fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


私が「秘密の花園」と例えた勤務先の隣にある谷戸の植物が僅かに残る北向き斜面があります。
ご多分に洩れず「谷戸」のため、いつでも湿っている上、余り陽もささず農業には不適だったようです。
そのため、ほとんど手付かずのまま荒れ放題になっていますが、この季節「アズマイチゲ」「カタクリ」等スプリングエフェメラルを手軽に愛でることができる貴重な場所。

アズマイチゲはまだ眠っています

小さなカタクリの蕾

今日の昼休みチョットだけ、この自生地を探検しました。
枯れ枝が邪魔をして、完全な藪漕ぎ状態でしたが、一応今年も無事残っている、アズマイチゲとカタクリを確認することが出来ました。
両者とも、まだ元気よく咲くには日にちが掛かりそうな雰囲気です。
余りにも絶対数が少ないので、今後も残っているか心配ですが、幸い私以外物好きは居らないようなので少しだけ安心。
しかし、以前此処に咲いていた「イチリンソウ」が絶滅した事がありましたし、以前紹介したようにこの付近に咲いていた「ヤマジノホトトギス」の盗掘もありました。
今後もこの小さな谷戸を静かに見守り続けようと思います。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog