fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今日は1月15日、このところの寒さと忙しさに紛れ、大事な記念日を忘れていました。
5年前の1月13日、年初より続いていた昼夜問わずの酷い息切れのため、掛り付け医院から甲府市内の総合病院の循環器科に転送され、拡張型心筋症の疑いで入院したのが、丁度5年前の一昨日でした。
一般的にこの病気の場合、『診断されてからの5年生存率は54%、10年生存率は36%とされていたが、最近では治療の進歩により5年生存率は76%と向上している。』そうな。
なんとか5年生存を達成したので、次の10年生存を目指しましょう(笑)。

5年前の今頃、甲府市の某総合病院のCCUで様々なケーブルやチューブのラビリンス状態となり伏せっておりました。
父や母の臨終の際でさえ、これだけのチューブやケーブルに囲まれた事は無かったため、もう終わりかと、ある程度覚悟はしていましたが、拡張型心筋症の疑いがあると言う主治医の言葉に一瞬『ウソー…心臓移植?』という言葉が脳裏を過ぎりました。
結局心臓カテーテル検査により拡張型心筋症が確定し、外科的治療では無く内科的治療を継続する旨が告げられました。
幸いアーチスト他の内服が項を奏し、現状にいたっております。

ズスケSQベートーベン弦楽四重奏曲全集第7巻

そんな訳で今夜の音楽は、ズスケ弦楽四重奏団によるベートーベン弦楽四重奏曲全集から第7巻より弦楽四重奏曲第15番イ短調作品132、ベートーベン後期弦楽四重奏曲の中でも最も有名な曲。
特に第三楽章は、
モルトアダージョ:病気が治った者の神に捧げるリディア調の感謝の歌
アンダンテ:新しい力をかんじながら
モルトアダージョ:内的な感情で
と云った内容の病気が治ったベートーベンが、神への感謝を表す言葉だそうです。
毎年この15番のSQを聴きながら、とりあえず生きていることの証をかみしめている私です。
10年目のこの日もこの曲を聴いている事祈りましょう(笑)。
      
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog