fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


帰宅途中のFM放送でシンシアの『17才』がリクエスト曲として掛かっておりました。
懐かしくて、懐かしくて、思わず一緒に口ずさむ有様。
1971年のリリース、私は当時16歳の高校生でした。
南沙織と呼ばずにシンシアと呼んでましたよね。

南沙織17才

帰宅後、ドーナツ盤をターンテーブルに載せたのは云うまでもありません。
このレコードは某中古屋さんで相当安価に仕入れてきたもの、その後も聴き込んだので、スクラッチノイズの豪勢なこと(笑)。
当時16歳の高校生にヒット曲のレコードを買う余裕はありませんでした。
もっぱらAMのベストテン番組を聴いたり、某半国営放送局のローカルFM(勿論モノラル)を聴いたりしていました。
でも大半は、ノイズに負けそうになりながら遠く東京キー局の民放AM局でヒットチャートをさがす有様。
このころ、わたしの城下町なども流行っていましたっけ。

メンデルスゾーンピアノソナタ第一番

このままシンシアで済ますのもな………?という訳で、久しぶりにメンデルスゾーンのピアノ作品集から聴いています。
マレイ・ペライアのピアノ独奏から冒頭のピアノソナタ第1番ホ長調作品6、そして前奏曲とフーガ作品54他。
シンシアからメンデルスゾーンとガラッと雰囲気が変わる凄まじさ、仕事に疲れ少しだけ壊れ始めた我が心也。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog