fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ


午前中、MTBアバランチェを駈り、韮崎市若尾の子の神付近に咲いていた『ホタルカズラ』を探していた。
一昨年までは、我家の近くに咲いていたのだが、圃場整備工事に伴ない、まったく関係の無い農道がダンプの重量に耐えかね、傷んでしまったため、此処も補強工事が行われ運悪くそこに細々と生き残っていた『ホタルカズラ』の群落が消えてしまいました。
結局子の神付近でも工事が行われたようで、ここの群落も消えていました。
クサノオウ

ひときわクロームイエローに輝く『クサノオウ』が目立ったぐらい。2週間前まで『アズマイチゲ』が咲き誇っていた場所は、『カキドオシ』や『ヤマタツナミソウ』が『スギナ』と共に咲いている。
カキドオシ

ヤマタツナミソウ

諦めて裏道から若尾坂に出る手前の竹薮の中に『シャガ』の小さな群落を見つけました。
人里なので人為的に植えられたものが野生化したのかも知れません。
シャガ

若尾坂県道脇の『イチリンソウ』がまだ少しだけ咲いているのに驚き、今年の春の長さと寒暖の変化が激しい事を感じた次第です。
通常、ここの『イチリンソウ』は、暖かな日が続くとすぐに咲き終わってしまい、下手をすると一週間程しか見ることができません。なのに今年は、カタクリが咲いている頃からですから一月弱見ることができたわけです。
イチリンソウ

子の神では、もう、『カタクリ』や『アズマイチゲ』たちスプリングエフェメラルの季節は終わり、夏の花たちが出番を待っているように草丈を伸ばし始めました。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog