fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


今夜は木枯らし?

日中は、少し汗ばむほどの陽気のため、勤務先では半袖姿でしたが、日が傾くと途端に寒くなりました。太陽の角度もだいぶ下がり日中でも室内に日が多く入るようになり、否応無く冬が近付くことを思い知らされます。
帰宅し、車を降りると月明かりと冷たい風が吹いています。北西の「八ヶ岳下ろし」が今年もやってきたようです。
オリビエ・メシアン作曲世の終りのための四重奏曲
今夜のBGMは、オリビエ・メシアン作曲世の終りのための四重奏曲(ヴァイオリン、クラリネット、チェロ、ピアノのための)のレコードです。
ピアノパートをオリビエ・メシアンが担当している、自作自演盤で勿論モノーラル。
他のパート、ヴァイオリン、チェロ、クラリネットは、パスキエ兄弟が受け持っている。
録音年代など全く不明ですが、作曲年代は1941年のため、現代音楽?というよりも近代音楽と言った方が適切ですね。以前はとても取っ付き難いジャンルのレコードでしたが、昨今バルトークやヒンデミット、ショスタコービチを聴いている耳には、とてもロマンティックに聴こえるから不思議ですね。
私は仏教徒???のため、この曲に含まれるキリスト教的教義は判りませんが、こんな神秘的で且つ小奇麗にまとまった世界にのめりこむのも一興かと思います。
こんな木枯らしの第一波が吹く夜にピッタリな選曲だと勝手に思い込んでいます(笑)。

ちなみにネットでググると、なんとこのレコードの中古盤には、3,500円!の高値が付いています。
元値は、コロンビアのエオリアンシリーズと言う廉価版で1,000円でしたが?。


スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog