fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


今日某所で10月1日に行われた勝沼ぶどうまつり記念ワインをいただいて来ました。
原料は、もちろん山梨県産甲州種葡萄100%の逸品。
シュールリー製法で醸された辛口白ワインです。

2011ぶどうまつり記念ワイン
クリックすると大きくなるよ

まつりワインの裏ラベル
クリックすると大きくなるよ

シュールリー製法とは?。
シュール・リーとはフランス語で「澱の上」という意味ですが、その名の如くこの製法は透明なワインが澱の上にある状態で静置しておく方法です。白ワインの造り方の説明で発酵が終わったあとは酵母菌体などからなるワインの澱をオリ引き作業で速やかに取り除きます。これはオリの持つ匂いや硫化水素臭などがワインに移るのを防ぐためです。しかしシュール・リーではオリ引きを直ぐにしないで最高で翌年の6月30日まで澱とワインをタンクのなかで接触させておきます。このようにする事で澱の主成分である酵母菌体が自己分解してアミノ酸やペプチドがワインに溶け込み深みや幅をワインに与えます。
と、物の本には書いてありました(笑)。

今秋の豊作を祈念するために行われる『ぶどうまつり』、大善寺と云う名刹のお祭りで、沢山の葡萄やワインが振舞われるという酒好きにはこたえられないイベント。
夜は柏尾山の大鳥居に火が入り祭りは最高潮に達します。
どうも、このお祭りに寄付をすると、こんなワインが戴けるそうです。
・・・・・・・美味しそうなワイン・・・・呑みたいけどダメだよね(笑)。
そうだ、そうだ、大切なお知らせですよ。

今のカウンター

さて、これが今の我が喫茶気まぐれのカウンターです。
もうすぐ、70,000HITというわけで、キリ番踏んだ方に何か記念品をお送りしたいと思います。
キリ番踏んじゃったお客様、観念してくださいね。
この調子だと多分来週末あたりかな・・・?。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog