fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


今朝のローカルニュースで、地元のバス会社が廃食油を使ったバイオディーゼルの活動に取り組むと言う発表がありました。
結構な事ですが、果たしてこれは、良いことでしょうか?。
軽油価格も上昇したため、最近廃食油からのバイオディーゼル燃料も不足気味だそうです。本来ならば、たいへん良いことですねと、申し上げたい処ですが、少し首をかしげてしまうのは、私が天邪鬼だからでしょうか。
原油価格がどんどん値上がりする度に、バイオエタノールがらみの思惑からか、食料に使うもの全てがバイオ関連の投機筋の格好の餌食となり、高騰を続けています。最近では、太陽光発電に欠かせないシリコンの価格も同発電プラント増産の思惑からか、大幅に高騰しているそうです。何もかもを、エネルギーに替えてしまうのは、考え物のような気がします。先日もいつもお世話になっている、ミュージックショップ・サンリンさんでの雑談の中で、『食べ物を燃料にしちゃあ、いつか天罰が下るよ』と言う話で、盛り上がりましたが、本当にそんな風に思えてくるから怖い訳です。
バイオディーゼルも良いでしょうが、きっと色々な問題が浮かび上がるような気がします。ヨーロッパでは、風力発電による電力供給が相当の量になると報道されています。本邦でも風の強い山間地を中心に風力発電所の建設が進められつつありますが、私は反対です。
山間地にこのような巨大な建造物を建設するのは、環境負荷が大きすぎるからです。
先ず私たちにできる事からはじめませんか?
往復10キロ程度の距離は、自転車で走りましょう。健康になれます。
「そのくらい高が知れてる」そう皆さんおっしゃいますが、例えば、100人の内、一人が自転車通勤に切り替えたとすると、通勤時における車の炭酸ガス排出量が1%減るわけです。わざわざ大きな車で運んでいるのは、運転している一人だけ。これじゃあ、酷すぎるくらいの無駄ですよ。通勤に自転車を使うだけで、すぐに炭酸ガス排出マイナス6パーセント位削減できるかもしれません。広い道路も要りません。自転車屋さんも儲かる(たぶん駄目だろうけど)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog