fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


今日最大の話題は日没後、南アルプスを紅色に染めた『夕焼け』というより『夕映え』と形容した方が良い光景です。
五味さんのブログにもコメントしたのですが、瞬間湯沸かし器のような勤務先の社長が西の空を仰ぎ、事務所の社員ばかりでなく重要会議のメンバー達まで、戸外に集め、今夕の『夕映え』を皆で鑑賞いたしました。
朝は、久しぶりに暖かくてコートが要らないほどでしたが、夕方になると、北西風が強く吹き始め、一気に気温が低下しております。
年代ものの石油ストーブ
そんな寒さも心から?暖めてくれる、我家で一番古い石油ストーブ。
昨今液晶テレビが主力製品となった某社の「ペチカ」という製品名で有名だった石油ストーブ。
石油ファンヒーターが主流の暖房器具の昨今でも、我家は石油ストーブが幅を利かせています。
中でもこのストーブは御歳3?歳を迎える我家の長老です。
こうやって薬缶を頭に載せ、暖房による乾燥を防いでいます。薬缶のお湯は、コーヒーを入れたり、湯たんぽに使います。コトコトと煮込み料理に嫁も使っています。
だいぶ芯が減ってきたけど、灯油タンクを出し入れする扉も長男が小さい頃壊したままだけど、我家にぬくもりを届けてくれるこのストーブが好き。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog