fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ


我が里の春

サギゴケ

昨日同様今日もハッキリしない空模様。
わずかな日差しを惜しみ畦道の小さな花を探しに行く。
『ホタルカズラ』の小道も昨年の道路工事で消えてしまった。
圃場整備が進みコンクリの三面水路が幅を利かせ、里山の景観も機能優先となってしまった。
わずかに残った昔からの畦道に『サギゴケ「』が白い羽を広げている。
その傍らには、『ムラサキサギゴケ』も広がる。
ムラサキサギゴケ

東側の山裾から甲高い雉の鳴き声も聴こえてくる。まもなく田圃に水が廻り、田植の準備も始まるだろう。
畦道に咲くタンポポも外来種、在来種がコロニーのようにそれぞれ点在する中、ひときわ目立つ『シロバナタンポポ』。
シロバナタンポポ

尻尾に帯が入っていない通常の?『ツバメ』が低く飛び交い、春の天候を予想させる。
『春に三日の晴れ間なし』との事らしい。
スポンサーサイト



イチリンソウ01
甲信マツダにAZオフロードの12ヶ月点検を依頼し、代車で韮崎の若尾坂の『イチリンソウ』自生地を訪ねる。もう花期が終わったかと思っていましたが、まずまずの咲き方です。竹薮が切り倒されたためか人目に触れやすくなり、以前に比べだいぶ株数が減っているのが気になります。同じキンポウゲ科アネモネ属の仲間で、この場所の反対側に自生する『アズマイチゲ』等と比べ格段に大きくて立派な花です。逆に言うと、これほど立派な花を咲かせている『イチリンソウ』が人里のしかも県道脇に自生しているなどと、誰も気が付かないでしょう。
但し「きれいな花には毒(トゲ)がある」の喩えどおり、この『イチリンソウ』は猛毒です。若芽の頃のこの植物を食用にする同じアネモネ属の『ニリンソウ』と間違えて中毒を起した例が多いそうです。
一般的にキンポウゲ科の植物は、『オキナグサ』『トリカブト』等を筆頭にアルカロイド系を含む有毒植物が多いようです。気をつけましょう。
その他、『ムラサキケマン』『クサノオウ』も咲いています。
特に『ヒトリシズカ』と『イカリソウ』が可愛いので紹介しましょう。
ヒトリジズカ01

センリョウ科の『ヒトリシズカ』です。名前の由来は、4枚の葉の真ん中から一本の花が出ている様子が「源義経」を想い「平清盛」の前で舞を舞う「静御前」に似ているんだそうです。
この花の仲間で、花が2本の『フタリシズカ』3本の『サンニンシズカ』も実在し、少し深山に入ると見ることができます(嘘っぽい話ですが本当の事)。
イカリソウ01

これが『イカリソウ』花の形が船の錨に似ていることからこの名前になったという話が本当でしょうが、
他に、この植物の近種で漢方に用いられる『淫羊霍』(ホザキイカリソウ)に強精作用があり、男性の大事な部分がイカル(大きくなる)から(笑)と言う俗説?があるそうです。この『イカリソウ』も『淫羊霍』同様、強壮・強精有効成分『イカリイン』を含み『?大きくなる方面?』に良く効くそうです。
そのためこの『イカリソウ』を焼酎に漬けたりして利用??している方もいるようです。

これらスプリングエフェメラルは、まもなく結実も終わり、夏には他の旺盛な植物の陰に入り枯れてしまいます。そして又来年の春、早春の訪れと共にその姿をあらわします。

Powered by FC2 Blog