fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


午前中に当地でも予想通り『梅雨明けしたと見られる』という、梅雨明け宣言???が気象庁より発表されました。
早速オオムラサキの様子を観察しようと、クヌギの森に出掛けましたが、生憎『クヌギのレストラン』と私が勝手に名付けた老木にオオムラサキのすがたは見られません。
レストランのお客様は、エメラルド色に輝くコガネムシ様が一頭だけといった寂しい状況。
いつもこの木に近寄ると、クヌギの樹液の匂いに誘われた『オオムラサキ様』や『オオスズメバチ様』で混雑するのですが、この方だけがお客様。

クヌギのレストランのお客様

次に、このクヌギのレストラン全景をお伝えすると…………・

クヌギのレストラン

幹に穿った穴が空いていて、その周り周囲から樹液をほとばしらせています。
気温が上がるに従って、樹液の匂いも強烈になってきましたが、お客様は増えそうにありません。
高い梢を見回すと、オオムラサキのオスが小鳥のように飛び交うのが見えましたが、低く降りて来たのは一瞬だけ。
通勤の車が時々通るからでしょうか、余り落ち着いていないようです。

キノコがいっぱい

こちらは、クヌギのレストランの近くにニョキニョキ顔を出していたキノコたち。
名前は判りませんが、おとぎ話の絵本から飛び出してきたような可愛いキノコの林です。
空を見上げると鯖の模様を模した様な雲、天候が変わる前兆と予想しますが15:00過ぎ、東の空が暗くなり
風が変わったので、彼地は夕立でしょうか。
明日もまた気温が上昇しそうです。
本日の最高気温アメダスによると、韮崎で32度近くまで上がりました。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog