fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


ボランティアNPO研究集会のレジュメからの引用、これが最後(笑)。

皆さん原子力発電が好きですか?
今日お集まりの皆さんだったら………?
好き×、多分大嫌い◯ とおっしゃると思います。
電力会社はなぜオール電化を勧めたがるのでしょうか。
オール電化に付き物のエコキュート
何時でもお湯が使える便利な暮らし。
夜間電力でヒートポンプを運転して、空気中から熱を集めてお湯を沸かします。
夜間電力は安いので経済的だそうです。
電気の使用は二酸化炭素発生量が少なく、クリーンで安全な生活ができるそうです。
さて、どうして環境にやさしいのでしょうか?
今私達の使っている電力の約三分の一は原子力発電所で作られています。
原子力発電所から排出される二酸化炭素は、石油や石炭を燃やさないのでとても少なくて済みます。でも……原子力発電は、発電量を調整するのが苦手です。
いつも同じような運転をすることが基本になります。
昼と夜、どちらが電気を沢山使うか分かりますよね。
電力の使用が少ない夜の間、効率のよい原子力発電所の電力を中心に使い、沢山使う昼の間は、夜間よりも火力発電所を多く稼働させて発電します。
エコキュート(冷房に使うエコアイスも同じ事)は昼に使うお湯を夜のうちに沸かしておいて昼間も使うようにして、火力発電所の稼働を少なくしています。
つまりエコキュートで沸かしたお湯は
原子力発電所で沸かしているのと同じ事!。
でも、二酸化炭素削、窒素酸化物、亜硫酸ガスなどの削減効果は大きいので、環境に優しいはずですよ。

ウチは太陽光発電だから環境にやさしいはず?
太陽光発電や風力発電等自然エネルギーによる発電(大規模水力発電を除く)は、その供給量がどうしても不安定になり易く、いつも安定した電力を供給できるとは限らなないため、それを大量に使用した場合、どうしてもバックアップ用の電力供給手段が必要になります。
太陽光の場合、夜間は全く役立たずとなり原子力発電のご厄介になってしまいますよね。
一番良いのは省電力に徹っする事が重要だと思うのですが。
もう一つ太陽光発電には一つの盲点があります。
それは真夏に電力変換効率が低下してしまうこと。
案外知られていませんが、高温になると電力変換効率が低下してしまいます。
一番よいのは、太陽光発電と太陽熱温水器を組み合わせて受光面を冷却する事なんですが、未だそんな製品はありません。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog