プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


今日は勤務先で、ISO9001品質管理システムの内部監査を受けました。
事務局担当の私と管理責任者の専務が務める品質システム管理責任者グループの被監査側を、以前私と一緒にこのシステムを立ち上げ、取締役に昇格された鬼より怖い(笑)現品質保証部長様が内部監査員として監査なさるといった塩梅。
重箱の隅を啄くような、彼の鋭い眼光に私と専務とて、それなりに修羅場をくぐり抜けて来た強者ですから、いろんな文書を揃え対応します。
多くのお客様の信頼を得られるように品質システムを運営してゆくのが私の仕事。
顧客満足度を高めるために品質マニュアルの構築と手順書と作業標準そして記録との整合性を図らねばなりません。
午後から半日を費やし、何とか17:00頃には終了しました。
色々指摘事項も頂きましたが、皆でゆっくり検討し、良い解決策を見出しましょう。

今日も勝沼は暑かったね。
クリックすると大きな画像で御覧いただけます。

話は代わり、この画像我が勤務先に一番近い甲州市勝沼の21:00までのアメダスデータです。
昨日今年一番の暑さで、38.5℃の全国最高気温を記録した甲州市勝沼のアメダス、今日も14:00前に35.6℃を記録しました。
さて、最低気温の欄を御覧ください。
お気づきでしょうが、最高気温は、前出のように13:44分に35.6℃でしたが、問題は最低気温ですよ。
その僅か一時間と少し後、15:02に22.1℃まで一気に13.5℃も気温が下がりました。
これはどうしてでしょうね。
15:00代の降水量を見てくださいね。
何か気が付きませんでしょうか、そう!、僅かの間に12mmも雨が降ったワケ。
凄い夕立だったんですよ。
これで一気に気温が下がり、過ごしやすくなりました。
それにしても13.5℃もの気温下降は凄いです、私なんか急に寒くなっちゃって大変でした(笑)。
明日は、今日イジメられた私と常務が内部監査員として、長野県にある事業所の同じくISO9001システムの内部監査に出掛けます。
さてさて、どうなることやら???。
スポンサーサイト
勤務先の地区は、本日の全国で最も気温が高い記録を作っちゃいました。
勝沼のアメダスは、14:34に38.5℃を記録、甲府盆地中央の甲府市より暑かったようです。
節電のため、エアコンの温度は余り下げる事が出来ず、仕事場では、色々な耐暑グッズが用意されました。

ネッククーラー

これもその一つ、首に巻くネッククーラーの一種です。
袋状のリボンの中に吸水ポリマーが入っていて、水を吸わせて首に巻くと、気化熱で体温をやんわりと下げてくれるといった優れものです。
ホームセンター、電器店でも、すでに扇風機は品切れ状態。
このネッククーラーも相当品薄気味。
こちらは某作業服系販売店チェーンで購入したとのこと。

水分補給が唯一、熱中症対策で最も効果が高い対処法なのは常識中の常識といったワケで、皆さんツベタイ物を飲んでらっしゃいますが、私はやっぱり熱い珈琲が一番好きです。
今夜も『ニカラグア・リモンシージョ農園』と云うプレミアム珈琲をシティーローストで頂きます。
ほのかに果実香を思わせる香りと甘さが信条。
酸味が少ないのがチョット寂しいかな、といった塩梅。
やっぱり暑いときは熱い飲み物に限りますなぁ。
年寄りだからと皆の声がする(笑)。
今朝の某地方紙に『耕作放棄地に太陽光発電所』と云う大きな見出しが踊っていました。

県が企業へ情報提供検討
山梨県は27日、農地としての復元が困難な耕作放棄地を、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の用地として活用する方向で検討に入った。今後、メガソーラー建設に関心を示す企業などに耕作放棄地の分布状況などを情報提供することも視野に入れており、耕作放棄地の有効活用とメガソーラー誘致の一石二鳥を図りたい考えだ。
 農林水産省の集計によると、2009年度の県内の耕作放棄地は7059ヘクタール。
45%程度に相当する3200ヘクタールは木が生えるなど林野化が進み、農地としての利用がほぼ不可能と判断されている。
 県はこれまで、復元困難な耕作放棄地を山林に戻すことなどを計画してきたが、農政部が持つ耕作放棄地の情報を、メガソーラー誘致を担当する森林環境部も共有化することで、立地に役立てることを検討している。
 県は既に、東京電力と共同で甲府・米倉山にメガソーラーの建設を進めているが、今後も適地を見つけ、民間によるメガソーラー誘致を進める方針。
県環境創造課の担当者は「農地にはそれぞれ所有者がいるため簡単ではないが、農政部の情報も考慮しながら誘致に向けた適地を探したい」としている。
 全国的には、ソフトバンクが耕作放棄地を活用し、メガソーラーの建設を進める動きも出ている。メガソーラー建設には最低2診の用地が必要とされるため、「耕作放棄地の分布や広さが分かる一覧などを作り、関心を持つ企業に情報提供していくことも考えたい」(同課)としている。

