fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


休日のたびに、出掛けたり雨が降ったりで、最近御近所里山から遠ざかっておりました。
やっと秋の気配が濃くなりつつあるいつもの用水路沿いを自転車で散策。
稲刈りももう半分位終わってしまったでしょうか、田圃では脱穀機やコンバインが忙しそうに働いています。

キクイモ

耕作放棄地の藪の脇にキクイモが咲いていますが、これもイヌキクイモかもしれませんね。
どちらにしても黄色い花はヒマワリそっくり、キク科でもヒマワリに近い外来種の花。
根茎を食用や薬用に用いることからキクイモと名がついたようです。

用水路脇のマンジュシャゲ

このマンジュシャゲは、昨日も北杜市にある群落を掲載しましたが、やはり用水路の脇でひっそりさいていたものです。
やはり鱗茎から芽を出すようで、毎年同じような処に咲いています。
なお、昨日も書きましたが飢饉の折は食用にしたとのこと。

マルバルコウソウ

この季節どこに行ってもこのオレンジ色の花が目に付きます。
アメリカから渡ってきた、マルバルコウソウですね。名前が変わっているのですぐに覚えてしまう花。
可愛らしい姿が好きになるそんな植物ですが、皆は唯雑草と呼んでいる花。

オケラ

初めて見た植物ですが、アザミに似ていてしかも萼の部分がとても変わっています。
ハテ、この植物は何でしょうと考えましたが判りません。
取り敢えずキク科だということまでは判るのですが、それ以上現地では同定できず、帰宅後秘密兵器の平凡社刊『日本の野生植物(草本類)全三巻』にご登場願ってキク科の植物を虱潰しに調べましたよ。
結果、「オケラ」であることが判明。
美味しい野草の代名詞「山で旨いはオケラにトトキ」のオケラだそうです。
若芽の頃は食用になるそうですし、漢方薬にも用いられるとのこと。
萼の部分が魚の骨が絡み合ったように見えるのが特徴。
何処にでも咲いていそうなこの植物、実は南から北まで19都府県で絶滅危惧種に指定されています。
これでは山菜として食べられそうにありませんね(笑)。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog