プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


某社手指除菌スプレー

昨日の衆議院議員選挙の投票所にこの消毒剤が置いてありました。
(商品名の一部を画像処理してありますご了承ください)
投票する前に手指を消毒して、新型インフルエンザを防ぐ目的のようです。
ポンプ式で一リットルの消毒液が入っていて、霧状の液を手指に噴霧して、消毒します。
テレビニュースでの投票所の映像にも、これが必ず置いてあったようです。
他の製品もあったのでしょうが、容量的に大人数不特定多数でも使いやすいせいでしょうか。
私の勤務先でも、4月頃から導入されております。
本日別の事業所でも予備をおくって欲しい旨の依頼があり、製造元や取引先の薬品商社に問い合わせましたが、何処も品切れで入荷予定がわからないとの事。メーカー在庫も底をついた模様です。
それでも近くの大手系列のドラッグストアに在庫があり、そこから買ってこれたとのこと。
マスクはまだ在庫があるようですが、今回はどうも消毒薬が無くなりそうです。
新型のみならず、インフルエンザ等流行性疾患の予防には、先ず手洗いとうがいが大切なようです。
私たちの様な、基礎疾患がある方ばかりでなく、健康な皆さんも充分に気をつけましょう。
スポンサーサイト
先ほど嫁と娘を連れて衆議院議員選挙の投票に出掛けました。
『近くなので歩いてゆこう』と娘に申しましたが、すぐさま却下。
結局嫁の運転で投票所がある隣の部落まで。
歩くと近道があり、数百メートルの距離。車だと県道に迂回しなければならず、無駄が多い。
投票所の駐車上は広いのですが、アクセスする道は狭くてすれ違いがタイヘン。
それでも我が家と同じ考えの家族が多いためか、皆車、一人でも車。凄く無駄だと思うのですが?
この付近の住民は何処に行くのにも車を使います。ドアtoドアが基本とされ、バスの利用など高齢者や通学以外皆無の状況。もっともそのバス路線さえ廃止される有様。
そこで、自転車の利用促進を浸透させようと、甲府市地球温暖化対策地域協議会主催により、10月24日(土)『自転車でカッコよくエコ ~マイカーからマイサイクルへ』と題したシンポジュウムが企画されました。
いつも投稿しているように、片道5キロ程度の距離ならば、通勤等に自転車を利用する事が出来ます。
山間地でも昨今販売されている、電動アシスト付き自転車ならば比較的楽に走れます。
ドアtoドアから、ドア自転車ドアに替わって行くとうれしいのですが?
院外薬局にて

今日は、循環器科(拡張型心筋症)今月2度目の通院日、そして3カ月毎の眼科(網膜剥離)の通院日でした。
眼科クリニックでは、両眼の瞳孔を全開にして眼底検査を行うため眩しさのみならず、焦点がまったく定まりません。そのため、自転車を通院の足として使うのが良策だろうと勝手に解釈。
上の画像は、循環器科クリニック併設の院外薬局の看板を背にした我アバランチェです。
御覧の様なピーカンの天候、天気予報では昼ごろから天候が崩れるとの事だったため、曇り空を想定していましたが、大きな間違いでした。
眼科クリニックからの帰路、サングラスの上からミラーグラスをクリップオンして何とか乗り切りました。
此処から拙宅までは、例の急坂を登るだけなので比較的短時間ですが、サングラスの裏側から廻り込む日差しには閉口気味(笑)。
眼科では、網膜の状態に変化が無いので、又3ヶ月後の通院で良いとの事。
循環器科では、やはり心房細動に処方されている「塩酸アプリンジン」系の医薬品の副作用として、白血球の減少が続いているため、いつもの坑凝血反応数値検査と別に白血球などの検査用に採血が行われ、それによって一か月置きの定期通院が早まるかもしれないとの事。
白血球減少が酷くて急を要する場合、メールでお呼びが掛かるようです。
長野県での同病患者さんが新型インフルエンザで亡くなった話をすると、私程度の病状ではダイジョウブでしょうとのご託宣でした。
午前中に循環器科と眼科、双方の定期検診が終わり昼前には帰宅。
ベートーベンピアノソナタ第一番

久しぶりにANNE OLANDのベートーベンピアノソナタ全集を聴いています。
今夜はVOL.8から掛けていますが、1番、13番、そして28番です。
特に第1番ヘ短調作品2の1が好きでした。
13番の『ソナチネ』も結構好きです。
いつもグルダのレコードで聴いている事が多いベートーベンのソナタですが、このアンネ・オランドさんのピアノは、少し硬質な感じのピアノタッチのためか、少々疲れてしまうような気がするので、一日1枚のCDを聴くのが精いっぱいの処です。
明日は今月二回目の循環器科(拡張型心筋症)と3カ月毎の眼科(網膜剥離)の定期検診に出掛けます。午前中の行動なので雨の心配もなく、MTBアバランチェによる自転車通院を予定しています。
昨夜は、ボランティアNPO研究集会の準備会合に出ていましたが、夜風が心地良く流れていました。此処数日昼間こそ30℃位まで気温が上がりますが、それとて僅かな時間。
この時間ともなれば、虫の音と完全に秋風がそよぎ、気が付くとススキの穂さえ伸びている始末。
いくらなんでももう秋なんて、早すぎないかい?お米は大丈夫なんだろうか?
これから実る葡萄は、日格差が大きくて日照時間も増えてきたので生育が持ち直したとこ事。
稲作は肝心な開花期が、あの天候だったから少し心配。
今夜は、エコティーチャーの課題をパワーポイントにして作り始めました。
勤務先は一部観光に関する部門があり、昼間は子供さんを連れたお客様がおいでになります。
それを見て、『まだ夏休みなんだ』と気が付くほど、秋の気配が漂う今日この頃。
この調子では、秋の自然観察の予定を少し前倒ししないとならないかもしれません。
例年ならば、今日も暑いですねえ。と挨拶するのに、「もう秋ですね」なんて?
今年は、本当に短い夏でした。なんて気取っていても、オイオイまだ8月なんだけど?。
今夕、山梨県ボランティアNPOセンターで行われた第27回ボランティアNPO研究集会第5回実行委員会に出席し、先ほど帰宅しました。
今日が、実質的に最後の打ち合わせ会で、あとは本番前の9月5日の会場設定だけとなり本番の9月6日を迎えます。私の担当する環境部門は、こういった会議のプログラムすらなく、当日の参加者の様子で、考えようと云う、はなはだいい加減な規格でありまして、とりあえず色々なデータをノートPCに用意し、あとは野となれ山となれと云った塩梅?。

未だ8月だと云うのに、秋風が吹き、一気に夏が終ろうとしています。
と云うより、夏が来なかった?と表現した方が良いかもしれません。
本日、勤務先の長野の事業所で、スズメバチに襲われると云った事故がありました。
野山などフィールドに出なくても、このような事が起こります。何時自然は、人間に対し牙を剥くか判りません。くれぐれも用心しましょう。
ゴーヤ完熟

拙宅の緑のカーテンモドキに二つ目の実が付いたのですが、大きくならぬうちに前回同様に完熟して赤い種が覗いています。
網のメッシュは、約100㎜なので、この実が小さい事が判ります。
未だ花が咲きますが、いずれも雄花ばかり、雌花はまったく咲かない状態です。
南側の窓辺にプランターで育てていますが、葉もあまり大きくならず、大きくなった葉はいずれも枯れています。肥料が足らない事は、承知していますが、とりあえず朝夕の水やりぐらいしか手入れをしていないからでしょうね。
自然に生育する植物は大好きなのですが、こと植物の栽培は?主義に反するため?、あまり好きではないからでしょう。
先日K.A.さんに言われたのですが、ゴーヤが育たないのは、愛情が足りないからだそうです。
おそらく、それが図星と思われるので仕方ありませんね。
明日は、ボランティアNPO研究集会の最終打ち合わせがあります。
こちらの資料も準備しなければなりません。
今朝のモーニングサテライトを視ていたら、自転車"復権"を後押しと題し、国土交通省は、新しい制度を創設し、自転車を使って安全に通勤や買い物ができる街づくりを進める自治体を支援する方針を固めました。モデルとなる「自転車重点都市」を約20自治体選び、市内5キロ程度内の移動手段としてマイカーより自転車が中心になるように専用の道を整備するなどします。 と云う報道がありました。

別のニュースソースでも
国土交通省は24日、自転車の貸し出しシステムや専用道路、駐輪場といったネットワーク構築に向けて先進的に取り組む自治体を「自転車重点都市」として認定する制度の創設を決めた。全国数十カ所を選定し、技術的な指導や財政的な支援を行う方針。2010年度予算概算要求に関連費用を盛り込む。
 同制度は、限定された区間の専用道設置にとどまらず、「自転車が利用しやすいまちづくり」を都市全体で面的に整備する点が最大の特徴。欧州の先進都市を参考にしながら、駐輪場と連動させた自転車専用レーンの整備、歩行者との走行空間の分離策、自転車貸し出し拠点の整備などを進める。

と云った内容。
いよいよ自転車なんだろうけど少し心配している事があります。
私たちの様な、傍から見たら自転車オタクは兎も角、現状では、街の自転車屋さんが殆ど廃業してしまっていますし、通常一般の人々はホームセンターで、某国製の安価な自転車を購入し、殆ど手入れも何もせずに使い、「壊れたら捨てる」と云った、使い捨てが多そうです。
自転車は、比較的構造が簡単なので、グリスアップや定期的な消耗部品の交換程度で相当長く使う事が出来ます。安全のためにも自転車の整備が進むような対策を望みます。たとえば、ホームセンターで自転車を扱う場合、自転車整備士を置くように指導しては如何でしょうか。
通勤に限っても、私の様な長距離を自動車通勤するのは、ごく稀な事。普通片道5キロ程度の使用が殆どでしょう。自転車でもこの距離なら、片道20分~30分程度で楽に移動できます。
脱石油とメタボ対策が一遍に解決できると云った、素晴らしい方策なのですが・・・・・。
昨夜投稿したように、今日のメイン活動は、山梨県森林環境部環境創造課主催第5回エコティーチャー養成研修会への参加です。
毎回の事ですが、会場の拙宅のある甲斐市から県環境科学研究所までは、往復約100キロメートルある訳で、結構辛いものがあります。
まあ、これと逆に郡内方面(山梨県の場合御坂山地と大菩薩連山を結んだ山系を境にしてその西側を国中地方、その東側を郡内地方と呼びます。気候的にもまったく違うようで、天気予報では、郡内地方を山梨県東部と呼びます。比較的標高も高く、冷涼な気候です。植物相では、高山植物として有名なグンナイフウロは、この「郡内」と云う地名から命名されています。)の方が甲府にいらっしゃる場合は、その逆になる訳ですから、止むをえないと云えばそれまでなのですがね。

ゲンノショウコ

9:00前には会場に到着したので、少し近隣の植物相を尋ねてみました。
上の画像はフウロ属の「ゲンノショウコ」です。あの有名な薬、ゲンノショウコの原料になります。
飲みすぎても比較的安全な整腸薬だそうです。
似ている植物に葉の先がもう少し切れ込みが深くて、葉先が赤みを帯びている帰化植物「アメリカフウロ」が多く繁茂しているのでご注意あれ。

講義内容は、受講者をグループ分けして、ディスカッションしてプログラムの最終的な方向性を探ると云った内容でした。
次回9月12日は卒業論文の様にインタープリテーションプログラムを作成し、発表する訳です。
聞き手は、この研修会のメンバーですので、いい加減な事は出来ない訳です。いい加減な活動しかしていな私と違い、みなさん其々、有名な方々なので手抜きは許されません。
さあ、どうしましょうか?。
一休み

先日拙宅を巣立ったばかりのツバメの若鳥達、電線で一休みを繰り返しながら、飛行練習の真っ最中。
時々懐かしい巣を訪れたり未だ少し飛び方にぎこちなさが感じられますが、もう少し一生懸命練習すれば、親ツバメも顔負けの燕返し??だってもう平気。
今日は一日風が弱くて良かったね。
おかげでこっちは、暑かったけど。
秋になったら南の国に旅立つツバメ達。
もう少ししたらお別れだけど、来年も待っているから元気でね。

さて、こちらは明日のエコティーチャー研修会に備えて課題の準備を急がなきゃ(笑)。

今は、もう秋?

秋虫の音も日一日大きくなってきました。
先ほどは、とうとうスズムシまで鳴きはじめています。
時々投稿するように、ナチュラリストだなんて気取っていても、秋虫の音も騒音としか感じない性格なので、秋は私にとって辛い季節です。騒音遮断用の耳栓をして寝ます(笑)。
まだ8月も20日だと云うのに今日も涼しくて、秋の雰囲気です。
明日も雨模様の天候との予報です。
もう少しお陽様に元気を出してもらわないと、お米の事が心配になりますね。

私の体調も、月曜日の心房細動以来、動悸は少しありますが、心臓の動きは、ほぼ安定してきました。
明日は、エコティーチャーのインタープリタープログラム草稿第二回目を完成させなければなりません。
無理しないくらい、ほんの少しだけ頑張りましょう(笑)。
このブログを紹介していただいていた、闘病記 心筋症.comと闘病記 網膜剥離.com双方とも同じ管理人さんのサイトらしいのですが、今日昼間から403 Forbidden errorが表示されるだけになっています。何らかの理由でサイトにアクセスできないらしいですね。
先ほどまで、県ボランティアNPOセンターで開かれていた、環境カウンセラー協会の会合に出掛けていましたが、同センターのパソコンをお借りして、私が立ち上げた「山梨環境カウンセラー協会のブログ」の説明を行っていましたが、そのパソコンのパスワードが凄く長くて難しいのに驚くとともに、これだけのセキュリティーを施さなければならない現状の難しさを知りました。
カウンセラーのメンバーからもインターネットで酷い目に遭った話を伺ったりしましたが、要は、ウェブを利用する一人一人が、便利でも使い方を、変に誤ったりしなければ、これだけ便利なツールは無い訳です。
私の場合、勤務先の仕事もインターネットのみならず、社内のイントラネットが使えないと仕事にならない訳で、10年前には考えもしなかった状況になってしまいました。
たとえば、現在この文章を投稿しているパソコンは、メモリーだけを視ても4ギガビットと隣にあるPC9821のHDD以上の容量があります。VRAMでさえ350メガとPC9821の100倍の内容となっています。
おまけに拙宅のウェブ環境は一応光回線です。
こんな贅沢な環境でさえ、本音は、windows7の新マシンを何とかしたいと考えている次第です。
この処、新型インフルエンザによる死亡の報道が多いですね。
国内で3名の方が亡くなられたそうです。ご冥福をお祈りいたします。
亡くなられたのは、いづれも心臓病や、糖尿病等の慢性病患者さんばかりの様です。
つまり、私のような病気持ちは、新型インフルエンザ罹患により、重症化のリスクが大きい訳です。
私の場合、現在白血球数が減少しているという検査結果が報告されていて、免疫力が落ちている事もあり、少々不安です。
勤務先では、従業員皆が、うがい、手洗い、手の殺菌を心がけ、新型ばかりでなくインフルエンザ等の集団感染予防に徹しています。
この季節、多湿なので普通はまだ流行しないはずなんですが、新型は少し違うんでしょうか?
加湿器も役をしないのでしょうか?
普通の風邪でも、不安ですが、新型インフルエンザは感染力が強いようなので気をつけましょう。

尚、明日は環境カウンセラー協会の8月度会合日です。
早く資料まとめて作らなきゃ。
この辺りに多いユリ、テッポウユリなのかタカサゴユリなのか同定が出来ないのですが、このユリが拙宅でも咲き始めています。

夜のユリ

殆ど臭いも無くこれなら咲いていても問題ありません、ヤマユリは嫌いです。
あの臭いには閉口するからです。
唯、このテッポウユリとしておきましょう。このユリの花にも少々問題があるのです。
実は我飼い猫のミーが、昨年この花の葉を食べて具合が悪くなった事があるからです。
ご承知のように、猫や犬等の小動物にとって、玉ねぎ等ユリ科の植物が毒性が強く、死に至る事もあるようなのです。縁側やその他いろんな場所でこのユリが咲いているため、油断が出来ないのです。
嫁はそんなことはお構いなしに、このユリが好きだとおっしゃる。そのため私ひとりやきもきしておる次第です。
繁殖力も強いようで、咲き終わった花の子房から、たくさんの種がまき散らされ、物干しの周りにもたくさん咲いています。
いつものように朝食用にコロンビアを挽いていたら、オヨヨ?と心房細動が始まりました。
結構キツイのですが、とりあえず何とか朝食を採り、仕事を休んで循環器科の診療を受けようかとも思いましたが、もう少し様子を見てから受診する事にしました。
勤務先までの運転も少し調子が悪く苦痛なのですが、体を動かしている分には、それほどでもありません。
座っていたり、立っていたりして、静かにしていると、動悸で心音が滅茶苦茶に成っているのが判ります。
急ぎの仕事だけ片付けて、午後から治療を受ける段取りを考えましたが、例の如くあちこちから、マウスが壊れたり、ああだ、こうだといろんな雑用が多くなり、肝心の仕事が片付きません。
仕事が忙しくなってきたせいか、昼前には心臓の鼓動も安定しはじめ、昼食後には、まったく異常が無い状態まで回復して一安心。
一昨年のゴールデンウイーク明けの心房細動では、カウンターショック療法で戻した経験もありますから、連休が長く続くと、どうも体調を崩しがちになるようです。
連休明けに心房細動で調子が悪くなるなん、てあたしゃ子供ですかい?

かと言ってこの病の場合の主な死因として、突然死や心房細動がある訳で、やっぱり気をつける必要もあるそうです。かと言って、勝手に動いている心臓をなだめる訳にもゆきませんし、どうしましょう?
今朝は、自治会の一斉清掃日なので、一応諸活動の予定はOFF!にしてあります。
そこで、久しぶりにフットギアやアバランチェのサドル関係、つまり皮製品のメンテナンスを行う事に決定。

ブルックスプロフェッショナル

サドルオイル

鰯の様な臭いのブルックスのサドルオイルをたっぷりサドル全体に指で塗り込みます。
でもって、しばらくサドル全体に沁み渡るまで放置。
さすがに自転車3台渡り歩いている30年物のブルックスですから、ひび割れたりしてだいぶくたびれてきましたが、もうしばらく、私が生きている間ぐらい(笑)使いましょう。

その間にフットギアであるトレッキングシューズにもダービン・シューグリスを塗り込みます。

フットギアの手入れ

左から甲府「エルク」オリジナルのトレッキングシューズ、そしてウルバリン製のチロリアン。
双方とも何回ビムラムソールを張り替えたか判らない程、履きこんでいます。ブルックス同様30年物のフットギアです。
新しい靴も良いでしょうが、こうして時々手入れをすれば未だ充分使えるはず?と、思っていたらチロリアンの右足外側のインナーが裂けてしまっている事を発見。
このチロリアンは、通勤、出張、冠婚葬祭まで使っている大事な靴。
そろそろ買い替えようかとも思いましたが、一応「エルク」に相談して修理してみようと云うわけで、即刻実行。

内張りが裂けたウルバリン

修理完了

ウルバリンのチロリアンは重いため、自転車はあきらめ、もっともサドルオイルを塗ったばかりなので乗れません。AZオフロードで、一路甲府エルクに出発!。
広い道は混んでいそうなので、中央道の側道沿いに走り僅かの時間で到着。
店員さんに見て頂くと、インナーの裂け目以外はナントも無いので修理しましょう。
と云うわけで、観てくれなど気にしない旨を伝えインナーをそのまま繕ってもらう事にしました。
縫っただけだから又裂けたら直していただけるとの事。
修理代を聞いたが、要らないという返事。
先日もナップザックを直してもらっても無料だったから、昨年一月にセカンドバッグとワレットを購入して以来、お金を払っていない様な気がしますが・・・・。
次の靴もやはりエルクで買いましょう!(何時になる事やら(笑))

遅すぎた夏

午後から曇りがちになったものの、夏がやっと来たようです。
でも今聞こえるのは虫の音。
先ほどまで嫁の実家に出掛けておりましたが、陽があるうちは、暑かったのですが、夜になると涼しさも感じられるようになりました。
嫁の実家で、義兄たちと歓談しながら、ビールを飲んだり、お盆用についた餅で、安倍川餅をいただいたりと、少々食べ過ぎです。
盆休みも残すところ明日一日。エコティーチャー研修会に提出する「インタープリテェーションプログラム」も仕上げなければなりませんし、来月初めには、ボランティアNPO研究集会があるので、そのネタを仕込まなくてはなりません。明朝は、自治会の一斉清掃日でもあります。
無理しない程度に頑張りましょう(笑)。
ゴーヤの種

これは、拙宅で実ったゴーヤの種子の部分です。
うわさによると、「甘くて旨い」との事。
果してその真相は?、どうだろうと恐る恐る試食してみました。
これが完熟して黄色くなったゴーヤの実の中にあった種の部分です。
小さい実だったので種も少ないですよね。
確かに表面は甘いのですが、中の真に当たる種は堅く、噛んでみると、あまり良い印象はありません。なんとなくコーヒー豆をかみ砕いた時の感じに似ています。
緑のカーテンモドキの拙宅のゴーヤは、相変わらず雄花ばかりが咲いています。

外側の黄色くなった部分もかじってみましたが、僅かに甘味を感じるのですが、次第に苦味がそれを追い越して行くような感じでした。これは牛乳や蜂蜜などと一緒にジュースの様にして味わうとの事。
以上とりあえず、生のままの食感だけをお伝えしました。

熟したゴーヤ

熟したゴーヤ

拙宅の緑のカーテンモドキで育てているゴーヤが完熟してしまいました。
外側が黄色く変わり、こんな風に裂けてしまいました。
まだ10センチ程度の大きさながら、実も赤く熟しています。
この赤い実は甘くておいしいそうですが、食べる気に成りません。
色的にマムシグサの果実を思い起こさせるような色をしています。
高い場所にもう一つだけ、小さな実がなっていますが、こちらは大きくなるんでしょうか?
未だこの二個だけが実っただけです。
先日も書き込んだように花こそたくさん咲きますが、全て雄花だけの様です。
お腹いっぱいの上、水分も塩分も大量に摂取。
明日から又、水分塩分を制限しなくては成りません。
今夜もナトリウムの誘惑に勝てませんでした。
反省です。
googleのホームページの画像が、流れ星になっていました。
ペルセウス座流星群をかたどったものですね。
今夜も曇り空。
流れ星は期待できそうにありません。
今朝の地震は強烈でしたね。
起床していましたが、さて先ず何から取り掛かろうかとコーヒーの準備等を始めようとした矢先突然あの揺れ方です。初期微動(P波)だけでも相当強くて、瞬間的にこのまま主要動(S波)が来たらどうなるだろうと案じていましたが、案の定ビックリするような揺れ方でした。子供らは、驚きの声をあげていましたが、相当驚いたのでしょうね。
それに引き換え猫のミーは、「早く朝飯をよこせ」といつもと同じように大騒ぎ。
拙宅は、地震特に耐震性があると言うフレコミの構造だそうですが、震度4でも相当揺れました。
幸い落下物やその他被害は何もありませんでした。
これで台風が遣ってきたらどうなる事やらと思っていましたが、今日は久しぶりに一日中晴天に恵まれ久々の暑い夏(残暑)が戻ってきたようです。
地震ならびに大雨で被害に遭われた皆さま、謹んでお見舞い申し上げます。
同僚の女子事務員さんが、分別されずにいい加減に処理されようとしている、ミックスペーパーの中より、某有名環境関係雑誌を正規分別するために拾い出してきました。
付録として付いている音楽CDにだれも見向きもしないので、救済すべく我ライブラリーに加えました。
これでこの手のCDも三枚目に成ります。
この特集では、どうもキューバ音楽が収録されているようです。
6曲程収録されていますが、全てアーティスト名が違いますが、結構夏向きな音楽の様です。
各アーティストをyoutubeで探したところ、皆結構その手の音楽では有名処らしく、掲載も多めでした。

今夜のキューバ音楽

台風が近い割に静かな夜。
今朝方強い雨が降りましたが、それ以来降ってきません。
今夜あたり、雨脚が強まるのでしょうか?
今日は、エコティーチャー研修会の第4回目でした。
富士吉田市の県環境科学研究所で行われるのですが、さすがにこれだけ通うと、道も覚え、短時間で到着できます。それでも往復100キロメートル近くある訳ですから、だいぶ疲れます。
往路は夏富士を眺めながら、まったく問題もなくスムーズに到着できましたが、帰路は事故?だったのか、或いはただ単に観光客の車が多かったのか判りませんが、河口湖大橋から坂の上り口辺りまで渋滞しておりました。

渋滞中の河口湖大橋より

帰路の富士は裾野だけ見えますが、大部分は雲の中と、寂しい限り。
河口湖の湖面も鉛色の空を写しているだけ。
8月のこの季節でも、県環境科学研究所周辺は冷涼な空気に包まれ、もう秋風?と思われるような気候でした。
一時間程前に帰宅しましたが、拙宅の付近も今日はそれほど蒸し暑くありません。
相変わらず空は曇り、何時雨が降り出すやら。
小笠原高気圧さんにもう少し頑張ってもらい、残暑がやってくる事を祈るばかりです。
体調を整えるため、今日はのんびりしようと思っておりましたが、一応「本家」?としての面子もあるので、午前中は菩提寺の墓を開墾しました?。
軽く運動しようと、MTBのアバランチェで出掛けましたが、無理しないように、あくまでユックリ走り釜無川近くの菩提寺に到着。

開墾前

この寺は、無住のため、管理が行き届いていません。各檀家ごとに縄張りを掃除する事になっています。武田信玄が構築した、『信玄堤』に面していますが、堤に植えられている桜や欅の葉や枝が覆い被さり、それにカナムグラが絡みつく惨状を呈しています。
出発時に軍手を忘れたため、素手による開墾です。道具も箒と熊手そして箕だけ!
カナムグラを引っ張り根こそぎ抜いて堤防の外側に押しのけて行くのですが、カナムグラの棘が手足に絡まり少々痛く感じます。(夜になった今も少し滲みるほど)

開墾後

それでも一時間ほどで御覧の状況まで復活いたしました。
近い将来此処が私の終の棲家となる訳です(笑)。

ナツズイセン

堤の下にはナツズイセンのピンク色の花も咲き、一応まだ夏だよと訴えているようです。
日差しも時折陰るため、それほど強く感じません。
アメダスのデータでも、ほど近い韮崎辺りだと、30℃を少し上回った程度ですが、少々暑く感じます。

稲の花

帰宅途中、田圃の稲に目をやると、穂が出て花が咲いています。此処で、残暑に一働きしてもらい、万作の実りの秋を迎えたいものです。



冷房病?

体調がいまいち?どうも冷房病?かもしれないと思う。
『夏は大量に汗をかいて元気に過ごす』これが、以前の夏の生活でしたが、現状の水分制限、塩分制限の身の上では、それもならず、あまり元気ではありません。
勤務先は、ご多分にもれず、エアコンが入り寒い思いをしますが、それも一時の事。
それに慣れてしまうから人間は怖い、一歩室外に出た途端、その温度差について行けない私です。
夏は寒くないので過ごしやすいのですが、他人は皆暑がりな訳で、それに合わすのは難しいというわけ。
来週からはもう一枚羽織る事にします。
今夜もバッハの平均律クラビーア曲集第一巻の三枚目のレコード。
今夜も小雨が降っています。明日はボランティアNPO研究集会の資料集め程度で、その他の予定を入れていませんから、少しだけノンビリできそうですね。
リヒテルの平均律クラビーア曲集第一巻の二枚目。連続して聴きたいところですが、就寝前のわずかな時間しか採れず、ナカナカはかが行きません。
やわらかなピアノタッチで、だいぶ擦り切れているけどなんとも言えない気分にさせてくれるレコード。
今日もいつもと同じ様に天候も安定せず、勤務先では、午後にわか雨が強く降りましたが、自宅近辺は降らなかったようです。
今年の稲の作況状況が発表されたようですが、やや不良との事。コメ余りのため、心配しなくてもよいとの事ですが、果してダイジョウブでしょうか?
明日はとうとう立秋ですよね。後一時間で今年の夏は終わり???と云う事になります。
それなりに暑かったけど、太陽がぎらぎらした夏じゃなくて、唯いつも曇っていて、とても蒸し蒸しする夏?だったという思い出だけ。
体調が今一のため、最近は朝のポタリングを止めています。
昼間仕事で外出中FMでバッハが流れていたためか、今夜は平均律クラビーア曲集第一巻のプレリュードから聴き始めています。
他にこの曲集のアイテムが無いので、いつもと同じスビャトラフ・リヒテルのレコードです。
なんとなくベートーベンのピアノソナタは疲れる気がして、何も考えずにレコードに針を落とし、リヒテルの世界に入って行くのです。

リヒテルの平均律第一巻

先日まで新しいCDを買おうかとも思っていましたが、このレコードで充分すぎる気もします。
一枚目だけ聴いて寝ようかと思っております。
御覧のようにクロス張りのジャケット外箱も傷だらけ、三十有余年の酷使に耐えしのんでいるレコードです。

やっと晴れたね!