暫く前この中にも載っている、某何とかバンクの代表さんがぶち上げた、大規模太陽光発電施設建設に呼応して、耕作放棄地を太陽光発電施設にでっちあげようって、魂胆。
?全体の45%は、木が生えていてのうちに戻せない?。
もともと木が生えていたところを先人が深苦の末、耕地に転換した所。
人力じゃ無理でも何のタメの土木機械かって思う。
ましてや、もともと人里だろうから農道だって整備されているはず。
どうせ木を切り整地しなきゃソーラーパネルは載っからないワケ。
だったら頑張って農地に戻したってバチは当たらんと思う。
何でもかんでも自然エネルギーに活用しちゃえって、錦の御旗の前に恐れ慄け!と言われようと、儂ら天邪鬼は考えるよ。
これじゃ田舎はみんなソーラー発電所にするワケかい?。
原発を田舎に押し付けるのと全く同じ考え方だと思う。
それに喜び勇んで、尻馬に乗る県の担当者にも、もう少し考えて欲しい。
先ず、耕作放棄地を農地に戻して農業支援するのが本筋だろうに、TPPに負けないためにも先ず農業法人でも何でもかんでも、皆で知恵を絞り輸入作物に負けないように頑張らなきゃね。

今夜はエルディーディ弦楽四重奏曲集

今夜のBGMはハイドン作曲弦楽四重奏曲作品76『エルディーディ弦楽四重奏曲集』から適当に聴いております。
独逸国歌『皇帝』なんかも入ってる、ハイドン先生代表傑作のメチャ有名な弦楽四重奏曲集。
演奏はカルミナカルテット。
尚、選曲と本文の内容は全く関係ないので悪しからず(笑)。
ヘルムート・ヴァルヒャさんのバッハオルガン全集の10枚目、
・パルティータ『ようこそ,慈悲あつきイエスよ』 BWV768
・カノン変奏曲『高き御空よりわれは来れり』 BWV769
・バビロンの流れのほとりに BWV653b
・フーガ『高き御空よりわれは来れり』 BWV700
・わが心の切なる願い BWV727
・フーガ『マニフィカト』 BWV733
・いざ喜べ,愛するキリストのともがらよ,もろともに BWV734
・われ汝に別れを告げん BWV736

のっけからメチャ有名な、パルティータ「ようこそ慈悲あつきイエスよ」BWV768。
プレイバッハにも収録される程の作品。

ヘルムート・ヴァルヒャオルガン全集10枚目表
クリックすると大きな画像で御覧いただけます。ヘルムート・ヴァルヒャオルガン全集10枚目裏

最初ディスクトップのDVDマルチの放り込んだのですが、余りに良い雰囲気そうなので、メインのラインに再度のせました。
メインったって、アンプはデンオンのPMー1500RⅡと云う少々古いプリメインアンプ。
CDプレーヤーだって、デンオンのDCD-755AEだから勿論何とかCDとか云う高級なCDも同じ音。
尤もそんな高級なCDなんて買ったことがあろうはずもありません(笑)。
スピーカーだって、一応KEFだけど安物の某国で生産した物。
今夜聴いているCDは先日来所々聴き始めている、ヘルムート・ヴァルヒャ若かりし頃の1947から1952年頃に録音されたモノだそうでうす。
勿論モノーラル録音ですが、重低音も充分堪能できるモノ。
兎に角安いですよ、10枚組のセットで1,475円でした。
一枚じゃなく10枚でこのお値段!。
尤も、先ほど今の価格を調べたら同じAMAZONでも今夜は、1,906円もします。
だから、思い立ったが吉日と云った塩梅で、ついポチルため未聴CDの山は渦高くなるばかりです。
昨日もバロック音楽のボックスセット60枚組が、5,302円と一枚あたり100円を切っておりまして、ツイポチッる事に・・・・。
しかし、このヘルムート・ヴァルヒャのバッハオルガン全集は大当たりです。
暫く前にもウォルフガング・ストックマイヤーさんの20枚からなる同全集も購入しましたが、ヴァルヒャさんのCDに今の処ハマっております。

省電力の話

使用電力の削減について。
先ず、今回は灯りについてですよ。
昨今、LED(発光ダイオード)に寄る照明が消費電力が少ないと云われ、多く使われるようになりました。
白熱灯、蛍光灯、LEDの順に消費電力が少ないそうですね。
値段もその順にトテモ高価ですね。
はっきり言ってLEDの光は、好きじゃありません。
昨今だいぶ改善されたようですが、照射角が狭いですね。
これは発光部の後ろ側にトランス等の基板やそれから発する熱を放熱する放熱板等があるので、どうしてもスポット的に使わざるを得ないようです。
尚、下の画像でも分かると思いますが、丸い発光部と後ろのネジ状の口金の間が放熱板です。

LEDライト

又、長寿命と云われています、しかし確かに発光ダイオードの部分は長寿命ですが、前出の電気基板は放熱板が必要な程高熱になるわけでその分寿命が短くなるようです。
消費電力が白熱電球の10%程度というふれこみですが、あくまでも長時間使用した場合に限られます。
これは蛍光灯も同様ですが、トランス等電気回路に消費される電力がおおきいからです。
値段が高いって事は、生産するのにコストが掛かるわけ、つまりその分希少金属やエネルギーを大量に消費するってこと。
だからLCA(ライフサイクルアセスメント)原料の調達から製造、そして使用、廃棄までの全行程での消費エネルギーが大きいんでしょうね。
この点は、大量に普及すると多少緩和されると思いますけど、果たして如何でしょうね。
個人的にですが、私は白熱電球の暖かい感じが大好きです。
裸電球の哀愁は、電球型蛍光灯やLEDでは感じませんよね。
灯りって、何でも機能一点張りで良いってもんじゃないと思います。
ですから白熱電球が国内で生産中止になったのは寂しいですね。
今日は循環器科(拡張型心筋症)6月度の通院日でした。
年一度特定疾患(難病)認定のため提出する特定疾患医療受給者証申請書の作成について先月より依頼している診断書作成に付いての検査が有り、今日は心臓エコー検査をうけます。
11:00の予約でしたが、午前中には薬も受け取り無事終了。
検査の結果は、すべて問題がないそうです。
現在の服薬節制を続ける限り、暫くは生き延びる事ができるわけですね。
診断書も来週末にはできるでしょうから、来月5日に全ての書類を用意して、当日保健所の担当者が居る敷島総合会館に提出できます。
ワーファリンの効き目を表すPT-INR値も2.0と管理値を示し、まずまずのようです。

診療明細書

但し、診断書やその他もろもろが自費にあたるため、特定疾患医療受給の対象と成らず、7,000円以上の診察料が掛かりましたが、これもやむを得ない出費なので諦めましょう。
尤も、この種の診断書が2,000円なのは、案外安いようですけど(笑)。
身障者認定の診断書と同じくらいの筈なので、通常なら4,000円ぐらいでしょうか。
でも身障者の診断書料は、福祉事務所から返還されますが、特定疾患受給者証の更新診断書のお金は戻りませんけどね。

先ほど、長男夫婦が住む近くの県営団地から帰宅。
孫は生後3週間程経過し、より可愛らしくなりました。

生まれてから3週間が過ぎました。

来月上旬には、一ヶ月検診とお宮参りを迎えます。
私も完全に好好爺になっちまいました(笑)。
久々に一日だけ有給休暇を取り、カモメランを探しに出掛けました。
目的地は、茅ヶ岳の向こう側にある木賊平と金山平。
何れも標高1,500メートルから1,600メートル程の湿地帯。
時期的には調度良いはずでしたが、見事見つかりませんでした。

淡い色のクリンソウ
画像をクリックしていただくと大きな画像で御覧いただけます。

雨に濡れるクリンソウ

ギンリョウソウ

クリンソウが咲き、十数年ぶりにギンリョウソウに会えたのでマア良いでしょう。
尤も、金山平では、木道から滑って尻餅を付いたり、沢に嵌ったりと散々でしたが、往復とも我がAZオフロードは、ターボも快調に回りエンジンブレーキの効きも良好。
この車、先日走行距離が約七年で十万キロを突破、マダマダ頑張ってもらいますよ。
今日は夏至!、一年で一番昼間が長い日(当たり前か)。
だから、今が一番好きな季節。
勿論寒くないからですよ。
こんな夜が短い日の夜?は、ショパンのバラードが聴きたいって急に思い立ちました。

マルクジスキーのバラード

Witold Malcuzynski

遅めの夕食の後、コロンビア・スプレモを飲みながら聴く、アルツール・ルービンシュタインも良いけど、結局ウイトルド・マルクジンスキのレコードを聴いています。
1番の作品23ト短調が一番劇的で、ショパンのバラードったら1番なんだけど、例の白い滑走路の田宮二郎さんのイメージが拭えないわけで・・・・。
それでも、2番3番もそれなりに楽しめるけど、1番意外と云うとやっぱり4番作品52のヘ短調でしょうか。
親会社との連携が調子良くなかったのか、ISO14001環境マネージメントシステム事務局から干され(笑)、多少仕事に余裕を持つことができました。
お陰さまで、趣味としての環境保護問題を自由な立場で模索する事ができるようになり、楽しくボランティア活動に専念できます。
と云っても、この趣味としての環境カウンセラー活動も、親会社へ提出した勤務先の環境目的の一つにしてしまったので、完全なボランティア残業ならびにボランティア休日出勤となるわけです(笑)。
ですから、休日や残業手当など頂けるはずもなく、楽しく活動できるのですよ。
尤も未だISO9001の品質システム事務局は継続しているので、仕事は山程有りますのでご心配なく。
バラードを4番まで聴き終えた後レコードを裏返し、ワルター・ジェンキンスト指揮ロンドン響がバックを務め、同じくマルクジンスキさんのピアノ演奏でショパンの2番のコンチェルトを聴いています。
俗に1番の協奏曲の方が有名ですが、なんと言ったって私はこの2番の方が好きですよ。
田宮二郎さん本当にかっこ良かったですよね。『フラップ ツー ゼロ、ギアダウン!』今でも昨日の事のようにドラマの冒頭を思い出します。
最初油絵の肖像画だけで出演?された杉山機長の奥様役の浅丘ルリ子さんの妖艶な美貌も忘れ難いですね。
もう、バラード第一番の冒頭が流れると・・・。
なんだかんだと文句を言って、今夜も結局『白い滑走路』になっちまいました(笑)。
つまり、今夜も白い滑走路の怨念に負けてしまったわけです。
今日はさすがの私でさえ、この梅雨やっと蒸し蒸しするように思いました。
お陰でやっと日中は半袖のポロシャツ姿で過ごす事ができましたが、普通の皆さんはトテモ暑く感じられたようで直ぐに扇風機をお使いになるわけです。
すると、私の体温は急激に低下し寒いわけです(笑)。

今夜のキリマンジェロ
各画像をクリックしていただくと大きな画像で御覧いただけます。

そんなお馬鹿な事を思い出しつつ、今夜もホンジュラスとメキシコを各50グラム位ずつ焙煎した後、タンザニア・キリマンジェロAAを濃い目にドリップして人心地。
苦味より僅かな甘みと思ったより強めの酸味が心地が良いですね。
この豆の焙煎はいい加減でしたが、多分シティーロースト程度だと思います。

BWV910-916.jpg

今タンザニア・キリマンジェロAAを頂きながら聴いている曲は、グレン・グールドさんのバッハのBOXセットから、BWV910から917以上7曲のトッカータ集です。
尚、このジャケット画像は単売されているものからの引用です。

朝、狭い拙宅の庭に出てみて驚く。
何と、ホタルブクロが咲いているではありませんか。
勿論栽培品ではない、野生種ですよ。
栽培品は玄関脇の植木鉢の中、しかもアルビノだけ。
小さい種子なので何処からか風で運ばれたものでしょうか?。
拙宅には、タカサゴユリなんかも自生してますから、それも考えられます。
ココは住宅地ですが、少し歩くだけでホタルをみたりすることができる環境ですし・・・・?。

拙宅の庭に咲いたホタルブクロ
クリックしていただくと大きな画像でご覧頂けます。
これからはご近所里山まで出張しなくても自宅でホタルブクロを観察できますね(笑)。

梅雨の中休み

今日は日曜日、休日の起床時間は少し早め。
休日は一日を有効に使わないと勿体無いですよ。
朝食後先ず、コロンビア・スプレモとメキシコを焙煎。
以下同様に画像をクリックすると大きな画像で御覧いただけます。
今日のコロンビア・スプレモ

何時も同様多少煎りむらも有りますが、気にしない気にしない。
自治会の清掃日なので7:00前に担当する浄化センターに集まるが、そのまま解散となる。
マンデリンを濃い目に淹れ、コーヒータイム。
天気はどんより曇り空、雨こそ降っていませんが、空気は湿って重たい感じがします。
11:00頃何杯目かのマンデリンを飲んだ後、蒸し始めたので一枚脱ぎ捨て、MTBアバランチェを駆って、フィールドワークに何時もの谷間に出発。

緑の谷間

雨で洗われた木々は緑を一段と濃くしていますが、時折薄日が差すせいか曇り空の割に明るい林内です。

ホタルブクロ02

自生するホタルブクロもピンクの釣鐘に斑入りの模様、こちらも今が盛の様子。

テングタケの仲間

おやおや、テングタケの仲間でしょうか、可愛らしいキノコがにょきにょきと・・・・・。
湿った落ち葉の中から傘を広げましたよ。
美味しそうだけど危ない危ない?。

キノコ01

こちらも立派なキノコですね。

イチヤクソウ01

もうこの辺りでは咲き終わっていると思っていたイチヤクソウが咲いています。
白い花は、水滴で湿り輝いています。
空を見上げると一段と低くなった雲と時折遠雷の響き、風も雨を呼ぶ風。
降り始める前に帰宅し少し遅めの昼食。
少し肌寒さを覚え再び長袖のシャツを羽織った次第。
蒸し暑いはずのこの季節、未だ長袖シャツを手放せない今年の梅雨空。
某電力会社の目論見どおり、ピーク電力が気になる真夏は果たしてやって来るのでしょうか?。





天候も今一、体調も同様と云ったワケで、今日も一日自宅警備に明け暮れておりました。
お仕事?は、モカイルガチャフィーとブラジルNo.2を少し焙煎しただけ。

モカ・イルガチャフィ

何れもシティローストを目指しましたが、ご覧のごとく相当煎りむらが目立つお仕事です。
今日頂く珈琲は、先日焙煎した同じモカイルガチャフィーの残りとコロンビア・スプレモでした。
どちらも見た目はあまり良くありませんでしたが、味の方はそれなりに美味しかったので、良しとしましょう。

電脳コイル

そして何杯かのコロンビアを頂きながらDVD鑑賞に明け暮れました。
作品名?は『電脳コイル』を第17話から第26話最終回まで。
子供向けのアニメなのにオトナの鑑賞にも十分耐える内容ですわ(笑)。
シューベルトの交響曲と云うと、誰でも思い浮かぶのは第8番通称『未完成』第一と第二楽章のみの曲。
そして、第9番通称『ザ・グレート』、私も好きな曲の一つでツイ口づさんでしまうメロディー。
さて、先日朝の某半国営放送局のFMで流れた第3番が軽快で結構私好みでした。
そこで今夜は、そんなシューベルトさんの交響曲第3番ニ長調 D200を今夜は聴いています。
ユーディ・メニューイン指揮シンフォニア・バルビゾアの演奏のCD

シューベルト交響曲第3番

全曲に渡る軽快さが信条と云える、この演奏。
カップリングは同じく5番と8番です。
まあ、どちらかというと5番と8番のほうが、遙かにポピュラーな曲ですけどね。


CDを聴く時間

通勤時間が往復2時間を超えているため、この時間を無駄にしない様に音楽を聴くことが多いわけです。
勿論安全運転に徹しておりますが、片道CD一枚位聴くことも可能なので、以前はCDを車内に持ち込んでいたわけです。
しかし、一応購入したCDですから大切に扱いたいのですが、ご承知のように夏の車内は灼熱地獄となりますね。
ディスクは、ポリカーボネート製のため、耐熱はあるのでしょうが、蒸着している金属塗料等は耐えられない事も予想されます。
そこで、購入したCDの内お気に入りを全てCDRにコピーして車内用として聴いていました。
法的には、購入した本人が個人用として、車内で聴くためにコピーするわけですから全く問題ありません。
しかし、常時100枚以上のCDRを持ち込んだため、結局何を聴くのか迷ったりして、それ自体が結構煩わしくなったりします。
そこで、我がAZオフロードのカーステレオは、圧縮ファイルを再生することができるのを思い出し、早速古いCDRWにメディアプレーヤーで取り込んだファイルを焼き、再生すると殆んど違和感の無い音楽を聴くことができました。
現在、メディアプレーヤーで取り込んだユーミンさんやマーラーさんの音楽をこうやって聴いています。
先日購入した、ヘルムート・ヴァルヒャさんのバッハオルガン全集や、ブクステフーデのオルガン全集も先ほどファイル化してCDRに焼きこみました。
ヘルムート・ヴァルヒャさんのバッハオルガン全集10枚組もCDR一枚に凝縮。
ブクステフーデさんのオルガン全集6枚目も余裕を残して同様に一枚。
これは便利ですが、今何を聴いているか判らなくなっちまうのが唯一の欠点(笑)。
日本で一番売れていると豪語する、宣伝文句でお馴染みの某社ウイルスセキュリティーソフトのアップデイトが突然始まり、散々な目に遭いました。
社内で使っているパソコンの殆んどが、突然このウイルスセキュリティソフトがアップデイトを始めたため、作業中に突然プッツンしてしまったり、その後勝手にたのソフトが起動できなかったりと、各機様々なエラーが発生し、大変でした。
副社長などエライさんのパソコンもネットワーク絡みの無線関係ドライバーを飛ばしてしまったりして、ネットワークに繋がらなかったり、プリンターにアクセスできなくなったりと、酷い状況に追い込まれました。
結局何時もお世話になっている保守会社のSEさんのお世話に成らざるを得ない事になり、何とかその場を回避しました。
このSEさんも見習いの方を連れて、OJT(On the Job Training)の真っ最中です。
この業界、昔は結構美味しい業界だったようですが、このご時世色々大変なようですね。
私なら、私の勤務先みたいな処のシステム保守は絶対に受けたく無い仕事です。
稟議書を書いて契約する担当の私が云うのですから間違いありません。
絶対にこんな処のマシンを相手にしていては、敵いませんよ。
とは言いつつ、雑用件俄システム管理担当者としては、頼りがいがある保守会社のSEさん達です。
新人さんも早く一人前のSEを目指してがんばってくださいね。
あぁ!セキリュティソフトのアップデイトが一段落した明朝の起動状況とそれにまつわる作業の事を考えると、トテモ憂鬱になります。
パソコンなんかだいきらいだー。
今夜もヘルムート・ヴァルヒャさんのバッハオルガン全集旧盤から聴いています。
曲目は昨夜同様に一枚目のオルガンのためのトリオソナタBWV525から530まで、俗に云う第一番から第六番までです。
モノーラル録音なので、ステレオ録音の臨場感こそありませんが、その分だけ何となく近しい感じがします。
・トリオ・ソナタ第1番変ホ長調 BWV525
・トリオ・ソナタ第2番ハ短調 BWV526
・トリオ・ソナタ第3番ニ短調 BWV527
・トリオ・ソナタ第4番ホ短調 BWV528
・トリオ・ソナタ第5番ハ長調 BWV529
・トリオ・ソナタ第6番ト長調 BWV530
この演奏の評価を知りたくて、ぐぐってみると、精神的云々と云った言葉が並んでいて、チョッチィむずいわけです。
昨夜も聴き、もう一度同じCDを聴きたくなったのは、やっぱりバッハが好きだからでしょうか。
某通販サイトにて先日ポチッたCDセットが届きました。
ヘルムート・バルヒャのバッハオルガン全集は、アルヒーフの録音で二種類あります。
今日届いたのは、1948年から1952年に掛けて録音された俗に云うヴァルヒャの旧版です。
勿論モノーラルですが、充分に鑑賞に耐えうる演奏並びに録音ですね。
半世紀以上前、勿論私自身も未だ生まれていない頃の録音ですが、良いですね。
暫く前、ウォルフガング・ストックマイヤーさんの同じくバッハのオルガン全集もポチりましたが、これはコレで味があるといった塩梅。

BACHオルガン全集ヴァルヒャの旧版

10枚組で1,475円と、一枚あたり150円を切っております。
先日のストックマイヤーさんの20枚で4,000円弱と比べても安いですよ。
尚、未だストックマイヤーさんの方は殆んど聴く暇がありません。
ごめんなさい。

今夜のゲンジボタル

又もや真っ黒な画像、勿論クリックして頂くと、真ん中あたりに薄黄緑色に光る光跡がチョットだけ見えますね。
コレが今夜ご近所小川の辺りで舞っていたゲンジボタルさんです。
多分雄だと思います。
雌は、草叢でひっそり光りながら、雄の到来を待ち続けていますからね。
今聴いているのはトリオ・ソナタ第4番ホ短調BWV528です。

もうこんな季節

気がつくと、もう6月も半ばに差し掛かりましたね。
毎日が矢のように過ぎ去ってゆくように感じるのは私だけでしょうか。
特に休日の時間はアッと云う間に過ぎ去ってゆきます。

ホタルブクロのアルビノ

朝玄関先の植木鉢にアルビノのホタルブクロが咲いていました。
勿論嫁がどこぞから仕入れてきた栽培品ですけどね。
ホタルブクロが咲くのは夏になった証、その割に今日も天気予報どおりには、気温が上がらずそれ程蒸し暑くありません。
盆地で一番暑い筈の甲府の最高気温も25℃を僅かに上回っただけ。
拙宅に近い韮崎のアメダスでは23℃止まりと、肌寒さを感じたほどです。

http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-49086.html?groupCode=34&areaCode=000 (韮崎のアメダスデータのURL)
今夏のピーク電力も心配ですが、この調子で暑くなるのでしょうか?、その方が遙かに心配なのですが・・・・。
冷夏になっても地球温暖化のせいだと決め付けるのは、如何なものでしょうね。

ペルーカハマルカゴールド

今朝焙煎した珈琲は、『ペルー・カハマルカ・ゴールド』です。
ついでに『モカイルガチャフィー』も焙煎。
と言っても、今朝飲んだ珈琲は、『コロンビアスプレモ』と『ガテマラHSB』の二種類。

ブクステフーデオルガン全集から4枚目

そして、今聴いているのはブクステフーデのオルガン全集から4枚目のCDそして、以下がそのデータです。
尚、画像はメディアプレーヤーが探しだしたジャケットアートです。
CD-4: Passion - Easter
1 Ciacona in c, BuxWV 159
2 Ach Gott und Herr, BuxWV 177
3 Ach Herr, mich armen Sünder, BuxWV 178
4 Praeludium in E, BuxWV 141
5 Canzonetta in e, BuxWV 169
6 Jesus Christus, unser Heiland, BuxWV 198
7 Canzona in g, BuxWV 173
8 Fuga in C, BuxWV 174
9 Toccata in F, BuxWV 156
10 Nun freut euch, lieben Christen g’mein, BuxWV 210
11 Kommt her zu mir, spricht Gottes Sohn, BuxWV 201
12 Wir danken dir, Herr Jesu Christ, BuxWV 224
13 Canzona in C, BuxWV 166
14 Praeludium in g, BuxWV 150

Ulrik Spang-Hanssen
at the Aubertin Organ in Vichy (France)
recorded in: October 1991
前にも書き込みましたが、この全集は一枚ごとにヨーロッパ各国別々のオルガンで演奏されているそうです。
このCDの録音に使われているの、は仏のオルガンのようですね。
大きな雨音で起こされた朝、今日は何もスケジュールが入っていません。
これだけ朝から強い雨が降っていては、ご近所フィールドワークにも出掛けられず、完璧にお休みモードです。
『先ず、珈琲を。』というわけで、キリマンジェロが残り少なくなり、煎豆屋さんに1キログラム発注しました。
ついでにキリマンジェロの在庫を全て焙煎し、ついでにホンジュラスも焙煎しましたよ。

今朝のホンジュラス

焙煎器

因みにこれが愛用の焙煎器、20年近く使っている年季物ですが、一向に焙煎技術は向上しません。
ご覧のように相当焙煎度合いが不揃いですね。
不思議と昼近くなると雨が上がりました。
ご近所ホームセンターに猫関係の小物を買出しに行くと、隣に長男夫婦の車があり孫を長男がお守りをしています。
孫を一人で置いておけないので、やむを得ず車中でお守りとなった由。

今日の孫

長男たちと別れ、帰宅後寸暇を惜しんで、ご近所フィールドへ出発。
目的は、「イチヤクソウ」を探すこと。

やっと見つけたイチヤクソウ

里山を徘徊して、やっと小さな「イチヤクソウ」を見つけましたよ。
もう花が終わりそうですが、孫に劣らず可愛いですね。
さて、明日も日曜日でお休みというわけで、色々忙しそうです。
出産後5日目、無事母子ともに産院を退院して、拙宅にやってきました。

退院しました。

孫はやっぱり可愛いですね。
何時、何が起きても不思議じゃ無くなっちまった今、この孫達の未来を少しでも明るくするために、体がそれまでもつか判りませんが、もう少し自然保護や環境保全活動を頑張ろうと思います。
3人の子供らには、物心付くか付かない内から「KUWAHARA」のBMXや子供用MTBを与えたり、又フィールドワークにいつも連れて行きました。
そんな関係で、長男としては自分の子供(私からすれば孫)にも同じ道を歩ませたいらしい。
この子が自転車に乗れる頃になったら、自分と同じように「KUWAHARA」のBMXを買ってくれと虫が良い事を言っています(笑)。
今日は、帰り道がすいていたので、18:10過ぎに帰宅できました。
それでも帰宅には約一時間掛かります。
通勤時間は往復合計2時間強の自動車通勤ですから、何か勿体無い様な気もします。
その間、mp3に変換したお気に入りの音楽を聴いております。
帰宅の際ユーミンさんの「そしてもう一度夢見るだろう」やベートーベンさんの第9番の一楽章、クララさんのピアノ曲等、色々聴いておりました。
朝は、某半国営放送局のFM番組でアパッショナータを聴いていましたが、やっぱりこの曲大好きです。
いつも、スビャトラフ・リヒテルさんの演奏のレコードを聴いていますが、今夜は何となくルドルフ・ゼルキンさんのピアノのレコードです。

ゼルキンのアパッショナータ

この方の演奏も凄いはずなんですが、リヒテルさんのアパッショナータに比べると落ち着いて聴こえるから不思議。

帰宅してからも陽が出ていたので、お隣りの緑のカーテンを見させていただきました。
ご存知拙宅のお隣では、葡萄栽培による緑のカーテンを栽培されています。

お隣りの葡萄のカーテン

今年は、真ん中の枝が枯れてしまい、少し寂しいそうです。
その隙間にカボチャを栽培されたとの事ですが、未だ蔓はあまり伸びていないようです。
葡萄なら、こうして6月から多少陽を柔らかく遮ることができるのですが、他の植物の場合、どうしても7月にならないとダメみたいですね。

ホタルの光

さて、上の画像、マックロけですが、何でしょう?。
左の隅をご覧いただくと何か見えませんか?。
正解は、ホタルの光でした。
今夕、運良くやっと写ったホタルの画像です。
先ほど、拙宅より200メートル足らずの小川の辺りや、その周辺の田圃に数匹ですが、ゲンジボタルが舞っておりました。
いつも観察をしている、もう少し離れた本流の小川には未だ居りませんでした。
今年は近いのでホタル見物も楽ですよ。
因みにココのゲンジボタルさん達は、昨今流行りの養殖ホタルではなく、れっきとしたこの小川土着??のホタルさんです。
直ぐにホタルを守る会なんて云う似非エコロジストの団体が、養殖ホタルと養殖カワニナを撒いて(保育園児さん達に撒かせるなよ。)、自然保護だとヌカスのは耐えがたい暴挙。
元来ホタルは、里山に生きる生き物。
つまり、私達の生活環境と共に生きてきた筈。
今見ることができるホタルの数が、餌となるカワニナの数と比例しているわけ。
少しはゴミも流れている小川、『日本住血吸虫病』予防のための『ミヤイリガイ』撲滅と称し三面コンクリで固められているけど、農薬使用量の低下に伴い、カワニナも多少居るようです。
今絶妙な里山のバランスの上で、ココのホタルさん達は頑張っていますよ。
しばらくの間、宵の楽しみが続きます。

ヤナーチェクピアノ曲全集から  クリックしてネ
今夜も流れているピアノ曲は、ホーコン・アウスボさんの弾くヤナーチェクピアノ曲全集から聴いています。

嫁はバレーボールの練習に出掛け、これ幸いとキリマンジェロを焙煎。
猫のミーも食後に香箱スタイルを決めたので、スナップを撮ろうとしたが、失敗。
『猫が折角くつろいでんのになにするのよ』と少々おカンムリ。

今夜のミー

BGMはヤナーチェクのピアノ曲全集から聴いています。
有名な、『霧の中で』はじめ、こんな夜に凄くマッチしすぎる曲ですね。

気がついたらもう6月だった、と云うわけで、グラモフォンのカレンダーもアンネ・ゾフィ・ームターさんからアンナ・ネトレプコ様に替りました。
旦那様がいらっしゃるけど、お綺麗な方ですね。

アンナ・ネトレプコ様

気がついたら、猫のミーは斑猫、カレンダーのアンナ・ネトレプコ様のお姿もモノクロ。
白と黒だけのトーン・・・・悪くないです。



先ほど、長男の嫁と孫が入院している産院から帰宅しました。
仕事から帰り、夕食後嫁と二男と三人で孫に会いに行ったところです。

今夜の孫
クリックすると大きな画像で御覧いただけます。

一日経ってニットの帽子も外してもらいましたね。
昨日も投稿したように、流石の私も完全に好好爺になっております。
間もなく60,000HITのキリ番です、踏まれた方はご連絡ください。
この『喫茶 きまぐれも』間もなく60,000HITを迎えます。
60,000のキリ番を踏んだ方は、ご連絡くださいね。
何か又考えます。
ご連絡は、メールでお願いいたします。
昨日からご近所の御葬儀で忙しかったのですが今朝早く長男の嫁が男の子を出産し、私と嫁にとって初孫が誕生しました。
体重は2,900キログラムの男の子、母子ともに健康です。

今朝生まれた初孫
クリックすると大きな画像で御覧いただけます。

長男が生まれたばかりの孫の画像を送って来ましたので、無修正(笑)でアップしちゃいましょう。
長男が生まれた時とそっくりな顔。
やっぱり孫は可愛いです。
先ほど御葬儀の初七日の膳も終わり、先ほどやっと帰宅しました。
今朝は孫に直接会えませんでしたので、今夕孫と長男の嫁達が居る産婦人科医院にもう一度出掛けます。
ご近所の御葬儀と初孫の誕生、こうやって世代が引き継がれてゆくのですね。
朝のうち少し曇っていましたが、次第に晴れて昨日までとは全く違う天候。
今日は御通夜のお手伝いなので、午前中僅かに時間が空きましたので、一路ご近所フィールドワークに出発。
 
