fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


キャットフードがなくなったので、愛猫ミーを連れて獣医師のもとに出掛けたが、獣医師によるとミーがご贔屓にしている某大手米国系ヘルスケア製品メーカーの特別療法食に不具合が発生した疑いで、自主回収になったとの事。
以下、その案内文冒頭部分です。

この度、弊社が米国で製造し、国内で販売している特別療法食【アイムス ベテリナリーフォーミュラ(ドライフードのみ)】において、弊社の品質基準に満たない製品が出荷された可能性が判明いたしました(対象商品は下記参照ください)。弊社米国工場では、定期的に米国検査機関による品質の検査が行われています。なお、この度品質基準に満たないと指摘された当該製品は、日本では出荷されていない製品です。
現時点において、犬、猫の健康被害は報告されておりませんが、ペットの快適な生活を第一に考え、予防措置として、当該製造工場で製造されたすべての製品を自主回収することに決定いたしました。当該製品をご利用のペットオーナー様におかれましては、ペットの健康と幸福に貢献する高い品質のフードを提供するという、会社の方針にそぐわない製品を出荷し、大変なご迷惑およびご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

と、云ったわけで、別のキャットフードを選択しなくちゃならなくなりました。
どんなトラブルなのか明確ではありませんが、ググッてみると製造ラインで、サルモネラ菌による汚染の疑いが有ったためとの事でした。
ミーは下部尿路に疾患を持っているため、獣医師処方による食事療法をしている関係で、キャットフードなら何でも良いと云うわけにもいかず、獣医師の指示に従わねばなりません。
以下、三種類のサンプルをいただき、本猫が一番気に入った物を給餌する様にという指示です。

キャットフードのサンプル

今朝ミーに給餌したのは、右下の封を切った袋の製品。
今までのキャットフードに比べ、臭いが余り気になりませんが、本猫は凄まじい勢いで食べておりました。
取り敢えずサンプルの半分を与え、残りを今夜食べさせて反応を見る予定。
いつも書き込んでいるように、獣医師の話によると、猫は気に入った餌を安心して食べる事ができるならば毎日同じ餌で満足するそうです。
それだけに、キャットフード選びは大事な事(笑)。
そして、今までのキャットフードメーカーの自主回収に協力する形で、たとえ空き袋でもメーカーのお客様相談室に返送して欲しいと云う獣医師の要請がありました。
私も畑違いですが某食品メーカーに勤務している関係もあり、この自主回収に協力を惜しみません。
キャットフードと言えど、食べ物を扱う企業は大変です。
それに引き換え、先日購入したチー・ユン嬢独奏のCDでメンコンのはずが、ラロのスペイン交響曲になっていた件に付いての不適合は酷すぎますよ。
その他今まで、PCメーカー、ソフトメーカー、の対応も同様でした。
唯、大手PCメーカーのN◯Cの対応は凄く電源系のトラブルのため発煙したLaVieを出張修理でそのまま分解して直した事は特筆に値します。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog