fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


嫁の提案で、中央道で帰らずにのんびり?下道経由で行こうなんてお気楽に考えました。
でもって、カーナビに高速禁止で大王わさび園を入力して出発。
アッチコッチとカーナビさんは、指示をくださる。
変な横丁を走ったりして、おみやげを買ったお店の古風な佇まいと比べ、外観が余りに近代化してる大きな工場に出くわして驚いたりと、とても楽しいドライブです。
それでも何とか16:00近くに大王わさび農場に到着。

黄昏迫る大王わさび田
クリックすると大きくなるよ

黄昏が近い、わさび田はとても風情がありました。
この時間でも、駐車場を始め、園内はとても混雑していましたよ。
駐車スペースまで仲々たどり着けませんでしたが、まあ何とか車をねじ込みご見学。
ここに来るのは二人共30年ぶりぐらいです。
当時まだ二男が一歳ぐらいの春でしたが、大好きな『わさびの花のおひたし』を食べるべく、大量のわさびの花を買い込み(別のお店、大王はいつも見てるだけ)、自宅で湯通しして・・・・までは良かったのですが、わさびの花茎が出すその雰囲気に当てられ、二人仲良く布団を並べて寝込んだ始末。
そんな旧悪がありましたが、久しぶりのわさび田を懐かしく思ったりと、楽しい時を過ごしましたよ。

大王のわさびソフト
クリックすると大きくなるよ

名物の『わさびソフト』をいただきましたが、正直な処『伊豆湯ヶ島』の方がわさびが効いていたように思いますが、もちろんココのも甘くて美味しいですよ。
次は、長野道豊科インターと入力??あれ、高速使わいはずだよね??。
目的地は豊科インターのお隣、スワンモールにある、おやきのお店『あづみ堂』さんでした。
嫁は、ここの「おやき」に目がありません。
もちろん私は香の物一切を受け付けませんから、本来おやきはダメなんですよ。
「おやき」は信州の家庭料理というかおやつがわりに食べられているようですね。
地粉を打った生地の中に野沢菜を餡にして焼いた物が主流らしいので、私はダメです。
でも、ココには野沢菜だけじゃなく、いろんな物が入っている「おやき」があるから大丈夫と云うわけで早速店内でお買い物。

おやきを焼いてティータイム
クリックすると大きくなるよ

購入した「おやき」を早速店内の囲炉裏端にすわり、炭で焼いていただけるんです。
嫁はもちろん野沢菜入、私は手前のチンジャオロース入を焼いてみました。
そば茶をいただきながらの囲炉裏端、そんな「おやき」は格別ですね。

黄昏のあづみ堂
クリックすると大きくなるよ

こちらが黄昏迫る、あづみ堂さんの全景です。
ここがショッピングモールの中なんて信じられない雰囲気。
さすが信州凄い。
もちろんお土産は、「おやき」ですよね(笑)。
カーナビさんに自宅の住所を入力して、再び高速禁止で帰宅???????でしたが?。
カーナビさん、バイパスの渋滞にうんざりしたのか、ナント松本市内中央突破を指示いたします。
嫁も開き直ってその指示に従うものですから凄い事になってしまいますが、そんなハプリングも楽しく何とか21:00前には帰宅し、そんな思い出を語りながら小布施栗や「おやき」を食べました。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog