fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ



朝は曇り空だったが、昼過ぎから久しぶりに日差しに恵まれる。
用水路脇の小路から下の田圃を見下ろすと、今日も稲刈りの準備をしている所が多い。
最低気温は15℃を上回る程度だったが今は25℃を超えようとしている。
気分はイマイチなのですが、さすがに今日もインスタントコーヒーでは寂しくなり、二日ぶりぐらいでキリマンジェロを煎り昼にいただきました。
おかげで少し落ち着きを取り戻し、ベートーベンの15番を聴きたくなったわけです。

ズスケSQベートーベン弦楽四重奏曲全集7

ズスケSQでベートーベン作曲弦楽四重奏曲第15番イ短調作品132のCDを久しぶりにPCへ放り込む。彼らの演奏する、ラズモフスキーとハープ、セリオーソの5曲、いわゆる中期の弦楽四重奏曲は総てレコードで持っていますが、12番以降の曲はレコードでは、スメタナSQとブダペストSQで半分ずつ所有しています。この15番は、ブダペストSQのレコードがありますが、ズスケSQ(ベルリンSQ)が新たに廉価版CDに成ったので、作品18も含め、ベートーベンの弦楽四重奏曲を総てこのズスケで揃えました。作品18は、他にイタリアSQのレコードがあります。
12番から16番の後期の中で、この15番が一番好き。カップリングとして作品18-6もこのCDに入っています。
昔からこの15番を聴いていると心が落ち着いてくるのが分かります。
それと反対にラズモフスキーの3番辺りを聴くと体が高揚するのが判ります(笑)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog