fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


雨の日曜日

雨が結構強く降っているため墓参は中止し、仏壇に線香を供えます。
雨の日曜日で一番初めに思い出されるのが、某インスタントラーメンのコマーシャルソング。
『雨が降ってる日曜日、坊や泥んこどうしたの、あそこの角で転んだの、どうしてそんなに急いだの・・~』そんなフレーズでした。今でもこの40年以上前のコマーシャルソングが頭の隅に残っています。

BGMはショパンの前奏曲集マリア・ジョアオ・ピリスのピアノ。
マリア・ジョアオ・ピリス、ショパン前奏曲集
雨で暗く沈みがちな日曜日の午前、何気なく聴くには良いピアノ演奏です。
雨の日には、ショパンのピアノが聴きたくなります。別に『雨だれ』を意識しているわけではありません。

元気で若かった頃、少しぐらいの雨は平気でした。
夏なら小雨の中をロードに乗り、頭のテッペンからお尻まで泥のラインを入れて走っていました。
スリップさえしなければ、どうせ汗で濡れるわけですから、それ程気にせず涼しいくらいの気持ちでした。さすがに高原のダウンヒルでは、体が冷え切り閉口したこともしばしばでしたが(笑)。
霧雨の落葉松林で雫の音と柔らかな葉の香りを感ずるのが好きでした。その葉に溜まる水滴や蜘蛛の巣に掛かった水滴を眺めるのも好きでした。
足元などの装備を整えておけば、多少の天候の変化も自然を楽しむのに問題ありませんでした。
しかし、山屋の人に言わせると、フィールドで雨に濡れる事は『遭難者』とみなすとの事。
雨は、急激に体温を奪い、体力を消耗させます。
でも小雨のフィールドは大好きでした。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog