FC2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


昨夜投稿したように、今日のメイン活動は、山梨県森林環境部環境創造課主催第5回エコティーチャー養成研修会への参加です。
毎回の事ですが、会場の拙宅のある甲斐市から県環境科学研究所までは、往復約100キロメートルある訳で、結構辛いものがあります。
まあ、これと逆に郡内方面(山梨県の場合御坂山地と大菩薩連山を結んだ山系を境にしてその西側を国中地方、その東側を郡内地方と呼びます。気候的にもまったく違うようで、天気予報では、郡内地方を山梨県東部と呼びます。比較的標高も高く、冷涼な気候です。植物相では、高山植物として有名なグンナイフウロは、この「郡内」と云う地名から命名されています。)の方が甲府にいらっしゃる場合は、その逆になる訳ですから、止むをえないと云えばそれまでなのですがね。

ゲンノショウコ

9:00前には会場に到着したので、少し近隣の植物相を尋ねてみました。
上の画像はフウロ属の「ゲンノショウコ」です。あの有名な薬、ゲンノショウコの原料になります。
飲みすぎても比較的安全な整腸薬だそうです。
似ている植物に葉の先がもう少し切れ込みが深くて、葉先が赤みを帯びている帰化植物「アメリカフウロ」が多く繁茂しているのでご注意あれ。

講義内容は、受講者をグループ分けして、ディスカッションしてプログラムの最終的な方向性を探ると云った内容でした。
次回9月12日は卒業論文の様にインタープリテーションプログラムを作成し、発表する訳です。
聞き手は、この研修会のメンバーですので、いい加減な事は出来ない訳です。いい加減な活動しかしていな私と違い、みなさん其々、有名な方々なので手抜きは許されません。
さあ、どうしましょうか?。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog