fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨日の続きです

北杜市大泉町にある美し森の上に、その昔『山梨県営八ヶ岳スキー場』と云う場所がありました。
簡単なロープ一巻きだけが駆動するリフトがあり、スキーヤーはロープに手を掛けそのまま滑りながら登ると云った物が設置されていた程度でしかも殆ど動いてはいず、冬はクロスカントリースキーの練習やそり遊びに興じ、春は下の画像のような早春の植物が咲いていました。夏はヤナギランが一面を覆い尽くし、高山植物の宝庫でした。
しかし、県は事も有ろうに某観光業者に此処を貸与してしまったのです。
『冬はともかく、夏の営業はさせないでくれ』と云った私の抗議に対し、県の担当者は、夏も営業させるようなそんな事はしないと言っていたにも関わらず、以来夏もリフトを稼働させて環境客を1900メートルの牛首山馬の背直下まで、上げています。
しかも、従来高山植物が咲き乱れていた場所を全て破壊し、一般人が喜びそうな極彩色の園芸植物で覆い尽くしたのです。
これが現在『サンメドウズ大泉清里スキー場』になっています。

昔県営スキー場に咲いていた『ハルリンドウ』

昔県営スキー場に咲いていた『ショウジョウバカマ』

昨日私がモウセンゴケを観察していた場所の横を爆音を上げて通り過ぎるバイクや乗用車の数々。
そんな場所が私のプライベート湿原です。(苦笑)
植生保全のため最低限の観察に止め、美し森から羽衣池付近まで徒歩で移動することとして車を美し森駐車場にデポ。

オカトラノオ

サビタの花とタテハチョウ

オカトラノオやサビタの花で吸蜜するタテハチョウの仲間が美し森周辺に見られます。
シモツケソウ、オオバギボウシュ?、クガイソウも所々に見られます。

クガイソウ

ギボシの仲間

ネジバナ

ネジバナがこんな所で見られるとは少しビックリ。
その他ウツボグサが多く、拙宅ご近所の下界の物より少しですが、青みが濃いようでした。

何年か前、此処を訪れた頃よりだいぶ体力が落ちているせいか、いっこうに高度を稼げず難儀しながらも羽衣池からその上部スキー場周縁部まで登りました。

羽衣池

ヤマオダマキ

ナツアカネorアキアカネ?

チダケサシ

羽衣池周辺は、羽化したばかりの赤とんぼ(ナツアカネ或いはアキアカネのいずれか)が、未だ成熟しきっていないので赤くありませんが沢山飛んでいます。
チダケサシ、ヤマオダマキ、等夏の高原を彩る花も咲いていました。
但し、そんな呑気な話はそこまでで、羽衣池を過ぎ赤岳に向かう登山道を登るにつれ、スキー場の放送でしょうか大音量のPAが響いいています。
リフトに乗る乗客への注意の呼びかけだと思っていましたら、なにやらお笑い関係の催し物か何かのようなダミ声と笑い声。
呆れ果て車に戻り帰宅の途に着いた次第。





スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog