fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


プロコフィエフ、ショスタコービチピアノソナタ5枚目
先ほどAmazonから先日ポチッたプロコフィエフ、スクリャービン、ショスタコービチ、いずれも大名ピアニストが作曲したピアノソナタが全部収録されたCDが配達されました。ボックスセットというので、プラケースが5枚入った少し大きめのジャケットを連想していたのですが、通常のプラケース1枚分程度の厚さの紙ケースに紙ジャケットにそのまま入ったCDでした。そしてライナーノート等余計なものは一切添付されておらず、唯曲を聴くだけという姿勢に感動?。
画像の5枚目のCDには、プロコフィエフのの3番と6番、ショスタコービチの全部〈1番と2番だけ)が収録されています。一曲目プロコフィエフの3番は、一楽章形式ですが、とても力強くそしてやさしさが感じられる演奏。作曲者毎にピアノの演奏者が替わり、プロコフィエフはMurray McLachlanというピアニスト、ググって見るとハチャトリアンなんかのピアノ曲全集も出しているようです。
大曲6番もそれなりに、充分に楽しめました。
ショスタコービチの演奏はColin Stoneのピアノ独奏
ピアノソナタ第1番、第2番共に、いつも聴いているコンスタンティン・シチェルバコフのNAXOS盤より粒立ちが強く印象的かつ優しさがあり、充分に鑑賞に堪えうる演奏。
ロシアの偉大なピアニスト兼作曲家のピアノソナタ全集、3,000円強の値段に釣られましたが、結構いいんじゃないかという印象。
特に今夜のように仕事に疲れた身には、このショスタコービチ2番のソナタ第2楽章ラルゴなんか、凄く癒される・・・・?と思うのですが。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog