるようにと指示がありました。心臓病の患者や老齢者には予防接種を勧めるとの事、問診表に記入して来月の通院日に予防接種を受けましょう。インフルエンザの予防接種なんて此処35年以上受けていません。
やはり私は病人のようです。(笑)
今日のモカ

昨日焙煎したキリマンジェロのストックを朝一番に飲んでしまったので、今日の分としてモカを焙煎した。いつもはコーヒーをドリップする毎に挽いているのですが、今日は気分的にすぐ飲みたい衝動を抑えきれず??全量を一度に挽いてしまいました。保存缶に移しこれで今日は、お湯さえあれば何時でもコーヒーブレイクが可能です。
朝食後にアーチストやワーファリン等、重要な薬を飲む前にもう一度コーヒーを淹れいただきました。煎りたて、挽きたてモカの印象は、とてもヘビーに感じましたが、体全体に染み渡るような心地が何とも言えず悦に入っております??。
今朝は朝から水分摂取が多いようですが、フロセミド錠(ラシックス)に任せましょう(笑)。
BGMは、バルトークの弦楽四重奏曲第2番。瞑想気味にパソコンに向かいさて、excelのマクロでも覚えようかと、(昨晩睡眠薬代わりに寝床に持っていったマクロのアンチョコが、一ページも進まないうちに、本当の睡眠導入剤??になってしまった)考えるが、唯コーヒーの量が増えるだけのような気もします。
excelの勉強(遊び?)も、どちらかと言うと唯コーヒーを飲む言い訳のような気もします。

自転車通院その3

今日は、月一の拡張型心筋症予約診療日です。
勿論晴れていますので自転車で出かけました。
9時過ぎに本日2回目のコーヒーブレークを取り、のんびり出かけましたが、往路は全てほぼ下り坂のため難なく予約時間前には到着。
トロンボ検査を終えてちょうど10時でした。診療の結果特に異常なしと言う事でアーチスト、ワーファリン等いつもと同じ薬を院外薬局で受け取り、帰路に着きました。
前回診療の際、ワーファリンの効果を確認するためのトロンボ検査結果が悪かった事について主治医に確認しましたが、「ラク○ジ」という勤務先の兄弟会社(某大手トマト関連企業)の緑黄色野菜飲料を検査前に飲んだ以外の影響は考えにくい事を伝えました。それに対し、主治医の見解では、普通に緑黄色野菜を摂取しても問題はない。ワーファリン投与患者に対する緊急手術の際に、ビタミンKの注射を行うが、大量に投与しないと効果が現れない事。だから緑黄色野菜についてはそれ程心配する必要は無い。それよりもカリウムの大量摂取に気をつけるように申し渡されました。私たちが味方と思っているカリウムについても余り大量に摂取する事は禁物との事。あくまでもナトリウムとカリウムのバランスが大事だそうです。私の場合、ナトリウムとカリウムのバランスが良いので、このままの状態を保つようにとの話でした。
10時半過ぎにはすべてが終わり帰途に着きましたが、帰途は全て上り坂です。標高差約100メートルは少しきついですね。途中スーパーのカフェテリアで3回目のコーヒーブレークを取り11時半前には帰宅できました。

ウサギ弁当その2

昨日の昼食

これは、昨日の私の昼食弁当です。
給食弁当のお店が、私のために一食だけ毎日調理していただいている物、人呼んでウサギ弁当、野菜中心メニューで塩分やカロリーを抑えたヘルシーなメニューだから。
先日も娘の栄養士単位取得のためにメニューと写真を写しましたが、もう一日分という事で、協力しています。
メニューは、八宝菜、茹でたサツマイモ一欠けら、コンニャクの白和え、みかんのシロップ漬け、味の無いスパゲッティサラダ、春巻き一巻、肉団子一つ、パイナップル少々、以上カリウムが豊富に含まれているヘルシーなもの。それなりに美味しい食事です。これを毎日違うメニューで考えるのですから大変でしょうに。
他の健康な人用のメニューは、一ヶ月分決まっていますが、私の食事は不明です。配達されるまで判りません。
他にもこの弁当を食べるべき同僚(メタボリぎみな人)は多いのですが、誰一人見向きもしません(笑)。

猫元気!

猫のミーちゃんがテッポウユリを食べ、少し体調を崩していましたが、復調したようです。3日間ほど食欲は旺盛でしたが、夜朝二回の給餌の後、どちらかで吐いていました。
一昨日頃から完全に食べたものが収まるようになって一安心。いまさらながら、ユリ科植物の毒性について思い知らされました。我々人間も百合根や玉葱等食用品種を除き、ユリ科植物の根は、食用に供さない方が良さそうです。それでも飢饉の際等に非常食として、良く根を水で晒し食べたとの記録もあるようです。
どちらにしても、猫にとっては命取りになりかねないと言う報告もありますので愛猫家は気をつけましょう。
だけど、野良猫は大丈夫なんだろうか??たぶん利口なんだろうな。と勝手に解釈する?。
今夜のBGMはビクトリア・ムローヴァさんのバイオリンソロでバルトーク作曲無伴奏バイオリンソナタ。
飼い主の体調は、この所寒暖の差が激しすぎるためか、今一歩のところ。
一昨日ラボの現場作業を手伝わされたため、体中の節々が悲鳴を上げており、1日置いた今日も疲れが残っております。体力は以前の3分の1以下に低下してしまったようです。(泣)
勤務先からの帰宅途中、車の中のFMからビバルディさんの四季から秋の第一楽章が流れてきた。この曲を聴くと渥美清さんの「男はつらいよ」を思い出す。秋?冬の田舎(甲斐駒が見える、この近く旧明野村現在の北杜市明野町でのロケとの事)の熟れた柿の実をバックに流れるこの曲が印象的だった場面を思い出す。半年ぐらい前にも書いたけど、その他ついでにどこかの喫茶店でラズモフスキーの3番が流れていた事も思い出した。音楽担当が山本直純先生だったので、結構このような曲が使われているようです。
そんなわけで、今夜のBGMは
ベートーベン作曲弦楽四重奏曲作品59からラズモフスキー第二番と第三番。演奏はズスケSQ。いつもはレコードで聴いていますが、今夜は同じ録音をCDに収録したものを聞いています。
今、パソコンでCDを懸け、スピーカーはアンプ付きの500円のセットで聴いています。パソコンデスクの下に適当に転がしてあるのですが、贅沢言わなきゃこれで充分かも知れません。
消費電力も少ないですし(パソコンの消費電力はどうした)?。
いくつものファンやドライブの音がだいぶうるさいのは我慢我慢。

今住宅街を歩いていると、あの金木犀の香りが漂います。私は、この匂い駄目なんです。沈丁花や山百合等の普通他の人たちが良い匂いといっている匂いが嫌いです。だからコロンとか女性が漂わせている香水等の香りはいいんですが、最近若い男の人がつけているような香りは駄目です。沢庵など漬物の匂い等私にとっては悪臭以外の何者でもありません。スーパーなどの店頭で焼いている焼き鳥のたれがこげている様な匂いも余り好きでは在りません。こちらは、香の物と違い食べられますけど、煽り立てられるような匂いは嫌いです。その他大蒜の匂いやキムチの匂いも大嫌い(吸血鬼??)。
どちらにしても現在において、大敵は、あの金木犀の木です。私の近所では、殆どのお宅でこの忌むべき(私にとって)金木犀を庭木として育ています。中には逃げ出したくなるような強烈な匂いを撒き散らす大木もあります。(泣)

プリンター

年初HOにて315円也で購入したプリンターPM670Cをメインプリンターとして使うため、再度調整を行う。半年以上放置したため、ヘッドの塞りが多少ありましたが、2回ほどのクリーニングで再度復活を遂げました。その間に黒インクがなくなったため、先日入手した期限切れのインクに交換。テスト印刷も申し分ありません。充分に使用できそうです。
因みに、土曜日勤務先で新規に購入したプリンター、キャノンの新製品ですが、ヘッド調整等従来何度もテストパターン印刷を繰り返していた項目全てがを、プリンターが自動的に行っております。驚くと同時に此処まで進歩したものかと感動すら覚えました。価格も売価17000円也、と従来のエントリー機器の約半分の価格。この価格帯は現在ミドルクラスのようです。エントリー機種は1万円程度との事。どんどん価格が低下していますが、いまやプリンターも使い捨ての時代なのでしょうか?。
インクなどの消耗品で稼ごうと言う魂胆なのか、専用インクは兎も角、専用写真用紙などもあるようで、皆さんそれを使い写真プリントするようです。勤務先は、カラー印刷と言ってもせいぜいポップの印刷程度、その他は事務文書のため、殆どモノクロ印刷が多く、CDRの印刷や両面印刷までこなすような今回購入したプリンターは必要ありません。しかし印刷速度も驚くほど速く、ビジネス文書??印刷でも充分活躍してくれるでしょう。それに引き換え我家のプリンターは、MJ500Cが\100、今回のPM670Cが\315と安いですね。しかし、これで充分仕事になりますよ。

秋の収穫?

昼過ぎ、いつものコースをポタリング。
スカーレットオハラ?

大垈の溜池(下側の池)近くで咲いているアメリカ朝顔が気になる。
花の色も形も葉の様子も以前栽培した経験がある「スカーレットオハラ」に良く似ている。昼なので殆ど萎れているが、花の開いていたものを撮影する。他のマメアサガオに比べひときわ色が映える。
栗の木

栗のイガが落ちていたので上を見上げると栗の実が生っています。
道端に落ちているイガの中から栗が見つかりました。踏まれたものもありましたが、食べられそうな実が二つ。
今日の収穫です。
栗

帰宅後、電子レンジで加熱したところ、爆発(笑)。それでも野趣溢れる味でした?。
ススキとセイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウもクロームイエローに輝く穂をなびかせ、白く開いたススキの穂と競い合っています。稲の獲り入れも殆ど終わり、まもなく、この辺りの休耕田もセイタカアワダチソウ一色に染まることでしょう。

猫とテッポウユリ

ユリ科の植物は、毒性を持つものが多い。スズランなどその典型的な例です。高原の牧草地にスズランが咲いてる事が良くあります。牛さんはこの植物が有毒である事を良く知っていて食べないので、残っているんだとか。猫や犬などの小動物にとって、葱や玉葱は厳禁です。人間と同じように、ハンバーグ等を与えるとお腹を壊します。
先日、嫁の話によると、家の猫「ミー」が庭先でゴロゴロしながら以前このページでも取り上げた、テッポウユリの葉を一枚食べてしまったとの事、すぐに吐き出したようですが、それ以来時々食後に吐いています。それでも多少食べたものが収まっているのか、便もいつもと同様に出ています。食欲も旺盛で元気にしているので大丈夫と思いますが、少し心配です。猫にユリはとても危険なものであると、書き込まれているサイトもありますし??少し様子をみて、獣医さんのお世話になりましょう。

excelプッツン?

勤務先が仮決算のため、先月末処理の事務処理を急ぐ。各帳票毎の整合性を確認する。
その合間に昨日労組ようのコンピュータを社内ネットワーク回線で結んだ後、社内LANの調子が悪いとの連絡を受けたため、確認を急ぐ。
特に問題は無い。(当たり前)
その他、売り上げデータの修正等多忙を極めるが、自治会の組町会のため急いで帰宅。
夕食を食べながら、PCを立ち上げ自治会関係のファイルを開こうとexcelを立ち上げるが、エラーで起動できない。修復するとおっしゃるのでメニューに従うがアップデートと変わらんようだ。終いには、セットアップCDを要求される始末。やむを得ず、ファイルを確認せず記憶だけを頼りに会議に臨む。肝心なときは何時もこんな調子です。今回のエラーは、初めての経験。新しいノートも準備してあるが、いくら古くともデスクトップの方が使い勝手が良いため、未だこのAthlon1Gマシンがメインです。世紀末には最強だったこのCPUも寄る年波には敵わないようです。こちらにインストールされているOfficeはXPやはり前世紀の遺物?
しかし、これで本来の業務は充分に行えますから、デスクトップのアップグレードはもうしばらく待ちましょう。

食事の写真

短大の栄養科に在学中の娘が、栄養士課程の単位取得のため、私の栄養バランスを計るらしい。そのため、食事の写真と栄養価について調べるとの事。食生活について健康上の問題がある人間の方が、その対象としてよいのだと言う。迷惑な話なのだが、娘の頼みでは仕方あるまい。と言う事で、食事の写真を写したりして協力する。唯でさえ、減塩、納豆抜きの食事である。味気ないものが余計味気なくなるわけだ。
運動量を抑えているから摂取カロリーも低くしている。カリウム摂取にも心がけている。

人呼んでウサギ弁当


これは、勤務先で摂っている給食弁当ですが、私専用のメニューになっています。減塩仕様の特性給食弁当なのですが、人呼んで「ウサギ弁当」と言われています。野菜中心の薄味メニューのためそのように言われています。健康的なはずなのですが、私以外誰も見向きもしません。
唯一私一人のためにわざわざこれ一食だけ、同じ金額で調整しているようです。


夕食



朝食


これが昨日の夕食と今朝の朝食メニューです。必ずカリウム補給用のバナナとこの画像以外にコーヒーが一杯づつ付きます。ご飯は小ぶりの茶碗に半分ぐらいが目安です。
このようにどちらかと言うと昼間の食事が一番ボリュームがあるようです。こんな食事はいかがですか?

Powered by FC2 Blog