残雪の冨士

殆んど田植えも終わり、田圃の向こうには遠く残雪がまだ沢山見える富士の姿が浮かんでいます。
クリックすると大きな画像で御覧いただけます、以下同様。

用水路の水量も増し、何かゴロゴロと音がすると思ったら上流から大きなミシシッピアカミミガメが流れてきました。
拙宅で飼っているカメさんと比べ大きさが二回り位違います。
多分上の溜池から流れてきたのでしょうが、この下にも溜池があるのでそこで暮らすことでしょうね。

アマガエル

そんな用水路を覆っている葉っぱの上にアマガエルさん達が止まっています。
今が彼らにとっても一番大切な季節なんでしょうね。

桑の実摘み

数年前から使われなくなった桑園をそのまま利用した桑の実摘み園の営業も始まったようです。
道路脇の桑の実をそっと口に入れましたが、まだ少し渋いようです。
卯の花も咲き始め、里山も今が一年中で一番輝いている季節です。
ご近所の方が亡くなられ、今日は仕事を休み御葬儀の準備でした。
14:00にご近所の皆さんと一緒に、亡くなられたお宅に弔問に行き、明日からの段取りの説明を受けました。
明日土曜日は通夜式、明後日日曜日は、御葬儀です。
ご近所の皆さんと共に斎場で帳場を張り、弔問の受付をします。
斎場は、火葬場に隣接している施設を利用しますし、細部の事は葬儀社が取り仕切りますから、私達は受付けだけを行います。
故人は、80歳代後半と私の亡き父母と同じ年代の方でしたが、最近まで良く散歩を擦る姿を見受けましたので、急死なさって驚いた処です。
明日に予定していたマツダディーラーでのAZオフロードのオイル交換は、今日に変更していただきました。
通常自分でできますが、パックデメンテと云う二年間契約の整備をお願いしてある関係で、半年毎のオイル交換もその中に含まれています。
私の場合、走行距離が多いためと、走行3,000キロ毎にオイル交換をする関係で、いつも点検時期と別にその権利を行使することにしています。
ちょうど今前回自分でオイル交換してから3,000キロ走ったのでお願いしたわけです。
我がAZオフロードも間もなく走行距離が通算100,000キロに達しますが、未だご機嫌で走っております。
マダマダ頑張ってもらわないと困りますから、整備は入念にしています。
多少お金は掛かりますが、新しい車に買い換えるより遙かに安上がりですからね。
兎に角、御葬儀の明日、明後日、私もしっかり頑張りましょう。
今夜は久しぶりにハイドンの弦楽四重奏曲を流しています。
特に気に止めなかったから何番か忘れてしまったけど、難しいことを言わなきゃ唯流れてくる弦の呟きを楽しめば良い。
面倒なのでパソコンの光学ドライブに入れて聴いています。
何度も書きましたが、デスクトップに鎮座しているアンプ付きスピーカーは500円か1,000円程度の安価な物。
これで充分にハイドンの魅力が伝わってくる?と思っています。
話は替り、昨日掲載した山梨県環境創造課より発表された今夏の山梨県の電力削減計画の目標値マイナス15パーセントが、何時の使用電力量に基にしたものかが、不明確でした。
朝一番で環境創造課の担当者に問い合わせたところ、良く解らんと云った話で、チラシの原案を作った担当者に聴いてみるので時間が欲しいとの話でした。
先ほど20:00過ぎにメールが入り、昨年の使用電力のマイナス15パーセントとの事。昨今の公務員さんも遅くまで仕事をしているようですね。
県環境創造課は、山梨県の環境保全や温暖化防止等に取り組んでいる部署。
今夏の電力削減計画等で今一番忙しい部署かもしれません。
尚、環境創造課のアドレスを張っておきますので、お暇な方はご参照ください。
http://www.pref.yamanashi.jp/kankyo-sozo/index.html
私達エコティーチャーを県内各所に派遣してくれるのも、この環境創造課のお仕事の一つです。

ミーの香箱座り

今夜のミーは食後の一時をテーブルの下に隠れ、香箱座りで寛いでいました。

邪魔された

私がカメラを向けたものだから、『邪魔された』って少しおカンムリぎみ。
話は戻り、昨日も掲載したように、我が山梨県は東電の管轄なので今夏の電力が不足が懸念されていますが、中電の管轄でも美浜原発の全炉停止もあり、電力が足りないといった話もありますね。
又、他の地域でも検査で停止中の原発を再起動するか否かで、もめている処もあるそうです。
やっぱり、全国的に楽しい省エネ活動を展開する必要がありそうです。
『我が家のみどりのカーテンを自慢する』大会とか、『浴衣美人が打ち水をする仕草の美しさを競うコンクール』なんて色っぽくて良いと思います。
でも、これは何処かのジェンダーフリーを標榜する団体に訴えられそうですね(笑)。

Powered by FC2 Blog