fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


自転車墓参?

M家の墓
そろそろ盂蘭盆が近づいてきたので、先祖の手前?又親族への手前、先祖の墓を守る跡取りの立場として、今日は墓所の掃除に出掛けました。

この寺は、信玄堤(しんげんづつみ)の近くにあり、サイクリングロードなども整備されている近くにありますが、20年以上無住の状態が続き、墓の管理は各檀家が直接行います。
画像ではキレイになっていますが、これは施工後?の様子。裏側からあらゆる野草(絶対に雑草と言わないのだ)が蔓上に覆いかぶさり、除草と言うより、「開墾」と表現すべき状況でした。
寺の境内は狭い上、アプローチ道路も昔の田舎道をそのまま舗装しただけなので、やはり狭い訳です。勿論我AZオフロードではスイスイなのですが、環境配慮の立場からアバランチェで出掛けました。
そもそもそれが間違いの始まりとは思いもしませんでしたが?。
走り始めて数分後やはり右足首に違和感を覚えましたが、それ程悪化する事も無かろうと、竜王まで下りました。すると後方よりルイガノに乗ったバイカーに追い越されてしまい、よせば良いのにGTに乗っている手前、対抗意識を掻き立てられ、追う羽目になってしまったわけです。
そんなわけで寺に付いた頃には、右足のダメージは、決定的となってしまいましたが、それでも何とか画像の程度に片付けた訳です。本来はこの右側も我M一族の領分なのですが。亡き父がどうしても整然とした墓を望んだため、古い墓地の改装を画策。しかし、この画像の3倍はあろうかと言う、広大な敷地?のため、経済的に無理がありました。管理する僧侶の薦めもあり、我が家の領分として一族の三分の一を改装したわけです。
一時間ほどで掃除を終え、来た道を帰るため、いうまでも無く急坂をフロントをインナーまで落としリアもそれなりに落として帰宅。その頃には右足は痛くてまともに歩けない状況。
今は、湿布で冷やし取り合えず、少し快方に向かいつつあります。おかげで、嫁から「もう無理はするな」というキツイお達しがあったのは言うまでもありません。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog