fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今朝、お隣の奥様からブドウを戴きました。
品種の名前は、『デラウエア』アメリカ系の古くから栽培されている小粒の甘いブドウです。
現在では、ジベレリン処理と言って、本来は植物の成長促進ホルモンとしてつかわれるのですが、昭和30年代にこのデラウエアの種無し栽培として栽培方法が確立され、現在市場に出回っているこの仲間は全てこのジベレリン処理が施された種無し果です。

みどりのカーテンからの恵み

もちろん、お隣は農家ではありませんから、このデラウエアにはしっかりと種が入っています。
市場のデラウエアは種が入っていないのと同様に、ジベレリン本来の目的たる成長促進作用によって収穫が終わっています。
やっぱり種が入っているほうが、ブドウ本来の旨みと甘味が優れています。
もっとも、都会の皆さんは、種を出す食べ方がお好きらしく、種が入ったブドウは嫌われ者ですね。
遅くなりましたが、これは「みどりのカーテン」さんからの甘い贈り物。
お隣のご主人が、丹精込めて栽培された「みどりのカーテン」、この甘さは、太陽と水と炭酸ガスがブドウに集まって生まれた貴重な贈り物。
やっぱり太陽はスゴイです。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog