fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


ピアノトリオや交響曲、弦楽四重奏曲を中心にハイドンの曲を聴いていますが、今度はピアノソナタはどうだろうとYoutube他ででハイドンのピアノソナタを漁り、適当に聴いていました。
ハイドンのソナタには、モーツアルトの優雅さこそ無く、それでいてベートーベンの様な『私のピアノを聞かねばならぬ!恐れ入ったか!』と云った様な威圧感も感じないのですが、何となく安心して聴いていられる。と云ったそんなハイドンのピアノソナタにハマってしまったようです。
AmazonやHMVで検索した結果、このピアノ独奏ヴァルター・オルベルツによる全集がコストパフォーマンスも高く、カール・ズスケと共演したレコードも多数所有し、その演奏が巧みなことも承知しているため、この演奏のCDに決定。

ヴァルター・オルベルツ ハイドン ピアノソナタ全集

他のアルバムとの抱合せならHMVが安価ですが他に欲しいCDもなく、おまけに国内盤ですから、毎度おなじみの甲府市のサンリンに問い合わせた処、在庫もあるというので早速帰宅途中に寄って購入。
録音こそ1967年から1976年のアナログ録音と、古そうですが全くそれを感じさせない内容。
ズスケSQのラズモフスキーなどベートーベン作品の録音でおなじみ、ドレスデンの聖ルカ教会での録音とのこと。
今夜聴いているのは、その一枚目Hob.XVI-1からHob.XVI-6までの6曲。9枚組で6,615円と少々痛いのですが、全53曲と当分の間楽しめそうです。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog