fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


ブラームス作品43、46、47、48、57

今夜もディトリッヒ・フィッシャー・ディスカウのバリトン独唱、ダニエル・バレンボイムのピアノ伴奏でブラームスの『4つの歌曲作品43』『4つの歌曲作品46』『5つの歌曲作品47』『7つの歌曲作品48』『8つの歌曲作品57』を聴いています。
今日から勤務先も新年度に入るため色々忙しく、おまけにいつもの調子でこちらの止めるのも聞かず、勝手にリカバリーをやっちまって途中でプッツンさせたハードデスクやらと、忙しさに油を注がれる様な事ばかり。
そんな少しだけ疲れた心を休めてくれる、ブラームスの歌曲集。
ソプラノの澄んだ高い声が好きで、今一バリトンの声は余り好きでは無かったのですが、このブラームスの歌曲を聴き、その思いが一変。
思い当たるのは、昔中学生の頃?授業で聴いたシューベルトの『魔王』のイメージが悪かったせいでしょうか?。
今聴いている作品47の終曲は、ジェシー・ノーマンのソプラノの声が花を添えます。


スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog