fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


いつもの循環器科クリニックで、アミサリンとは別の心房細動を抑える薬品を静中しましたが、効果が有りません。結局前回同様某総合病院と連絡を取っていただき、カウンターショック療法のため、一泊二日の入院となりました。
今回は、食道間接心臓エコー検査も何も無く、昼過ぎ病室で病衣に着替えた途端、にカウンターショックを掛けるべく、又検査衣に着替え処置を受けました。今回も例の『心臓カテーテル検査室』での処置でしたが、二回目ともなると慣れたもの(不謹慎ですが)あまり恐怖感はありませんでした。
いつの間にか意識が薄れ次に気が付いたのは、先ほど検査衣に着替えた病室でした。
前回ほど、さっぱりとした感じは有りませんでしたが、何とか鼓動は正常なリズムを刻んでいます。
前回は50ジュールが効果が無く、100ジュールに上げてやっと正常になったとの事でしたが、今回はその間を取って70ジュール一発で正常になったそうです。
一晩様子をみて本日午後4:00退院したしました。
心房細動を抑えるため、アミサリン125ミリ一日6錠からアプリトーンカプセル一日3錠に変更です。
朝の分は総ての投薬が分封されているため、この中からアミサリンを2錠取り出しその代わりにアプリトーンカプセルを一錠加えます。少々面倒ですがこれも生きるためがんばりましょう。

以上、今回の心房細動の顛末です。
ご心配をお掛けして申し訳ありません。
未だ、前回の処置後のようにサッパリ感は余りありませんが、新しい薬の効果を期待しております。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog