fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


昨日エルクよりメールが入り、遊木舎工房製トラベルポーチのジッパー交換修理が終わったとの連絡。
帰宅途中、同店によりトラベルポーチを受け取りました。

遊牧舎工房のトラベルポーチ外側

購入後約3年でなんでもかんでも詰め込んでいた関係で、ジッパーが耐えきれず破損。
しばらくはペンチ等でファスナーヘッドを締めて使っていましたが、流石に耐えきれず動作不能に陥り、やむなく購入元のアウトドアショップ・エルクへ修理を依頼したわけです。
ハンドメイドの総皮革製ポーチのため、新品に買い換えると約10,000円掛かります。
ファスナー交換だと4,500円で済む訳です。
修理すると新品を買う半額掛かるとなると、通常新品に買い替え壊れたものは棄てるのでしょうが、ポーチの表面も皮革が私の『手アブラ』(手垢)で良い風合いが出始めたところ。
それに半額で治るなら安いものですよね。
という訳で1月掛かり修理が完了、どうやら全て手縫い作業だったらしく、皮革の縫い目も元のまま綺麗な仕上げですし、皮革もより一層良い色合いになっています。

遊牧舎工房のトラベルポーチ内側

内面もご覧のように上等な仕上がりです。
新しいものを買うのは簡単ですが、身近で使うものはできるだけ修理して長く使うことにしています。
このポーチは勿論国内生産されたものですから、修理も国内で行ないます。
流石、遊牧舎工房の職人さんは、新品より手が掛る面倒な修理でも良い仕事をしています。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog