fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


事業仕分けの詳細

環境カウンセラーに対する某政権与党が行っている『事業仕分け』たる作業の顛末を掲載致します。
報告書のPDFをそのままテキストにコピーしました。
著作権云々をおっしゃる方も居られぬと存じますので、そのまま掲載致します。

(1)平成21年度環境カウンセラー事業運営業務
● 具体的に環境の改善に結び付く事業ではないかというだけで廃止すべきとは思わない。しかし、
この事業を続けたからといって、人々の環境に対するawareness をmarginal に高めるということ
にすぎないであろう。続ける意義があるとは思えない。
● NPO 法人の支援に組み替えていく。
● 各地域での環境活動をしてもらうためには、各自治体に移管して、効果のある行動をしてもらう
べき。
● 環境教育・環境学習や環境保全活動と連携して取り組めるのではないか(環境カウンセラー事
業の位置付け、役割等について再検証すべき)。
● 地方レベルの環境カウンセラーの制度を支援する形に変えるべき。可能であればそのデータの
一元化をこのネットワークで図ればよい。
● 事業自体、地方に親和性が高い。
● 環境保全活動への支援等の成果も地方において評価されるべきもの。
● 先進的自治体に手挙げ方式で自治体間をネットワーク化する。バックアップ事業を委託する。
● 「大臣名」という形だけは維持する。
● カウンセラーの設置目的が不明確なので、明確化し、その要件を客観化することが大切であ
る。主務省として要件を明確化するべきである。
● 環境カウンセラー制度の必要性を否定するものではないが、カウンセラー資格の有用性、専門
性も高まり、かつ登録人員も相当数に増大していることから、今後は、一定の(少額でよい)登
録料、更新料をカウンセラーから徴収し、国費投入をやめるべき。
● 運営団体については、上記を含め競争的に決定。
行政刷新会議「事業仕分け」
● 本事業の効果測定については、現時点では容易でないと思われる。しかしながら、自治体にお
いても類似の事業が出てきている以上、今後は縮減を前提として効果の検証法についても検
討し、最適な方法を模索すべき。
● 実施機関については、実質的な競争性確保の上、競争入札で決定すべき。
● 更に地方等との連携を図り、より効果的な施策になるべく検討してほしい。
● より効果が明確になるような制度に見直した上で、事業は現状維持。成果目標について見直す
べき。
● 事業自体の効果が十分に把握・検証されているのかが疑問。例えば、エコアクション21認定登
録制度や省エネアドバイザー制度など、他の事業との有機的な連携もしくは整理を含めて当該
事業を環境政策目的達成に資する手段としてどのように位置付けていくのか、改めて検討すべ
き。

awareness をmarginalって何の事かいな???
誰か教えてください。
当方一応環境カウンセラーを拝命しておりますが、高卒なもんで(笑)。
難しい用語を理解しろったってワカランです。
平文で平民にも理解できるようにして欲しいっすよね。
元々何の見返りも金銭的報酬もほとんど無いわしらに登録料金等を出せとはそりゃ後無体な…?
アンタら自然の摂理とか環境に関する裏表が解ってんかいな?
じっくり膝据えて問い詰めたろかいな!
ほな勝手にさらせ。………と言ってみたい(笑)。
アンタら渡り鳥のウンチをツツイて調べた事ないやろ!
猟犬に追いかけられて逃げまくった事あるかい?
闇鍋食うて酒のんで絶滅危惧種追いかけて、ほんで泣きの涙に暮れた事あるかい?
自然保護とか環境護なんて机上の計画で済むんだったら神も佛もいらんの!。
テレビのニュースでトキの卵をカラスが盗んだなんてアホな事で笑わすな!
怒り心頭の管理人(笑)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog