fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ


昨日、エコライフ県民運動セミナーからの帰路、某リユースショップに寄り道して、同エコライフ活動の一環として(笑)レコードを何枚か救出しました。
今夜ご紹介するのは、その内の二枚組のLP小椋佳さんの『遠ざかる風景』です。

遠ざかる風景
クリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。

これは、1976年10月7日、NHKホールでの初コンサートの模様をライブレコーディングしたレコードです。
この時の演奏はFMでも放送され、この番組を録音したカセットテープを長い間、文字通りすり切れるまで宝物のように大事に聴いておりました。
カッセトテープを聴く環境も次第に無くなり、最後は車の中で聴いていいましたが、それも終焉を告げCDでも買おうかと思って昨日まで来てしまったわけです。
さすが105円でジャンクレコードの中から救出したものですから、スクラッチノイズもそれなりですが、音飛びもなく、これは当たりでしょう。
あのライブをレコードで聴くのは初めてですが、曲と曲の間隔に語る言葉がアンコール場面を除き殆んどカットされてしまっているのが残念です。

遠ざかる風景一枚目A面

FM放送では1時間30分に渡る放送で、丁度当時90分テープに収まった事をよく覚えています。
あの頃から、レコードを買うのは甲府市のサンリンでした。
クラッシックからユーミンまでと今と同じ選曲でしたね。
でも、働いていたとは言え、給料が手取り数万円の時代、一枚2,000円から2,500円するレコードを簡単に買えるわけもなく、主にFM放送が主な音楽ソースでした。
月に一枚やっと買えるレコードを大事にしていました。
だから、今でもレコードを大事に聴いています。
何故、皆さんリユースショップにレコードを売るのでしょうか、私のレコードラックには、思い出がまだあふれています。
いつの間にかCDの時代になって、今やネット配信も当たり前。
塩化ビニール製の黒い大きな傷つきやすいレコード。
これからも大事に聴いてゆきたいと思います。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog