fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


モーツアルトのバイオリン協奏曲

『喫茶 きまぐれ』開店一周年記念
昨年の1月8日にこの店を始めました。
あの日は、とても寒かったのを覚えています。
結局一年中「寒い!寒い!」で終わってしまったように思います。

乱雑に散らかった部屋を暖め、モーツアルトの5番と3番のバイオリン協奏曲をかけています。レコードはヨセフ・スークのバイオリン独奏、プラハ室内管弦楽団の演奏。
こじんまりとした室内オーケストラとバイオリンの響、好きです。
何処までも明るくて、かと言って唯無邪気に楽しいだけではなく、大人の気品を感じさせる雰囲気が漂います。
そんなモーツアルトが好き。
今夜どんな曲をかけようかと思って、候補に上がったのは、J・Sバッハの無伴奏バイオリンソナタとベートーベンの14番の弦楽四重奏曲でしたが、レコードを選んでいるうちに急にこの曲が聴きたくなりました。余り意味は無かったのですが、スークのバイオリン(おそらくストラディバリウス)の何処までも伸びやかな音色が聞きたかったのかもしれません。
食後のコーヒーは、モカをいつもより浅煎りして、少し濃い目で酸味を強くしました。
これが今日最後のコーヒーブレイク。
さて、明朝はどんなコーヒーにしましょうか?。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog