fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


春の雨はやさしいはずなのに?
そんなフレーズを思い出す。
小椋佳さんの詩のフレーズ、そんな言葉が浮かんでくるような今日の日中。
寒くて、足元ヒータを入れ、防寒ジャンパーを着込んで仕事をしていました。
全然関係ないけど、今夜もブラームスのリーダーから、35枚目のCD。
6つの歌曲作品97、ジプシーの歌作品103、5つの歌曲105、同107、4つの厳粛な歌作品121。
中でもジェシ-・ノーマン『ジプシーの歌作品103-7あなたは忘れはしないでしょう』最高!。
5つの歌曲作品105ー1から3までのジェシー・ノーマンも素敵です。

ブラームスのリーダー97,103,105,106,107,121

このCDで、このブラームスコンプレートエディションのリーダーセクションが終了します。
最初取っ付き難いと思っていた歌曲集が、半端じゃ無いくらい楽しめたのは、嬉しい誤算と云うべきでしょう。
この全集?の内、はっきり言って4つのシンフォニー以上に聴きごたえが有るセクションです。
デイトリッヒ・フィッシャー・ディスカウのバリトンが想像以上に素晴らしかった事、そしてジェシー・ノーマンの歌声が寒さに凍える胸に染み入った事。
今まで、何となく好きになれなかった(顔?)ダニエル・バレンボイムの弾くピアノ伴奏が巧いなーと関心した事。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog