fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


潮田益子BACHバイオリンソナタとパルティータ

先日からJ.S.BACHの無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータが気になっていた。全曲盤で所有するレコードはこの潮田益子さんの古いレコードのみであるが、それなりに味わい深い演奏でもあり、気に入っています。1966年チャイコフスキーコンクールで第2位だそうです。
夕方のモカを淹れ、そんな雰囲気で聴くパルティータ第1番ロ短調は物悲しくも、それでいて心安らかにしてくれるような不思議な力があります。1971年から1972年に掛けての録音ですが、今でも充分鑑賞に耐え心に響くレコードです。
この無伴奏パルティータは、好きな曲のため、他にヴィクトリア・ムローヴァさんのCDも所有していますが、潮田さんの柔らかな演奏に一票投じます。
この前このレコードを掛けたのは、だいぶ前、スピーカーも今使っているKEEFでは無く、アコースティックリサーチ製AR2axだったと記憶しています。アンプも同じDENONですがPMA1500RⅡ導入以前のPMA255の頃だったはず。
やはりこの前、このレコードを掛けた時の私は、元気に野山を彷徨うことができる頃だったわけです(笑)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog