fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


一雨ごとに

今日は一日雨模様、それほど強い雨ではありませんが、しとしとと降る秋雨なんでしょうね。
さて、今夜も雨水について考えましょう。

月並みですが、今夜のBGMはブラームス作曲バイオリン協奏曲第一番「雨の歌」です。
演奏は、シモン・ゴールドベルク(Vn)、アルトゥール・バルサム(Pf) 録音:1953年5月、ニューヨークにて。
モノーラル録音ですが、凄い演奏。
インターネットから収録したソースを聴いています。
以下にこの演奏が収録されたCDも販売されているのでご紹介いたします。

Vn:シモン・ゴールドベルグ P:バルサム 
HMVで売っています。

降り始めの雨、これを初期雨水と呼びます。
この雨水の中には、空気中の汚れや屋根に着いた埃、虫や小動物の排泄物等も混ざっていることが考えられます。
そのため、綺麗な雨水を使いたい場合これを除去すれば問題がありません。大体1ミリから2ミリの降水を流したあとは、きれいになると言われています。
もちろん、植物等への水やりや庭の散水などには全く問題無いため、この初期雨水も使えます。
皆さん心配されるのは、酸性雨等空中の窒素化合物や硫黄酸化物等の化学部質が入っている雨を心配されますが、前述のように初期雨水を除去すれば後は、文字通り天然の蒸留水となります。
綺麗なので飲料水として適しているかというと、色々な細菌類の混入が考えられるのでやっぱりそのまま飲むのは禁物。
必ず最低でも80℃以上に加熱する必要があります。
でも、温度計が何処にでも有るとは考えにくいので、取り敢えず沸騰させてください。
気圧が低いため富士山の山頂でも沸点は87℃ぐらいなので沸騰すれば飲めますが、エベレストの山頂では、70℃ぐらいまでしか上がらないため飲めませんよ(笑)。
但し、市販されているミネラルウォーターのようにキレが有るとか?そういった美味しさに付いては、全く期待できません。
なぜならば市販のミネラルウォーターは鉱泉水なので、僅かな無機成分が含まれていて、これが俗に言う水の美味しさに繋がるのだそうです。
雨水はこれを全く含んでいないため美味しさの点では全く期待できません。


スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog