fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


靴の手入れ

20071209120832.jpg

寒さも厳しくなり、いい加減なスニーカーでは足元が寒くなった。
この所あまり手入れをしていなかった靴達に久しぶりにオイルを入れようと思い立つ。少し硬めのウォータープルーフオイルが少しだけ残っていたので、とりあえずウルバリンのチロリアンシューズ一足分だが、指先でオイルを温めながら塗りこんでやる。縫い目は特に入念に擦り込む。電気ドライヤーで温風をかけ、浸透させていると、運悪く嫁に見つかり文句を言われる。
この靴も約20年以上履き続けているが、未だ上皮はしっかりしている。
新しい靴を買う予算もないので手入れは怠れない。
古傷のため歩き方が悪いせいか踵の角が早めに減ってしまうが、ビブラムの張り替えは、まだしばらく先のこと。購入後靴底のビブラムを張り替えたのは3回、踵のインナーも2回ほど張り替えている。数年に一度修理をエルクに依頼する。その度に店長は、いつも冗談に「次は新しい靴にしませんか?」と言うが、修理から上がると、「これで後10年は使えますね。」と言ってくれる。
エルクオリジナルのトレッキングシューズ2足にオイルを入れなくてはならないのだが、肝心のオイルがチロリアン1足ぶんで無くなってしまったため、今日のところはこれで終わり、後2足は後回しです。
ついでの時、エルクへ靴のオイル、ダービングリスを買いに行かなくてはなりません
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog