fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


ラザール・ベルマン、リスト超絶技巧練習曲
朝から今にも泣き出しそうな天気。7:00から自治会の一斉清掃活動日、辛うじて雨は降っていないので私たちの分担、浄化センターの草取りを行うが、ほとんど草が見えない?。
どうも除草剤を散布したようだ。作業が楽なのはありがたいが、立場上?多少複雑な気持ちです。
先日使った『山梨県環境カウンセラー協会』所有のプロジェクターとスクリーンを竜王新町北公民館まで届け、後は一日引きこもりの活動に入りました。
午後から雷交じりの雨が降り始め、肌寒さが堪えます。暑がりの嫁は平気で家中の窓を開け放ち私一人が悲惨な思いをしております(笑)。

夕方近くアンプに火を入れ、ラザール・ベルマンのピアノ独奏によるリスト作曲超絶技巧練習曲のレコードに針をおろす。さすがにエミール・ギレリスにして『私とリヒテルが四本の手で演奏してもベルマンには、かなわない』と言わしめただけの事が有る演奏です。
このレコードには、超絶技巧練習曲全曲の他、ハンガリー狂詩曲第3番とスペイン狂詩曲が入っている二枚組みのレコードです。第一曲目の前奏曲から『凄い』というほかありませんが、久しぶりに聴いてみると(このレコードを買ってから、おそらく今日が3回目ぐらい?)ピアノの粒立ちの良さが感じられます。
1976年頃レコード芸術の推薦盤で、ソビエトの幻のピアニストとして当時とてもセンセーショナルな扱いでした。録音自体は1963年のようです。ネットで調べると、このレコードもCD化された物も結構良い値段で取引されているようです。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog