fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


嫁と娘は、大井川鉄道に乗るツアーに加わり今帰宅した処。
そのため今日の私はのんびりと、久しぶりに半日ほど八ヶ岳山麓を訪ねておりました。
目的は湿生植物の観察です。
北杜市大泉町にある県道清里美し森線脇に小さな湿地が幾つか点在しています。
40年ほど前まで、この近辺の道脇山側に沢山有ったこの手の湿地もコスモス、ビオラ等一般の人が好みそうな栽培植物が植えられ、すっかり乾燥化してしまいました。
誰も知らないはずですが、此処にはモウセンゴケを初め貴重な湿性植物が残っています。

モウセンゴケ

このモウセンゴケは有名な食虫植物ですが、県道脇から数歩歩いた処で探せます。
もっとも、アチコチに水溜りが隠れていたり、思わぬトラップが有ったりして泥だらけに成る覚悟が必要です。
私の知る限り、モウセンゴケをこれ程簡単に見つける事ができる場所は無いでしょう。
私だけのプライベート湿原(笑)ですもん。

ツリフネソウ

緑の葉と対照的な濃いピンク色のツリフネソウ。

シモツケソウ

桜色に萌え立つシモツケソウも咲き始めていますが、道路を走る車は誰も興味を示さない様子で、この先にある某人工スキー場のリフトに向かっています。

ツルニンジン

可愛らしいツルニンジンも枯れ枝に蔓を絡ませて咲いています。

サビタの花

こちらは湿った場所を好むユキノシタ科の木本類でノリウツギ、昨年は、富士山麓にある山梨県環境科学研究所でのエコティーチャー研修の際、よく見かけた木です。
北海道での呼び名は『サビタ』アイヌ語との事。
ノリウツギの語源は、和紙を漉く際繊維を絡ませる糊として使った事からきているとの事を昨年同研究所でのレクチャーで、教えてもらいました。
原田康子さんの小説『サビタの記憶』のタイトルでも有名ですが、本州中央部では冷涼な高原に咲いています。


スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog