fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


先日甲府市のサンリンにメールで発注しておいた、スクリャービンのピアノ協奏曲が入ったとの連絡がありました。
帰宅途中閉店時間間近に立ち寄り今聴いています。
同じ作者のピアノ作品でありながら、黒ミサや白ミサと云った神秘主義の塊のようなピアノソナタに比べ、ラフマニノフもタジタジと云った、『めいっぱいロマンティックに甘味な旋律をどうぞ。』と、言わんばかりのピアノコンチェルト。
そして2曲目は、交響曲第5番「プロメテウス・火の詩」こちらは、普通のと言うか神秘主義の権化たるスクリャービンの魅力一杯の音楽。
どちらも捨てがたい作品ですが、どちらかと言うと後者の神秘主義で、無調音楽に近いプロメテウスが好みには合うのですが(笑)。疲れた時には、前者のピアノ協奏曲も良いかもしれません。

スクリャービン ピアノ協奏曲他

NAXOSジャパンの日本語ライナーノーツがふるっています。
『これでも同じ人の作品です』全く正反対の二曲をカップリングしていますからね。

コンスタンティン・シチェルバコフのピアノ独奏、リュドミラ・エルマコヴァ合唱指揮ロシア国立放送合唱団、イゴール・ゴロフスチン指揮モスクワ交響楽団の演奏。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog