fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ


これはなんでしょうクリックすると大きな画像で御覧いただけます。下の画像も同様です。

さて、これは何でしょう?。
よく見りゃ牛乳などが入ってた紙パックの下半分ですね。
上の口がある部分はリサイクルの資源ごみに出しました。
これをある植物栽培用の苗ポットに利用します。
私が関係する植物栽培でピーンと来た人は、たぶん『ゴーヤ』の苗と思っちゃうよね。
さて、正解は、葡萄の苗なんですよ。
来年度、私達環境カウンセラー協会は甲府市とタイアップして、葡萄栽培による『みどりのカーテン』を流行らそうと考えております。
この事については先日も掲載しましたが、このように半分に切った紙パックの下半分に発芽を促進する鹿沼土やピートモス(土でもダイジョウブかな?)を詰めて、その中に葡萄の枝を挿して温室の中で育て、発根と発芽を促します。
これだけで葡萄の苗のできあがり!。
ゴーヤ栽培の時と同じようにモニター家庭にこの葡萄苗を配布して、みどりのカーテンを作っていただくのです。
5月頃から芽が伸び始め、翌年にはだいぶ大きくなることでしょう。
そして、瞬く間に立派なぶどう栽培に寄るみどりのカーテンのできあがり。
葡萄栽培の利点は、ゴーヤのような南方系植物じゃなくて、我が郷土山梨に最も適した蔓植物だということ。
連作ができないウリ科のゴーヤに比べ、土の入れ替えや枯れた枝や葉を片付ける必要が無いこと。
そして、最大の利点は、勿論美味しい葡萄が食べられる!と、いいね。
これを今度の日曜日、甲府市環境センターで行われる環境リサイクルフェアの際持ち寄る事になっています。

みどりのカーテンから秋の実り

この葡萄、拙宅のお隣の葡萄栽培に寄るみどりのカーテンで収穫された凄く甘い葡萄です。
山梨の夏の日差しが届けてくれる太陽からの贈り物。
スポンサーサイト




Powered by FC2 Blog