fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


各報道メディアによると、某国から取り寄せた同某国産のトキたちから生まれ、野外に放たれた番のペアが抱卵中、巣を空けた隙にカラスに卵を盗まれた云々……。
これじゃカラスが悪者になっちまうわけですよね。
本来本邦では、2003年に絶滅したハズの同鳥を遺伝子情報等を無視し、某国産の個体を移入して佐渡で繁殖させたワケ。
人間がよってたかって絶滅に追い込み、可哀想だからと無理やり縁も縁も希薄な某国産の鳥を導入後、繁殖させる(飼う)……事。
もはやこれは自然破壊以外のナニモノでもありません。
カラスが空き巣(笑)を襲い、卵を失敬するのはカラスからしてみれば、自然淘汰の観念からも正統な行為以外のナニモノでもありません。
それでもカラスを泥棒呼ばわりする処を見れば、マスメディア等世間一般の考えは、やはり野生のトキでは無く家禽同様と考えているからに他ならないわけです。
少し虫が良すぎる話だと思うのですが?皆さんどうお考えでしょう。
この話、ホタルを養殖して縁もゆかりもない川に放ち、全然関係ないカワニナを与え夏の風物詩として鑑賞する行為?
これも世の人は自然保護のためと『いけしゃあしゃあ』とぬかす!。
トキの場合も、これと全く同様な行為、しかも皇室まで担ぎ出して放鳥をイベントとして行うと云った言語道断な戦略。
ペットボトルキャップ運動などと云った、『唯リサイクルありき』を免罪符とした似非エコ活動同様、その実態を周知する必要があると思います。
我が勤務先にて、ISO9001:2008年版移行審査第2日目無事終了するも、精も根も尽き果てて、カラスが不憫と思う天邪鬼(笑)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog