fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


昼のニュースで、某国で腎臓や肝臓などの不正臓器移植に関わった罪で服役し、刑期満了で出所した日本人が国外追放され、帰国し警察で事情聴取されるそうです。
某国では、不正臓器移植に対する斡旋についての罪は審理されなかったので、同じ罪を二度裁く事を禁じた一事不再理には、あたらないため、調べているとの事。

私の持病である「拡張型心筋症」は、不治の病として恐れられています。
唯一の治療法が『心臓移植』である事は、マスコミ等で取り上げられていますからご存知の方も多いと思います。幸い私の場合、アーチストその他の薬が効いていて、今の所その必要がなさそうですが・・・・・・・・?

心臓移植は、脳死状態に陥ったドナーからの提供が必用ですが、そのこと自体が、ニュースになるほど、日本国内では少ないわけです。しかも、15歳以下の子供の場合、法的に事実上国内での心臓移植ができません。そのため、『○○君を救う会』などという募金団体を設立して、米国や欧州での渡航臓器移植が行われているのが現状です。
海外ニュースで、小児臓器移植に絡む誘拐事件のうわさも時折耳にします。
もちろん某国がらみの今回の事件は、まれなケースでしょうが、渡航臓器移植に悪いイメージを与えてしまった事は、拭えません。

勿論、一般の皆さんにとって、臓器移植など、まったくの『他山の石』かも知れません。
私とて、3年(もうすぐ4年)前にこの病を宣告されるまで、自身がその当事者になるやも知れない事など、考えても見ませんでしたから。
特に小児臓器移植には、いろんな問題がはだかっている事も充分承知しております。ですから、みなさんも一緒に、賛否両論いろんな意見を出し合って、議論を尽くし、一刻も早く国内での小児臓器移植医療ができるような環境を整えて行かなければならない事をご承知ください。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog