プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ


ブラームス ハンガリー舞曲集

土日の疲れが出たのか、今朝は体調があまり調子良くありませんでしたし、いつものように朝から勤務先のネットワークは切れたまま、おまけにADSL回線が不調なのは先週同様。
それを何とか、なだめようと必死の抵抗をする間もなく、今日は10:00過ぎには回線がプッツン!。
16:00に予定していたNTT局舎内作業を12:00に前倒しして行う予定も空しかったようです。
切れてしまった回線は全く繋がる気配もなく、保守業者のSEさん達とハブを切り替えてみたり色々行いましたが、全てダメ。
予定の12:00にNTT局舎内作業をするための確認作業に来たNTTの作業員と一緒に色々調査しましたが原因不明?。とりあえず局舎内の回線を切り替えてもらい、何とか復旧。
その後調子良く繋がっているものの、明日の事は判りません。
ウイルス説も検証するため、ヤバそうなパソコンを何台かチェックするもののウイルスは見つかりません。
とりあえず回線の切り替えによってその後安定しているので何とかなるでしょう。
明日は、小諸の事業所に出張し、本来の業務であるISO9001の内部監査を行います。
たぶん明日シンドイ事になりそうです。

今夜はあまり深刻な音楽を聴く雰囲気になれません。
ブラームス作曲ハンガリー舞曲集全21曲をクラウディオ・アバド指揮、ウイーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏で、聴いています。
先日聴いたコンタルスキー兄弟によるピアノ連弾バージョンに比べ、より明快で華やかな曲想です。
疲れた心を労わってくれる私ののブラームス。
このCDもブラームスコンプリートの中からの一枚、上の画像は単売されているジャケットの画像です。


スポンサーサイト
今日は、久しぶりに一日環境カウンセラーとして活動しておりました。
東京からみえられた『緑のカーテン』関係のNPOの皆さんと昼食を交えた、緑のカーテン活動に関するイベントに向けた会議を甲府市酒折の『シャトー酒折』で行いました。

シャトー酒折

16:00頃から小沢環境相が来場し、警備がものものしい山梨学院大学メモリアルホールで開催されている『甲府バレーライトダウン』環境大臣表彰記念のイベントに参加ですが私の恰好は、虫食い穴が沢山空いたモンベルのワッチキャップにエルクのザックを背負ったいつもの姿、どう見ても不審者なのですが・・・・・。

Four Hearts Cafe

甲府市中心街の『Four Hearts Cafe』に場所を移し、東京からのメンバーと環境カウンセラー協会のメンバーによる夕食を兼ねた交歓会が開かれ、県内食材を使った野趣あふれる料理を堪能。
一日ワインが付いて廻るる日でしたが、車の運転の上病気持ちの私には辛い一日でした。
新型インフルエンザ予防接種済証

新型インフルエンザワクチン予防接種優先対象者なので、今日11月の定期検診の際ワクチン接種をしていただきました。
そしてこんな証明書が発行されています。一応優先対象者である事の証明書みたいなものでしょうか?。
これによると、私が接種していただいたワクチンは、国産の物のようです。
先月は、従来型も注射していただいてありますので、これでとりあえず備えは万全と云った塩梅でしょうか。
ワクチン自体が不足気味の様で、現在とても貴重なのだそうです。
その他検査結果は特に問題は無いそうです。寒くなると肌が乾燥して痒みがでるので、かゆみ止めローションも処方してもらい体調変化が無い事を確認後、エルクに立ち寄りワッチキャップを発注して帰宅。

循環器科クリニックにて

MTBを駆って新型インフルエンザワクチン接種にやって来る、「基礎疾患を抱える優先接種対象者」は、他にいないでしょうね。
午前中は小春日和の天候だったため、帰路の急坂を登る際など、少し汗ばむほどでしたが、昼頃から急に曇り始め走っていても肌寒さが襲ってきました。

里山の紅葉

クリニックからの帰路訪ねた、いつものポタリングコースでも、雑木林がすっかり色を変え、もう一度木枯らしが吹くだけで、すっかり葉を落とす事でしょう。
NNNE OLAND

アンネ・オランドが弾く、ベートーベンのピアノソナタ全集から三枚目の作品28『田園』、作品81aの『告別』、そして大好きな作品109の三曲が収録されているCD。
これが今夜最初のBGM。以前にも投稿したように少し硬質なピアノタッチのような気がするのですが、こんな風に聴き手に媚びない演奏も嫌いではありません。
もっともバックハウス最盛期の重厚なピアノタッチがお望みの方には、お叱りを受けうかもしれませんね。
勤務先では、現場事務所のプリンター修理は何とか無事終了し、快調にプリントアウトを繰り返していますが、システムネットワーク環境は、水木と平穏だった日々を忘れさせる様に、案の定16:00前からトチ狂いはじめ、いくら手を尽くしても回復はおろか、その原因さえつかめない有様でした。
ネットワーク管理を依頼している業者のSEさんも頭を抱える始末。
NTTフレッツの担当者さんと連絡を取り合い、回線の変更をするため月曜日16:00頃局舎内工事を行うようです。
こちらでは、とりあえず全端末の機器にウイルスチェックを掛けてみようと云う目論見を挙げ、何とかこの非常事態を解消しようと考えております。
とりあえず、コンピュータ絡みの浮世の話をうっちゃって置いて、この週末を有意義なものにする事に全力を傾けましょう(笑)。
明日土曜日も晴天が見込まれるため、自転車通院を強行する手もありますね。
通常の月一定期通院なのですが、新型インフルエンザワクチンも接種します。
MTBで通院する様な無謀極まりない、新型インフルエンザワクチン優先接種対象者は私だけでしょう。
ブラームスピアノ五重奏曲ヘ短調作品34

今日はネットワーク絡みのトラブルこそ起こりませんでしたが、現場事務所のレーザープリンターが不調になり、プリンター保守業者さんの手配やら修理立会等、結局ISOのマニュアル改訂文書の配布だけで一日が終わってしまいました。
先週の木曜日以来殆ど毎日この状況が続いており、明日朝から未だ不調な同プリンターの再調整に立ち会わねばなりません。
疲れた体を労わるため、今夜もブラームスを聴いております。
今夜のアルバムは、マウリッティオ・ポリーニのピアノとイタリアSQの演奏でピアノ五重奏曲ヘ短調作品34、アマデウスSQ他の演奏で弦楽五重奏曲第一番ヘ長調作品88が収められたCDを聴いています。
このCDもブラームスコンプリートアルバムからの一枚です。
本日勤務先のネットワークは朝一番にプッツンして、再起動を掛けただけで、ご機嫌に稼働。
されど、NTTさんの技術者さんがいらっしゃり、回線の設定を変更する際、当方が止める間もなく一気にモデムを外したため、長野県小諸の事業所にあるワークステーションが落ちてしまい大変な目に遭いました。
私事では、先日異臭が発生し、発煙今一歩と云う処を取り留めたノートのLavieでしたが、本日NECのSEさんが、わざわざ勤務先まで出向いてくれて、修理をして頂きました。まさかその場で修理していただけるとは思いませんでしたので、少々驚きましたが、NECと云うナショナルブランドの力を見せつけられた思いです。そのSEさん曰く、『異臭や発煙など本来在ってはならない事』だそうです。
したがって今回の修理は無償修理との事。このLavieは2002年一月二日に購入したノート、すでに8年の年月が経過しようとしています。流石に今後は部品が手に入らないとの事。それでとりあえず後まだ8年ぐらい使える事でしょう。勿論昨今の瞬間湯沸かし器やFF暖房機の降りもあるのでしょうが、その対応の素晴らしさについて驚嘆いたしました。約二時間程掛かりましたが、Lavieを全て分解しての点検の後、要修理箇所を特定して頂いた事に感謝する所存です。
本音、『やっぱりコンピューター大好き』って言いたいけど、NTTさんダイジョウブ???

アフターファイブは、いつもお世話になっているアウトドアショップエルクのイベントが在り、北杜市にお住まいのペンネーム『シェルパ斉藤』さんのトークショーが行われ参加していました。
斉藤さんのお話でも『いただきます』のくだりについてお話があり、この言葉が今一番重要な言葉なんじゃないかと改めて感じた所存です。
後から環境カウンセラー協会の臨時会合も決まっていたのですが、トークショーの予約を済ませた後でしたので臨時会合はやむなく欠席する事となりました。その代わり、本番の日曜日は頑張りましょう。
トークショーの後、ジャンケンゲームがあり、モンベルのTシャツを頂きました。
凄くうれしい!
先日異臭がして火を噴きそうになった我NEC Ravieですが、本日サポートから再度連絡が入り、明日NECの営業の方が持ちに来られるとの事。
嫁と長男が使っているノートなので私にとってそれ程実害はないのですが、一応私の財産ですから、早く治してもらいたいと思っております。デュロン800Mヘルツ、256メガバイトのRAMで、XP-sp3を廻していますから、少々きついのですがそれなりに使えます。

午前中おとなしくしていた勤務先のネットワークも、いつもトチ狂う13:00を過ぎても問題が発生しませんでしたが、14:00近くになると突然インターネット回線の速度が急激に低下をはじめ、15:00には全て沈黙。保守業者のSEさんと一緒にハブを交換したり、ケーブルを点検している内にメインサーバーにアクセスできなくなり、社内の基幹システムがダウンする羽目になってしまいました。
当然社内各部署からお怒りの声が寄せられ、針のムシロと云った塩梅。
保守業者さんからメインシステムに詳しいSEさんを招来して、何とか急場を凌いだのですが、元凶の外部アクセス回線が復旧できませんでした。
時折繋がるようですが、長続きしません。
良く考えてみると、いつもネットワークがプッツンする時間帯が同じ時間である事をSEさんに話ましたが、彼も首を傾げるばかり。
時々瞬間的にモデムが停止する事にSEさんが気付き、どうもその時間帯のみ回線にノイズが混入しているのかも知れないとの事。
NTT東日本のサポートと連絡を執り、此処数日必ず回線がダウンする16:00頃を目安に来社しての回線調査を依頼し、後は明日とやっと帰宅。
コンピューターなんて大嫌いだと大声で叫びたい。

こうやって自分のパソコンを使っている時だけが心休まる時間帯です(笑)。

沢庵は大嫌い!

枯露柿作り

嫁の留守に二階のベランダに洗濯物を干しに行った処、皮を剥いた柿が10個程干してあります。
彼女が、自分用に『枯露柿』を作っているようですね。
そして剥いた皮も干してあります。
この柿皮の利用方法は一つだけ在ります。私が恐れる、恐怖の沢庵を作る材料に使われますから!。

柿の皮?

私は一切香の物が嫌いです。以前投稿したように私は『おばけのQ太郎』の登場人物アメリカおばけの『どろんぱ』同様あの臭いを嗅いだだけで卒倒しそうになります。それゆえ、漬けものづくり、特に沢庵作りは固く禁じていたのですが、嫁はその禁断の沢庵を漬けようとしているとは、恐ろしい事です。

護寺会総会

午後から菩提寺の護寺会(ごじかい)総会が開催され出席しました。いわゆる檀家総会です。
会計監査に手間取り、定刻を過ぎても一向に始まる気配がありません。

白根三山冬景色

待っている間、墓地の外側に出てみると白い雪を頂いた白根三山が望めます。
いよいよ冬化粧の南アルプスですね。
結局本来は、真っ先に行うべき『施餓鬼会』も行わず、各檀家の先祖への読経もせず、庶務報告のみ行い会計報告は、後日郵送すると云った塩梅。
護寺会会長の療養に伴い、役員間の連携が崩れてしまったようで、やむを得ない措置でしょう。

11月22日『小雪』
冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也(暦便覧)
陽射しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。
木々の葉は落ち、平地にも初雪が舞い始める頃 だそうな。
盆地周辺の山々もすっかり冠雪して冬の訪れを待っているようです。
こんな寒さが増す夜は熱いコーヒーが飲みたいですよね。(いつも飲んでるくせに)
少し焙煎を強めにしてコロンビアを煎り上げ、ドリップしてみました。

今夜のコロンビア

豆の量も少し多めにし、挽き方も少しだけ、いつもより細かくしてみました。
そのためか、いつもより泡が細かく感じます。
僅かですが、香りも強くそれでいて苦味の中にコロンビア豆独特のほのかな甘みも感じます。

ブラームスハンガリー舞曲集コンタルスキー(アロイス)コンタルスキー(アルフォンス)


BGMはブラームスコンプリートの中から、コンタルスキー(アロイス)&コンタルスキー(アルフォンス) によるブラームス作曲四手のピアノのためのハンガリー舞曲集全21曲です。
これも単売されているジャケットデザインを載せてみました。

深まる秋を探して

谷間の秋

何週間ぶりでしょうか、いつもの谷間にやって来ました。
クヌギやコナラなどの落葉樹はそろそろ葉を落とす季節。
カサカサとMTBのタイヤで踏みつけて行くのもこの季節ならでは。

落ち葉の中で

落ち葉を敷き詰めた小道は走りにくいのですが、これも秋の風情と、楽しむのも一興。
次に此処を訪ねる頃は、すっかり葉を落とした木々が見られる初冬の頃でしょうか、木枯らしが何度も吹いた後、一段と深くなった落ち葉が迎えてくれるはず。

テッポウユリの実

夏が終わる頃、白く沢山咲いていたテッポウユリが、実を付け種をまき散らすために子房を開いています。
風が渡るたびに此処から種を落としています。又次の夏に向けて生き物皆命を繋いでゆくわけですね。
この処勤務先の社内LANの調子が良くない事は、以前にも書き込みましたが、この二三日外部に対するアクセスが不調になっていました。特に一昨日の夕方突然インターネットに繋がらなくなり、保守業者さんに連絡した処、ルーターを再起動して欲しい旨の連絡を受け、同様な処置の後回復したのですが、昨日も昼頃より同様な状態に陥り、全く処置無しの状況になりました。
NTTに連絡し、外線の状況調査を依頼したりモデムを交換して様子をみましたが、本日も同様なトラブルが発生し、休日の保守業者に電話をしたりして大変な目に遭いました。
勤務先の回線状況の詳細調査並びに修理は、連休明けの火曜日に行うと云う事で決着し、帰宅。

夕食後、待っていましたとばかり、ノートパソコンを起動した途端、異臭がするではありませんか。
異臭の元は、電源アダプターとパソコンの電源端子付近と特定し、とりあえずパソコンを終了させて、で電源を抜き、事無きを得ました。


"http://blog-imgs-36.fc2.com/a/z/u/azumaitige/20091121235603825.jpg" target="_blank">異臭の元凶
この状況も一歩間違えば危険な状態だったため、メーカーのサポセンに連絡したのですが、連絡が採れるまで約一時間も掛かりました。
連休明けに勤務先に件のノートパソコンを持ってい行き、そこからサポートが回収修理をする段取りを執り、何とか決着を見た処です。
コンピューターなんて大嫌いだ!と言いたい処ですが、今もこうやって使っています(笑)。

凍てつく朝

今朝表に出ると、久しぶりに車のウインドガラスが凍て付いていた。
最低気温も零度との事で、この後半年はこんな朝が続く事でしょう。
まだ11月だと云うのに、昨年はこんなに寒かったでしょうか?と思い、昨年の画像を漁ってみると、意外や意外・・・・・・・・・!昨年の11月20日の投稿に使ったこの画像をご覧あれ。

車の霜

昨年の秋、初めて車のウインドガラスが凍っていた状況に驚き、この話題を投稿していました。
全く無意識に毎年同じような話題を載せている事に気が付き驚く事しばし。
尤も今年は11月4日から車のウインドガラスが凍っていましたから、昨年に比べ16日も早かった事がうかがえます。
やはり今年の冬の訪れは、だいぶ早い上、相当辛そうです(泣)。
マリア・ジョア・ピリスのモーツアルトピアノソナタ二枚目

先程、勤務先の使用者側と労働者側との懇親会より帰宅。
このような宴会で、飲酒厳禁の私は寂しく美味しい料理を肴にウーロン茶を水分制限を気にしながら飲んでいました。今日のように日中になっても陽が差さず、最高気温が10℃を下回っているよう日の夜は、熱燗が美味しそうです。
そんなフラストレーションが膨らむよるは、モーツアルトのピアノソナタでも聴きながら、心を慰めましょう。
今夜も先日届いたマリア・ジョアン・ピリス女史によるモーツアルトピアノソナタ全集からCD二枚目のK284、K309、K310、K485以上4曲です。
上の画像は、この2枚目のCDに入っていた若き日のピリス女史。
30年以上昔、当時ボーイッシュな髪型の彼女の精悍さに憧れた事が思い浮かびます。

べト7比べ?

急にベートーベンの第7交響曲が聴きたくなりました。
通称「ベト7」です、メンコン、チャイコンなどと略していますが、特に最近某ドラマの影響か、ベートーベンさんのシンフォニーの中で5番や9番の次くらいに有名になったようです。
カラヤン指揮のウイーフィルのレコード、メニューヒンのCD等の中から選んだのはこの缶入りCD

ヨーゼフ・クリップス指揮ロンドン響の缶入ベートーベン交響曲全集

私が高校一年生だった頃、ヨーゼフ・クリップス指揮ロンドン交響楽団のベートーベン交響曲第三番英雄のレコードを買ったのがこの道に、のめり込むきっかけとなりました。
当時日本コロンビアの廉価版として、エベレストレーベルで販売されていたものでした。
このレコードはまだ手元に在り、何時でも聴ける状態となっています。
現在、この演奏は上のようにまるでクッキーの缶を思わせる金属製の缶に収まって販売されています。
この全集の内、未だこの「ベト7」を聴いていなかった事を思い出し、パソコンに突っ込んで聴いております。
大体この曲は、お祭り騒ぎになりがちですが、このCDは端正な演奏に終始し、個人的に好きな演奏です。
価格も1,000円前後ととってもリーズナブル!。
最終楽章もそれなりに盛り上がり楽しめますが、特に第二楽章がお勧めです。

ベト7

このCDをパソコンで聴いていますと、メディアプレーヤーにこんなジャケットデザインの画像が現れましたので、貼っておきます。
缶に印刷された知的で端正な顔立ちのベートーベンと打って変わり、梅図さんの漫画に登場しそうな怖い顔のベートーベンさんです(笑)。



先程購入したCD

今年、紫綬褒章を授けられた中島みゆきさんの明日発売?の新しいアルバム『DRAMA』と某放送局のドラマテーマ『愛だけを残せ』のシングルを、先程帰宅途中にサンリンに立ち寄り購入。
今夜の甲府市内は雨のためかだいぶ混んでおりました。

みゆきさんのCD

只今このCDを聴きながらこのページを入力しております。
『愛だけを残せ』を一曲聴き終わった感想は、それだけで完全にみゆき節にハマったと云う一語に尽きます。
アルバム『DRAMA』もやはり、みゆきさんの持ち味を十二分に生かした唄い方。
約40年に亘る音楽活動、57歳にして『紫綬褒章』受賞、当然の結果かもしれませんね。

唯、この2枚のCDだけで4,200円也は、少々財布に痛い!。
春先にAmazonで購入したメンデルスゾーンの30枚組の全集とほぼ同じ金額と云うのは、・・・・・・・・・。
特に今月は出費がかさんでおりますゆえ(笑)。
28には新型インフルエンザのワクチン接種も控えておりますし・・・。(泣) 
自転車様

トリプルトライアングル、MTBのブランドGT社のフレーム構造、前三角と後三角がシートポストの処でオーバーハングしたような形のダイヤモンドフレームが特徴。
私のGT好きが伝染したのか二男も好きらしい。
MTBのアバランチェ(アルミフレームの安物)とこのロードモデルを使っている。
対して広くもない玄関に鎮座させており、『自転車様』と云った塩梅。
私も以前ミヤタのロードとランドナーを飾って置いた経験もあり、余り文句を言える立場にないが、少々邪魔。
よせばよいのにプロファイルのトライアスロン絡みのバーを追加してご自慢らしい。
シンプルなのが一番カッコ良いと云う事が判らんようだ。
メッキのフロントフォークにフルアルミのフレーム安物でもそれなりにカッコ良いシマノのパーツ。
これで10万円程度と、とてもリーズナブルなのだから良い時代なのだろうと思う。

ピリス女史のモーツアルト一枚目

現在、先日Amazonでポチったピリス女史のモーツアルトピアノソナタ全集から一枚目K279からK283までを聴きながら今日のページをキーボードに打ち込んでいます。
この画像は、CDに入っていた昔のジャケット画像の模様。
セイヨウタンポポ秋

小春日和にしては少々風が強いが、昨日の雨が嘘のような晴天。
ひこばえが芽を出している田圃の畔にセイヨウタンポポがまるで春の日差しを受けているように輝いている。
ひこばえが見えなければ、このまま春の写真としても通用そうな情景。
セイヨウタンポポに季節は関係ありませんからね。それでも真冬はロゼットに堅く忍んで、春を待っています。

秋の金峰山

採り残した柿の枝の間から金峰山が望めました。今頃、あの山頂では強風に煽られ、雪が飛ばされている事でしょう。

秋の曲岳から黒富士

先日久しぶりに歩いた曲岳付近、曲がって見える曲岳山頂から黒富士までの稜線がはっきり見えます。手前の三角錐のような山は、太刀岡山でしょうか。

秋の八ヶ岳

編笠山から硫黄岳辺りまではっきり望む事ができますが、数分前まで全て雲に覆われていました。

秋富士

山頂付近に雪を頂き、端正な顔立ちの秋富士ですが、おそらく山頂付近風が猛烈に吹いているでしょうね。
僅か一時間程、拙宅付近の野辺をMTBで散策しておりましたが、少し風が強くなったかなと思っていましたら、帰宅する事は相当強い風に変わり、嫁が干していた布団もシーツも飛ばされる有様。
小春日和から一転して八ヶ岳おろしが吹き荒ぶ初冬の野辺に早変わりです。

続きを読む »

msフライトシュミレーター?ゴールドエディション

現在メインPCとして使っているvistaマシンであるアスロン6000+ 64×2 3G、エヌビデアGT8800GTS 、メモリー4Gのマシンをこのようなネット書き込み程度に使うだけでは、あまりにも宝の持ち腐れというわけで、フライトシュミレーター・テンの導入に踏み切りました。従来のXPマシンにFS2000やFS2002も入れて使っていましたが、このvistaマシンでは、それらのソフトを使う事ができないのがその理由。
一昨日Amazonで例の如くポチッて発注し、今日届いたもの。
2002までは、CDROM3枚程度のソフトでしたが、今回の「テン」は、DVDROM3枚のセット。拡張ソフト『栄光の翼』が同梱されているゴールドエディションだからなのですが、それにしても大掛かりなソフトです。
能書きによりますと、ビデオメモリーが512M以上必要で、グラフィックカードがGT8800以上。
このスペックだと、我マシンもビデオカードに関しては、少々心持たない状況です。
我エヌビデアGT8800GTSと言えど、ビデオRAMが384Mの廉価版。
尤もそこまで使いこなす事が出来る訳ないので、この位で我慢しましょう。
次回新しいWindows7マシンを組んだ時のお楽しみと云う事で・・・(笑)
尚、Microsoftのフライトシュミレーターもこのバージョンが最終となるとの事なので、当分の間このバージョンのフライトシュミレーターを使う事になります。

私の好きな曲

『私のお気に入り』其の一、バイオリン協奏曲の巻

1.ショスタコービチ作曲第1番イ短調作品99
2.ペンデレツキ作曲第2番「メタモルフォーゼン」
3.シベリウス作曲二短調作品47
4.シマノフスキ作曲第1番作品35
5.プロコフィエフ作曲第1番ニ長調作品19

その他、メンコン、チャイコンも好きです。
バイオリン協奏曲と題されていませんが、ブルッフ作曲スコットランド幻想曲やラロ作曲スペイン交響曲もありますね。
でも、どちらかと云うと大好きな曲は20世紀に作曲された曲が多いようです。
尤も、シベリウスは20世紀初頭、ペンデレツキの2番に至って、完成は1995年ですから約100年の開きがある訳です。
勿論私の全く個人的な趣味の世界なので、その他沢山の名曲がある訳ですが、特に最近ハマっているのが、ペンデレツキ第2番「メタモルフォーゼン」とショスタコービチの第2番です。
どちらも力強くて、その上繊細でドラマチックです。
ブラームスピアノ協奏曲第二番

今夜のブラームスは、ピアノ協奏曲第二番変ロ長調OP.83 
クラウディオ・アバド指揮 ウイーンフィルハーモニー管弦楽団が演奏するCD、勿論先日Amazonで購入した46枚組セットの中の一枚です。
上のジャケット画像は、このCDに入っていたイメージなのですが、ライナーノーツによると、このCDの演奏は、ウイーンフィルが伴奏のはずなのですが、この画像は、アバド指揮ベルリンフィルの物。
いくら激安セット物と言えど、ドイツグラムフォン直輸入盤ですから、少々首をかしげたくなる話でもあります。
先日気になった「チェロとピアノのためのソナタ」もライナーノーツとジャケット画像データが違いました。

どちらにしても比較的ゆっくりとしたテンポで堂々とした歌い方のピアノ演奏です。
当地では、昨夜から雨が降り続いています。
この24時間の降水量を近隣の甲府市アメダスのデータから計算すると、53.5mm.でした。
cmに直すと5.35cmです。
これを建坪20坪の平屋住宅の屋根に降った雨水の量として概算すると、66平方メートルの広さ全体に5.35cmの深さの雨が溜まったと仮定できます。
5.35×66×10000÷1000=3,531 つまり3,531リットルの雨水が溜まる計算が成り立ちます。
この雨水を屋根の四隅から樋で流すと樋一本当たり882.75リットル流れる計算となり、
その半分程度が雨水タンクに溜まったとすると、200リットルのタンク2本分になる事になる訳です。
昨今、世界各地で水の需要が急増しているそうです。
森林等の蒸散水や海等の水圏から蒸発した水蒸気が凝結して雲となり、やがて雨となって地上に降り注ぐため、殆ど蒸留水と云っても過言ではありません。
近年酸性雨等の危険性が叫ばれていますが、降り始めの数ミリ程度を除外すれば問題ない筈です。
これにより屋根のゴミ等も取り除かれ、後は綺麗な雨水です。
11/8日日曜日に行った甲府市環境リサイクルフェアの際にも、等環境カウンセラー協会で、雨水タン利用タンクの頒布会を行いましたが、多くの方が雨水利用の必要性を痛感された模様で、とても盛況でした。
皆さんも天からの贈り物である雨水を利用しましょう。
6月頃Amazonでポチッたブラームス全集当時8,207円也、それが数か月経過した現在、同じAmazonで、約2倍の16,886円で販売されているのには驚きました。
全46CDセットですから現在の価格でも相当安いのですが、私が購入した価格は半端じゃない事になります。

ブラームスピアノ協奏曲第一番

この画像は、この全集6枚目に位置するピアノ協奏曲に添えられていた画像イメージをコピーしたものです。
ピアノ:マウリティオ・ポリーニ、カール・ベーム指揮ウイーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ピアノ協奏曲第一番ニ短調作品15のジャケットデザインのようです。
尚、次の7枚目には、指揮者:クラウディオ・アバドの同メンバーによる第二番のピアノ協奏曲が収録されています。この二枚がセットで廉価盤セットとしてAmazonで4,750円だそうです。
すると、あと1枚か2枚の価格で私が購入した価格に届いてしまいますね。
やっぱり欲しいと思った時が買い時だと云う事を実感した次第です。
尤もその逆も結構あるわけですが(笑)。
唯、一つ問題なのが、この処セット物をポチッた後、未だ聴いていないCDが多数存在しているのがモッタイナイわけ。
だから?こうやって、これらを聴く時間の確保に追われている日々を過ごしています。
スカルパ ガルミッシュ

このチロリアンシューズが、スカルパのガルミッシュです。
昨日エルクに寄り購入!37,800円也。これで当分靴は買えません(笑)。
造りも頑丈なので、30年ぐらい履ける予想?
今普段履きから冠婚葬祭にまで幅広く使っている、ウルバリンのチロリアンも3回ぐらいビブラムソールを張り替え、エルクで購入後二十数年経過した現在も現役です。
先日このブログでもお伝えしたようにインナーの綻びをエルクで修理して頂いたので、あと一回ぐらい?ソールを交換したい処ですね。
ビブラムもまだ今の処そこまで減っていないので、何年先か判りませんが?。

本日は昨日環境リサイクルフェアのブースで履いていたハイカットのトレッキングシューズを履いて出勤しましたが、やはりこの靴は温かいですね。こちらのハイカットトレッキングシューズは、エルクでオーダーし、銀出し仕上げにしたものです。

元気な頃は、八ヶ岳、奥秩父、茅ヶ岳、南ア前衛等、盆地周辺の山域を一緒に歩いた私の靴達。
殆ど一年中四季を通じて履いていました。
このガルミッシュも間もなくその仲間に加わります。
最初はよそ行きの靴にしときましょ(笑)。
昨日ご案内いたしましたように、本日管理人は環境カウンセラー協会の会員として、甲府市環境リサイクルフェア会場で雨水利用促進キャンペーン?に参加しておりました。

雨水タンク01

雨水タンク02

当地各ワイナリーから集めた使用済みの廃プラスティックドラム缶を加工して、雨水利用タンクを作り希望される方に実費だけで頒布しました。
本日以前から予約されている方も在り、午前中に集めて置いたドラム缶を全て頒布し終わり、午後から参られた方にはすべてお断りする始末。
廃棄ドラム缶が集まらねば、この活動も出来ないため次回頒布できるのは不明である旨をご了解いただき、それでも希望される方には予約という形を取らせていただく事で、ご了解いただきました。

EMぼかし

こちらはEM菌を使った『ボカシ』の販売コーナーです。
会員のTさんが長年の研究の成果により、この生ごみ発酵促進効果が大きい『ボカシ』を開発されました。
今回この家庭生ごみを発酵促進させ、有機肥料へ転換しやすい、ボカシの頒布も安価に行ったわけです。

環境カウンセラー協会大盛況

御蔭さまで、私たち環境カウンセラー協会のブースも時ならぬ大盛況を迎え大忙しでした。
こんな私たちの比較的地味な活動で、こんなに行列が出来たのは初めてです(笑)。
我がビブラム軍団

上記画像は、私が所有するビブラムを使用した靴たちです。こうやって時々ダービン・シューグリースを塗り込み手入れをしている訳です。
今日からこの軍団に加わるはずだった、スカルパのガルミッシュの購入は明日甲府市環境センターで開催される『甲府市リサイクル環境フェアー』の終了後にエルクに寄る事にしました。
どの靴もビブラムの張り替えを何度も行い、20から30年程使用しています。
これらの靴は、通常トレッキングシューズとして登山やハイキングに用いられるわけですが、私の場合通勤から出張、勿論山野を彷徨う際にも使っています。
特にこれからの寒い季節、ハイカットのトレッキングシューズが中心に活躍します。
小春日和の午前中から背中にお日様を受けて、トカゲをしながらの靴磨き(笑)。

第12回環境リサイクルフェア表

第12回環境リサイクルフェア裏

そして、これが明日11/8(日)甲府市環境センターで開催される環境リサイクルフェアのチラシです。
明日は朝から一日、此処で活動しています。
水仕事もあるので、ハイカットのトレッキングシューズを履いて出掛けます。

新しい靴

スカルパのガルミッシュ

先日甲府のエルクに発注しておいたスカルパのガルミッシュというチロリアンシューズが入ったという連絡がありました。
これで、30年ぶりに新しい靴を買う事が出来る訳です(笑)。
又30年以上履く事でしょうが・・・・・?
へブラ―のシューベルト即興曲

勤務先では、朝から毎度調子が悪いラボにあるレーザープリンターの修理について保守業者との責任分担範囲の折衝から始まり、例の如く突然プッツンする社内ネットワークのご機嫌取り、社長のメール設定やらてんやわんや、極めつけは上司の携帯からUSBケーブルのみを使い単にダイヤルアップでノートに繋ぎネットを使おうと云う今日では考えられないような設定をして欲しい?と云った話。
遠に忘れてしまったようなダイヤルアップ設定!おまけに携帯を使うなんて、と散々苦労し、OCNとDoCoMoのサポセンを頼りに何とか使えるようになりました。
さて、その使い方を説明するのがまた大変。
通常社内では、光こそないものの一応ADSL常時接続ですから、ダイヤルアップとADSLの切り替え方を説明するが、上司はせっかちな性分なので、切り替え毎にパソコンがドライバーを切り替えている時間が待てない模様。
何とか「パソコンはアンタと違い、余りお利口じゃないからまってやってネ」と理解を得るのに一苦労。
そこまで終わりやっと帰宅。
制限速度ぎりぎりの低速運転で家路に就くが、後ろの車がイライラ状態、なれど当方疲れぎみで反応速度が落ちているためこれ以上スピードを上げる事違わず。
やっと帰宅するのが精いっぱいの状況でした。
自宅のデスクトップに火を入れ、皆さんのサイトにお邪魔しながら一息付く状態。
我ながら、会社で散々パソコンにこき使われ(笑)、帰宅した後もこうやってキーボードを叩いているのは完全に病気のようです。

『fragile28』の処で、ケンプの弾くシューベルトの即興曲が紹介されており、それに触発され急にこの曲を聴きたい心境になりました。
我レコードボックスを漁り、このイングリット・へブラーが1963年5月に録音した作品90と142の全曲を収録したレコードを聴いている処です。
シューベルト存命中には作品90の1と2の二曲のみが出版されただけにとどまったと云う事。
ライナーノートからこの逸話を知る。

口(耳)直しに(笑)プラハSQが弾くバルトークの5番を掛け、やっと現実に戻りました。
たぶん明日もメンドーな仕事が続くんだろうナーと落ち込む。

バルトークSQ
今朝の当地、おそらく昨日の朝より冷え込み、この秋の最低気温を更新した模様。
おそらく気温も氷点下近くまで下がった事でしょう。我AZオフロードは霜でフロントウインドーが凍て付き、ペットボトルのキャップで掻き落しました。

使いやすいので、もう何年も同じキャップを使って霜を掻き落としています。
車の暖房を最大にして信号待ちの間、手をヒーターの排気坑にかざし暖をとります。
寒さ対策として、明日からハイカットのトレッキングシューズが通勤靴になりそうです(笑)。
それでも勤務先のデスクはガラス越しの日差しを受け、午後からは快適な温かさになり、ちょうどトカゲをしながら仕事をする事が出来ます。

9001 2008要求事項

これは、ISO9001システムの要求事項と云って、この薄っぺらなマニュアルにJISの日本工業標準調査会規格という処で審議され元の英文を日本語に翻訳??した難しい表現の文書が載っています。
そして、これを基に会社の仕事全般に亘る仕事の仕方が決められる訳です。
本来この仕事が私の本業なのですが、今日も朝からその他もろもろのパソコン関係の雑務に追われておりました。
今夕このマニュアルを注文にしておいた貢川銀座の某大型書店に買いに行き、(二冊で約6,000円弱)ついでにエルクで新しい、チロリアンシューズを30年ぶり(笑)に発注。
これは頑張った私への私からの御褒美の新しい靴。
とりあえず新しいパソコンとランドナーの購入をあきらめ、靴を買う事にしました。
この靴もおそらく私が彼の世へ逝くより長く使える事でしょう。
昨夜から咆哮を繰り返していた当地の冬季季節風、「八ヶ岳おろし」に耐え、今季一番の冷え込みの中、昨日もお伝えしたように今日は、勤務先のワイン祭りで休日ながら振り替え出勤。
幸いお客様は、沢山のワインを召し上がり皆さま大満足で御帰りになりました。

先日Amazonでポチったマリア・ジョアオ・ピリス女史が若かりし頃録音されたモーツアルトのピアノソナタ全集ですが、遅くとも今日は届くはずでしたが、帰宅時点では届いていませんでした。
Amazonのサイトでは、メール便として配送済となっているのにも拘わらず、届いていない旨問い合わせたが、某飛脚印の会社は訳の判らん事を言って今から届けるとおっしゃる?催促しなかったらどうなっていた事やらと、呆れると共に怒りがこみ上げるが、一応大人の対応をする。

マリア・ジョアオ・ピリス、モーツアルトピアノソナタ全集

その昔、1974年の録音当時高校を卒業し、今の勤務先に就職したばかりの頃、日本コロンビアがDENONレーベルでPCM録音(今のデジタル録音の奔り)の高級レコードを発売しておりました。
安月給の身の上、録音のサワリと一部の楽章をレコード盤のトラッキングチェック用の溝が入った安いサンプラー盤を2枚購入した他は、BACHの「音楽の捧げもの」と安田謙一郎さんの同無伴奏チェロソナタ全集を買うのが精いっぱいで、このピリス女史のモーツアルト全集は、高嶺の花と云うべき存在でした。
今や、殆どの録音がデジタル化され、誰もデジタル録音の事について何もおっしゃいませんが、当時ハイクラスレコードとして君臨しておりました。
今となっては、35年も前の録音など見向きもされませんが、当時を知る私にとって今でも素晴らしい録音だと信じています。
演奏にしても当時若かったピリス女史のたぐいまれな才能がほとばしる録音です。
休日出勤とこのCD配達までに拘わる疲れと怒りをグッと癒して余りある、私のモーツアルト、そしてピリス女史のピアノソナタ・・・・!
10月半ばから11月末にかけて西高東低の冬型の気圧配置になったとき、北よりの風速8メートル以上の風が吹くとその風を「木枯らし」と認定する。そして毎秋最初の木枯らしを木枯らし一号(こがらしいちごう)として発表する。とWikipedia に書き込まれていますし、ラジオのニュースでもその事について述べていました。
先程、アメダスを調べたところ、拙宅にほど近い甲府と韮崎ともに八ヶ岳おろしを真正面から受けてしまう土地柄ですが、21:00には、甲府で北西の風9m気温8.1℃、韮崎で同じく北西の風9m気温7.5℃だそうです。
当地でも、きっとこの風が木枯らし一号なんでしょうね。

明日、文化の日11月3日は、私の勤務先でも大々的に『ワイン祭り』のイベントが開催されます。
お客様を沢山お迎えするのですが、寒さが少し心配です。
当日解禁されたばかり!甲州種の葡萄で作った2009年産新酒ワインが、楽しめます。
今年は雨が多い夏でしたが、秋になると雨が降らず、昼夜の寒暖の差が非常に大きくて、ワイン用葡萄の生育がとても良かった年でした。ですから、今年の新酒ワインは、期待が持てます。
飲兵衛の方は、防寒対策をシッカリして勝沼へおいでください。
社名は一応伏せますが、塩山駅からシャトルバスが出ていますのでご利用ください。
飲酒運転は絶対にだめですよ(笑)。

勤務先の勝沼は、季節風こそ幸い弱いので助かりますが、それでも多少吹く事は否めません。
私もしっかり防寒対策をしたいと思います。

尚東京でも以下のイベントが明日からありますので、東京近辺の方よろしく!

2008 山梨ヌーボーまつり[日比谷]
◆日時: 11月3日(祝)、4日(火) AM11:00~PM2:30
◆会場: 日比谷公園噴水広場
◆内容: やまなし新酒ワインの試飲・即売 (山梨県内ワイナリー36社、60銘柄以上)
山梨県特産品コーナー(ヤマメ、ソーセージ、ほか)
◆主催: 山梨県ワイン酒造組合

Powered by FC2 Blog