昨夜の天気予報は、大きく外れ朝から晴天でした。もっとも20:00過ぎは雨が降り出しましたけど。
アメダスの気温データでは甲府で最高気温が34.9℃だったとの事。
勤務先は32℃ぐらいでしょうか、それほど暑いとは感じませんでしたが、エアコンのスイッチが入っていました(笑)。

今夜のミー

猫のミー雌11歳。食事も無事終わり、今夜もこうしてくつろいでいます。
私が、帰宅するとすぐに『飯よこせ』・・・・と大騒ぎ。高カロリーの餌を使いますので、カップに二目盛り以下と、信じられないくらい少量ずつ給餌し、体重管理をきちんと行っています。
猫はうらやましい動物!。私も猫になりたい(笑)。

巣立ちも近い

こちらは我が家から今年初めて巣立ちを迎える、今朝のツバメさん達。両親は朝早くから暗くなるまで、一生懸命に子供らに給餌しています。おかげでこんなに大きくなれました。
今日は晴れてよかったね。そろそろ空を飛ぶ練習しないとね。
この間、ミーが縁側からツバメ達を観察していると、親ツバメが迎撃態勢を執っていたそうです。
生き物にとって、自分たちの遺伝子を残す事が最重要課題である事が判りますね。
勿論私たちも同じですけど。
私の子供たちは、すでに皆成人に達していますが巣立ちを迎えず、未だ親がかりで暮らしております。
夕方のにわか雨こそあったものの、今日は久しぶりに晴れました。
明日はまた雨模様との事。
間もなく稲の花が咲くというのに今年の実りは少々不安。
帰宅途中急なにわか雨、何時もは窓を開けて走行する我AZオフロードも閉め切ってエアコン回して帰りました。いつもは殆ど回さないのですが、雨が降っていますからね。
とわいえ、やはりエアコンの冷気は快適です(笑)。
今夜のBGMは、ラサールSQが演奏するブラームス作曲弦楽四重奏曲第1番と2番。
先日購入したマスターワークスの中の一枚から。
30年ほど掛けていた生命保険の払い込み期間が終了し、特別保険期間が終了するとの事。
終身保険ですが、今まで、病死で4千万円受け取れたのが今後は五百万円になるという。あるいは、年金で期間を決めいてその半額程度を受け取る方法もあるらしい?
勤務先の定年が60歳なのでそれまでは働けそうなのだが、現状の病気では、勤務先でも再雇用をしてもらえないだろうし、ましてや他で雇ってくれる事は考えられません。
私自身、最近では通勤の一時間程度の車の運転だけで相当疲れるようになりました。
この調子では60歳以上まで働くのは無理のような気がしています。
わずかばかりの退職金と投信を取り崩しながら65歳からの厚生年金支給までの5年間をしのごうかと思います。保険のセールスさんの話では、今後も本当にお金が必要になるまで、現状の保険を継続して置く事によって、年間わずかな掛け金で特約保障が受けられるそうです。
さて、どうしたものでしょうか?

例のボランティアNPO研究集会用の資料を作るため、画像をスキャナで取り込もうとしたところ、Vistaに対応しているGT6700Uの可動部分が引っ掛かったようで、凄い音を出してす買えません。
スクリーンを外して様子を見ると、スクリーンを固定しているプラスティックの部位が折れています。
おそらく上から大きな荷重が掛かり折れたものと推測。
ハテ、下手人は猫のミーちゃんしか考えられません。今までこの部屋へ入れなかったのですが、嫁が昼間ドアを開けているせいか、時々入ってきます。
最近彼女が窓の桟に上る際、ジャンプをして行ったに違いなくいつかはこういう事がある事は予想していたので、案の定というわけです。
折れた部位を取り外し、今後は荷重をかけぬ様に使うとしましょう。
そしてスキャナは、ミーちゃんが近寄らない処に置くしかありません。先ほどもレコードプレーヤーの上によじ登っていましたからね。
外は相変わらず時々雨が降っています。

Powered by FC2 Blog